新年挨拶】沖縄からのメッセージ/安次富浩(ヘリ基地反対協共同代表)

辺野古現場、2月名護市長選、11月知事選、断じて負けられない!
安次富 浩(ヘリ基地反対協議会共同代表)

安次富浩さん 沖縄現地では、辺野古新基地建設を止めるため道交法違反、公務執行妨害などを乱用した県警機動隊の弾圧に恐れず、連日作業車輌の搬入阻止座り込み行動を闘っています。また、寒い海上においても作業現場に近づけさせないためのフロートを越えるカヌー隊とそれを支援する船団への海上保安庁のゴムボートによる強制排除と対峙する闘いを展開しています。

 安倍政権は強引に建設工事を進めることで、県民に「あきらめろ」という「印象操作」を狙っているのです。しかし、翁長県知事、稲嶺名護市長の行政権限があるため、埋め立て工事に踏み込むことができません。キャンプ・シュワブの沿岸部では埋め立てに向け基礎的工事が進められていますが、最近判明した大浦湾の断層問題は、脆弱な地盤に滑走路を造ること自体が杜撰な計画であったことを証明するものです。米カリフォルニア州では数度のサンフランシスコ大地震の教訓から、断層上への公共施設建設を固く禁じています。私たちは日米のダブルスタンダードを今後も強く暴露し、弾劾していかねばなりません。

沖縄での地上戦を想定した要塞化

 昨年11月1日付の琉球新報において「2020年代前半に在沖海兵隊の約8千人がグアムなど国外移転するに伴い、次期中期防衛力整備計画で、来年3月に新設する陸上自衛隊の水陸機動団(司令部佐世保、日本版海兵隊)の一部を、キャンプ・ハンセンで訓練する」との報道があり、“海兵隊の抑止力”という主張は非現実的な論理となりました。

 何故なら、米軍再編計画の修正に伴い、在沖海兵隊は第31MEU部隊(約3千人)だけとなり、自衛隊の増派によってカバーすることとなるからです。また、自衛隊は旧型の水陸両用装甲車を米国から購入することも決定されており、17機のオスプレイ、F35Bステレス戦闘機の購入と照合すれば、自衛隊が米軍と共に戦場へ派遣されることは間違いありません。

 与那国島から始まった南西諸島への自衛隊配備計画は中国との戦争を睨んだものであり、在沖米軍海兵隊の実戦部隊が沖縄から撤退することと重なり合い、再び沖縄での地上戦を想定した日本軍の要塞化へと狙っています。

事故多発!米軍植民地時代のようだ

 沖縄現地では米軍が北朝鮮との戦争を睨んでの訓練が激化し、地元の反対の声を無視した夜間パラシュート降下訓練が度々行われ、一昨年12月MV22オスプレイ墜落事故以降も普天間所属のオスプレイがオーストラリアにおいて墜落事故、エンジントラブルによる大分空港などの民間空港への緊急着陸、昨年のCH53ヘリ墜落、同型機による窓ガラスなどの部品落下事故、米兵の飲酒運転による死亡事故など、事件・事故が多発し、まさに米軍植民地時代を彷彿とさせる状態です。

 国連総会で核兵器廃絶法案に反対した日本政府は広島・長崎の被爆者の想いを裏切り、福島原発事故の被害者を見捨てるような原発再稼働政策に邁進しています。戦争法や共謀罪などファシズム化が進むこの日本を変革することが重要です。市民運動と反安保・反原発を公約に掲げる野党との共闘運動を全国各地において成功させなければならない時期に来ています。オール沖縄版を全国各地域に設立することが必要なのです。

 それゆえ、2月4日の名護市長選挙は重大な意味を持ちます。11月県知事選挙も見据えた沖縄の命運をかけた重大な政治課題です。断じて負けられません。今年は現場での闘いと同時に、選挙・政治闘争と連動させ、「オール沖縄」の団結で安倍政権からの分断攻撃を打ち破り、南西諸島への自衛隊配備など戦争政策を進める安倍政権と闘っていきます。

「勝つ方法はあきらめない」の精神で

 私たちは、今後とも「弾圧は抵抗を呼び、抵抗は友を呼ぶ」(故瀬長亀次郎)と「勝つ方法はあきらめないこと」の精神で、「非暴力・不服従」の抵抗闘争を力強く推進します。永田町や霞ヶ関の住民に、沖縄の未来を委ねません。自己決定権、平和的生存権の確立、オール沖縄の訪米成果、サンフランシスコ高裁によるジュゴン裁判の一審差し戻しショーン・マクブライド平和賞を受賞をしたように、国際的な支援・連帯運動の拡大をもって闘いぬく決意です。
(文中中見出しは編集部による)

「コモンズ」114号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進
    銃規制強化を訴える若者たち 全米で100万人が行進 ■ 全米に拡がる「銃規制」を求める声 …
  2. 食糧供給の道を断つ「強制的飢餓」とアムネスティが警告  少数民族ロヒンギャに対するミャンマ…
  3. 3・1独立運動
    [caption id="attachment_26043" align="aligncenter"…
  4. 韓国キャンドル革命
     急速な展開を見せる朝鮮半島の動きをどうみるか。3月31日、都内で「どうなる、東アジアの安全保障―北…
  5. 中朝韓米首脳写真
     いま、私たちは何回目かの戦後世界の大転換に立ち会っているのではないか。朝鮮半島をめぐる動きを見…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進

    2018-4-26

    銃乱射事件から一ヶ月 全米で百万人が「命のための行進」

  2. 韓国キャンドル革命

    2018-4-23

    朝鮮半島と東アジア ― 現在そしてこれからをどうみるか

  3. 中朝韓米首脳写真

    2018-4-22

    南北朝鮮首脳会談開催へ – 動き出した朝鮮半島の平和プロセス

  4. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  5. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る