企画展示「1968年 無数の問いの噴出の時代」(国立歴史民俗博物館)を見て/乱鬼龍

企画展示「1968年」無数の問いの噴出の時代を見て
2017年10月11日~12月10日 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)
企画展示「1968年 無数の問いの噴出の時代」会場
 1968年の東大全共闘、日大全共闘、べ平連、三里塚、水俣といった、たたかい。〝あの時代〟から、もう50年も歳月が流れた。
 私は当時、高校生(群馬県)で、全共闘運動、べ平連運動などが全国に拡大する時代の波の中、高校生運動の中におり「群馬べ平連」にも参加。多くの諸先輩らと知りあいになった。

 この頃出逢った人びとの縁で、その後の宇井純さんたちが東大で始めた「公害原論」、そして、地元史としての、足尾鉱毒事件と田中正造らのたたかいの歴史を学ぶ「渡良瀬川鉱害シンポジウム」「田中正造大学」の行動に参加した。
 そして群馬・栃木の「両毛地方」を横断する「両毛自主講座」への参加と、その活動の中から生まれた「丸木美術館栃木館艫の会」「足利平和展」、さらにそのまた先の菅家利和さんの無実を晴らすための「足尾事件」へのとりくみ、また戦前の「中島飛行機」発祥の地としての「旧中島飛行機太田地下工場跡を保存する会」(略称トンネルの会)の活動……などなど諸活動の〝原点〟となったのが、私にとっての1968年だった。

会場風景 そんな思いを抱いて、佐倉市のこの展示を見に行った。
 会場は、当時の活動家世代の人達。そして当時はまだ生まれていなかった若い人達も、かなり来ていて、仲々盛況だった。

 こうして、あらためて、全共闘、べ平連、三里塚、水俣…といった、当時のたたかいの、ガリ版刷印刷のビラや、当時の写真やポスターなどのたくさんの資料を見ていると、あれからもう50年も経ったのか、という感慨とともに、この時代の、歴史の教訓から、私たちは何を学び、また批判し、総括し、のりこえ、今日の、諸矛盾を一層深めるむずかしい時代状況の中に在って、私は、何をどうするべきなのか、すべきでないのか。
 あの時代の熱気をこえるような「質」と「量」を、どのようにしたら獲得することができるのか、できないのか。また、そのためには、何を、どのように考え、判断し、何から始めるべきなのか…といったことが、次々と自らへの問いとなって、迫ってくるのを感じた。

 その問いに、応え、実践し、前進し、ついには、勝利し、果実を結ぶところまでを、めざすということが、真に歴史に学び、それを今日に活かし、生きて、たたかうということではないかと思う。

会場風景 昨年は、ロシア革命から100年。今年は明治維新から150年という年にあたり、また福島原発の大事故から、すでに7年。安倍一強独裁政治ともいうべき、極右、反動政治の暴走の中、また戦争になりかねないかのような危険な流れが強まっている。
 こうした新たな年を迎え、この「企画展示」から、私は、多くのことを、あらためて考え、総括し、これから何をなすべきか、なすべきでないか――というメッセージをもらった。

 歴史は、いつの時代でも、決して過去へのノスタルジアではなくて、今日を生きる私たちの、たたかいの中に活かされ、前進するための「糧」でなければならないと思う。(乱鬼龍/川柳作家)

「コモンズ」114号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍米議会で従属宣言

    2017-6-21

    【投稿】韓国・中国民衆と連帯し、侵略の歴史を根本から変えよう/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る