今回ストに「大阪広域協」が不当労働行為の暴挙
ー他地区の協組は労組との協同歩調を一致して確認

近畿生コン関連団体労使懇

近畿生コン関連団体労使懇談会で懸念と報告

 12月20日、大阪市西区川口の学働館で開催された近畿2府4県にまたがる生コン関連団体との労使懇談会が開催され、今回のストライキ結果にかんする総括と、各地区協組・各団体での現状報告があった。
 懇談会は近畿で唯一、大阪広域協管内以外、全ての地区での業界再建取り組みと成果がおおむね順調に推移し、かつてない活気に近づいているとの明るい報告が続いた。

 その中で労使が共同で作り上げて来た関西生コン産業のこれまでの歴史と経験に学ぼうとしない大阪広域協組について、臨時総会での労組敵視とも目される懸念される動きについて報告があった。
    ◆
近畿生コン関連団体労使懇 関生労組 それによると、この12月12日から始まったバラ輸送~生コン輸送運賃引き上げを要求する労働側ストライキに関し、同協組K理事長自らの不当労働行為的言辞のあった事実が明らかになった。
 それは加盟の各企業に対し、「連帯労組主導の行動に賛同しているかどうか」の態度を明らかにせよと、踏み絵的質問アンケートで迫っているとの問題である。

 懇談会に先立つ同協組の19日理事会でも「ストライキ対策」として対策本部を設置し、10億もの対策予算を計上するなど、今回のストに理解をしめしたバラ輸送、生コン輸送、組合員企業、登録販売店に対し、損害賠償を求める何らかの手段を講じるとの態度行使が具体化されるとの情勢も明らかになった。
 しかし、これらは労組がこれまで提起して来た6項目にある「協同組合の民主的運営」を無視した暴挙に他ならないと、両労組は反発を強めている。

広域協幹部の誤った歴史認識を正せ!

 以上の懇談報告を総括して、労組連合会武議長が以下の通り発言した。

 「今回5日間と言う短期のストライキで大きな成果を獲得に至った。バラ運賃トン当たり、510円、生コン輸送大型日額最低5万5000円への引き上げ。これらを滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪兵庫生コン経営者会との間で合意した。これと同時に当事者の近畿バラ輸送協組は、セメントメーカー、ゼネコン、販売店、広域協に対し、トン当たり510円の適正価格を求めて行く事を決めた。―これらを受け、12月18日ストを解除した。

 現在広域協の一部の執行部は誤った歴史認識の下で、対労組政策を進めている。
 また、広域協組内でのシェア配分には会員間で大きな格差が報告されており、不公平極まりない。この一部の執行部幹部の企業にシェアが多く配分され、その莫大な利益で経営者は高級外国車の購入など贅沢三昧、まさに眼にあまる状況だ。

 その実、広域協は2年後には2万2700円に価格改定を打ち出すとしているが、これではユーザーやゼネコン、販売店から「暴利をむさぼっている」と非難にあい、到底理解は得られないだろう。
 さらにこれら会員社による他府県への不正な越境販売なども野放しにするなど、まさに協同組合の本分である相互扶助の精神を忘れ、自分さえ良ければいいとの利己的姿勢であり、こうした姿勢は糾弾に値する」。と厳しく指摘した。

「広域協」を除く各地区協組は労組との共同歩調を確認

 この席ではほかに和歌山で市場を混乱させてきた層の人事刷新が明らかなった。
 これで広域協を除く各地区協組はこれまでの経緯と産業の歴史を踏まえ、労働組合と共同で歩調を合わせる事が真の業界安定と健全経営につながるとの確認が成され、懇談会は終了した。


「コモンズ」114号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. P2米国争乱状態に
    前国防長官トランプを非難 現長官は軍動員に反対  ミネソタ州ミネアポリスで先月、丸腰…
  2. コモンズ川柳(二〇二〇水無月)
     アマビエも 安倍の無能に あきれはて  安倍晋三 監獄こそが ふさわしい  …
  3. ベネズエラ地図
     AFP通信などの報道によると、ベネズエラ政府は3日、ニコラス・マドゥロ大統領の左派政権転…
  4. 薔薇マークキャンペーン
     薔薇マークキャンペーン(松尾匡代表・立命館大学教授)は、同会呼びかけ人によるオンライン会…
  5. 米国覆う医療の闇とキューバとの対比  カンヌ映画祭最高賞に輝くMムーア監督が…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-6-19

    新型コロナ労働相談レポート/連帯労組関西・ゼネラル支部

  2. コメと野菜でつながろう

    2020-6-17

    コロナ下、社会の底辺から飢えが広がっている/大野和興

  3. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  4. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  5. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る