組織と個人 勝つためには「組織化」をしなければ
青年座談会3/4

テーマⅡ 組織と個人 勝つために組織化しなければならない
20150917国会前大量逮捕

新春青年座談会-青年運動のこれからを語る(目次)
参加者紹介・解説(特に年配の方むけ)
「2011年」3・11から見える青年運動と地域的意義
・組織と個人 勝つために組織化しなくてはならない ←今ココ
資本主義を乗り越える新しいビジョンをつくる

F:さっき、Dさんが言っていたように「個人で反抗しても勝てないけど、運動でやれば勝つこともある。」っていうのは、端的に組織の意味ですよね。
 単純に活動家が献身して「人々の幸せのために」っていう以上に、自分達の怒りをもって勝つために組織化しなければならない。もちろん、組織の在り方は色々あると思うけど。

C:昔の社会運動で、誰が言ったか忘れたけど、「弱者を労わっているようで実は怠けさせていただけだった」みたいなのがあった※。俺ら輪廻しているよね。

F:それ自分で考えた言葉じゃないんですか。(一同笑)

C:本当だって!びっくりしたもん、こんなのあるんだ、昔も失敗したんだなって。

D:弱者を労わろうとして、運動してます?

C:してたよ、昔は。人の悩みがあったら、聞いてたし。その上で何が正しいのかみたいな。深夜にうつ病の人からの電話とか受けたり、労わっても何も返ってこないし、運動に還元されないなと気づいた時に絶望だった。

※編集部注「水平社宣言」の一節「人間をいたわるか如きの運動は,かえって多くの兄弟を堕落させた事を想えば」
 

社会を変える主体になるんだと伝える ジャステイス・リーグがわかりやすい
倒れてくる壁をささえるイラスト

D:労わるというか悩みとかは聞くけど、労わろうと思って運動したことなくて、個人的な悩みは聞くけど、最終的には個人の主体的な何かをしないとどうしようもないわけじゃん。
 差別問題とかもそうだけど、女の子に対して、「君が受けているのは女性差別だよ」って言われるとしんどくなるじゃん。でも、本人が変えようとする立場になれば、しんどくても何とかなるけど、ただ単に自覚だけしたらしんどくて死にたくなるじゃん。他の差別問題もそうだけど、社会を変える主体になるんだよって伝える事以外になくて……。

C:俺は部落とか在日とか、沖縄や北海道もそうだけど、基本的には差別されるわけやん。差別されてないようで差別されていて、その中で俺は「社会を変えよう」とは思わなくて、「マジで社会なめくさってんな」と思って、社会への報復みたいな、コミュニティ作って、自分たちのタウンを作ろうみたいになる。

F:それはわかります。

C:在日とかの運動に感銘受けるのはそういうところ。朝鮮総連や部落解放同盟とかを見た時に、シンパシーが抱けるよね。差別されたからって、社会を変えようってには繋がらなくない?

D:でも、コミュニティ作ったって、限界あるじゃん。法律とかの日本社会に差別構造があるわけだから。

次ページ:どんな運動をつくりたいのか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページ:

1

2 3 4

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 佐川やめろ!全国一斉アクション

    2018-3-25

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(中) トカゲの尻尾から巨悪の本体へ!

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る