今回ストに「大阪広域協」が不当労働行為の暴挙
ー他地区の協組は労組との協同歩調を一致して確認

近畿生コン関連団体労使懇

近畿生コン関連団体労使懇談会で懸念と報告

 12月20日、大阪市西区川口の学働館で開催された近畿2府4県にまたがる生コン関連団体との労使懇談会が開催され、今回のストライキ結果にかんする総括と、各地区協組・各団体での現状報告があった。
 懇談会は近畿で唯一、大阪広域協管内以外、全ての地区での業界再建取り組みと成果がおおむね順調に推移し、かつてない活気に近づいているとの明るい報告が続いた。

 その中で労使が共同で作り上げて来た関西生コン産業のこれまでの歴史と経験に学ぼうとしない大阪広域協組について、臨時総会での労組敵視とも目される懸念される動きについて報告があった。
    ◆
近畿生コン関連団体労使懇 関生労組 それによると、この12月12日から始まったバラ輸送~生コン輸送運賃引き上げを要求する労働側ストライキに関し、同協組K理事長自らの不当労働行為的言辞のあった事実が明らかになった。
 それは加盟の各企業に対し、「連帯労組主導の行動に賛同しているかどうか」の態度を明らかにせよと、踏み絵的質問アンケートで迫っているとの問題である。

 懇談会に先立つ同協組の19日理事会でも「ストライキ対策」として対策本部を設置し、10億もの対策予算を計上するなど、今回のストに理解をしめしたバラ輸送、生コン輸送、組合員企業、登録販売店に対し、損害賠償を求める何らかの手段を講じるとの態度行使が具体化されるとの情勢も明らかになった。
 しかし、これらは労組がこれまで提起して来た6項目にある「協同組合の民主的運営」を無視した暴挙に他ならないと、両労組は反発を強めている。

広域協幹部の誤った歴史認識を正せ!

 以上の懇談報告を総括して、労組連合会武議長が以下の通り発言した。

 「今回5日間と言う短期のストライキで大きな成果を獲得に至った。バラ運賃トン当たり、510円、生コン輸送大型日額最低5万5000円への引き上げ。これらを滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪兵庫生コン経営者会との間で合意した。これと同時に当事者の近畿バラ輸送協組は、セメントメーカー、ゼネコン、販売店、広域協に対し、トン当たり510円の適正価格を求めて行く事を決めた。―これらを受け、12月18日ストを解除した。

 現在広域協の一部の執行部は誤った歴史認識の下で、対労組政策を進めている。
 また、広域協組内でのシェア配分には会員間で大きな格差が報告されており、不公平極まりない。この一部の執行部幹部の企業にシェアが多く配分され、その莫大な利益で経営者は高級外国車の購入など贅沢三昧、まさに眼にあまる状況だ。

 その実、広域協は2年後には2万2700円に価格改定を打ち出すとしているが、これではユーザーやゼネコン、販売店から「暴利をむさぼっている」と非難にあい、到底理解は得られないだろう。
 さらにこれら会員社による他府県への不正な越境販売なども野放しにするなど、まさに協同組合の本分である相互扶助の精神を忘れ、自分さえ良ければいいとの利己的姿勢であり、こうした姿勢は糾弾に値する」。と厳しく指摘した。

「広域協」を除く各地区協組は労組との共同歩調を確認

 この席ではほかに和歌山で市場を混乱させてきた層の人事刷新が明らかなった。
 これで広域協を除く各地区協組はこれまでの経緯と産業の歴史を踏まえ、労働組合と共同で歩調を合わせる事が真の業界安定と健全経営につながるとの確認が成され、懇談会は終了した。


「コモンズ」114号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-9-26

    破局に向かうアベノミクス「もうひとつの社会」を模索しよう

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進
    銃規制強化を訴える若者たち 全米で100万人が行進 ■ 全米に拡がる「銃規制」を求める声 …
  2. 食糧供給の道を断つ「強制的飢餓」とアムネスティが警告  少数民族ロヒンギャに対するミャンマ…
  3. 3・1独立運動
    [caption id="attachment_26043" align="aligncenter"…
  4. 韓国キャンドル革命
     急速な展開を見せる朝鮮半島の動きをどうみるか。3月31日、都内で「どうなる、東アジアの安全保障―北…
  5. 中朝韓米首脳写真
     いま、私たちは何回目かの戦後世界の大転換に立ち会っているのではないか。朝鮮半島をめぐる動きを見…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進

    2018-4-26

    銃乱射事件から一ヶ月 全米で百万人が「命のための行進」

  2. 韓国キャンドル革命

    2018-4-23

    朝鮮半島と東アジア ― 現在そしてこれからをどうみるか

  3. 中朝韓米首脳写真

    2018-4-22

    南北朝鮮首脳会談開催へ – 動き出した朝鮮半島の平和プロセス

  4. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  5. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る