STOP!南西諸島の自衛隊配備 院内集会&政府交渉
日本を中国攻撃の尖兵に使う 米オフショア・コントロール戦略

STOP!南西諸島の自衛隊配備 院内集会&政府交渉
日本を対中国攻撃の尖兵とするオフショア・コントロール戦略
南西諸島地図
 1月18日、てぃだぬふぁ島の子の平和な未来をつくる会ミサイル基地のない平和な島を!てぃだぬふぁ応援団・南の島を標的にされないチーム風かたかの会主催で「STOP!南西諸島の自衛隊配備!院内集会&政府交渉」が東京の参議院議員会館101講堂で開催され、300人収容の講堂が参加者でいっぱいとなった。

南西諸島に配備される「有事即応部隊」とは

 初めに参議院議員の伊波洋一さんが講演を行なった。

 辺野古、高江で、伊江島と米軍基地強化の中で、与那国島、石垣島、宮古島、沖縄本島、奄美大島への自衛隊配備が進められている。普通の自衛隊は有事になったらその場所へ駆けつけるが、南西諸島に配備されるのは普通の自衛隊ではなく「配備された場所が戦場になる」事を想定した「有事即応部隊」だ。

STOP!南西諸島の自衛隊配備 院内集会&政府交渉 チラシ 去年、政府は自衛隊法を改正し「南西シフト」を正式に決定、南西諸島での戦争準備が進んでいる。これは万が一、中国とアメリカが有事になった時、その戦争を日本列島と南西諸島で引き受けさせ、そこで戦争を終わらせるという、米軍の「オフショアコントロール」戦略に基づくもの。

 アメリカは2008年のリーマンショックで停滞する一方、中国経済は2ケタ成長を遂げ、2020年代にはアメリカを抜くと言われている。そのためアメリカは中国とは直接戦争をせず、日本を戦場にする「オフショアコントロール」戦略に切り替えた。

●自衛隊の任務は中国艦船へのミサイル攻撃

 2012年末の安倍政権誕生後、安倍首相はアメリカのハドソン研究所で「集団的自衛権を容認、憲法を見直す」と演説。「日本はアメリカの弱い環になってはならない」と語った。南西諸島軍事化の表明である。翌年「集団的自衛権」を容認、沖縄で「離島奪還訓練」を開始、宮古島への地対艦ミサイル部隊配備、那覇でも訓練を開始と、軍事化が急速に進んでいる。
88ミサイル
 ミサイル部隊配備の目的は、南西諸島を通過し太平洋へ出る中国艦船を阻止すること。これは米中戦争を想定し、集団的自衛権の行使として行う。その想定のもとで毎年十数回、自衛隊が日本各地から派遣され「沖縄での戦争」を想定した日米合同訓練を行なっている。また米海兵隊が持っているような強襲揚陸艦も購入が検討されている。オスプレイ17機、水陸両用車52両などの購入はすでに決まっている。

 日米安保は「アメリカが日本を守る」のではなく「日本の領土は日本が守る」というものに変化している。これに符合して日中間に「尖閣問題」が起こり、「中国の脅威から日本を守る」という空気が振りまかれている。

●非武装・無防備のほうが戦争を回避できる

 4年前の石垣島市長選挙の数日後、自衛隊が公表した広報ビデオは、全国各地から南西諸島への部隊展開や、「日本版海兵隊」の創設を映している。また在日米軍海兵隊は宮古島、石垣島、西表島周辺の大きな地図を拡げ、沖縄の島々を舞台とした図上演習を行なっている。
市街戦訓練
 防衛省に南西諸島への自衛隊配備の理由を「空白地帯(無防備)だから」と説明する。しかし、国際法上、「非武装・無防備地区」はジュネーブ条約第1追加議定書第59条に「紛争当事者が無防備地区を攻撃することは、手段のいかんを問わず禁止する」とあり、島嶼は非武装・無防備状態にしておく方が戦争を防ぐことができる。
 だが自衛隊は「戦争状態」を前提に、「島を守る」訓練ではなく「島が敵に攻撃・占領されたあと奪還する」訓練をやっている。

●非常時の島民保護計画は全く考慮せず

海幹校戦略研究 海上自衛隊幹部学校の『海幹校戦略研究』には、米軍の戦略が多数翻訳掲載され、自衛隊の演習や装備の目的と戦略を明らかにしており、宮古島、石垣島の周辺で中国軍艦船を阻止する「アメリカ流非対称戦争」戦略の重要性が書かれている。

 その目的は「台湾防衛」で、台湾の脆弱な東海岸側へ向かう中国軍艦を阻止すること。米中戦争を琉球列島での戦闘にとどめ、米中全面戦争や核戦争にエスカレートさせない制限戦争とする。

 ミサイル部隊はミサイル発射後速やかに移動し、発射地点が敵に察知されるのを防ぐ。市街地へ移動したりトンネルや掩体壕に隠れるので、有事には島全体が戦場となるが、住民保護のための予算は1円も計上されていない。住民向けの避難実施要領も作成されていない。

 今年は日中平和友好条約40周年。中国との戦争を想定するよりも日中友好を深める方がよい。尖閣問題は早く収め、米中戦争のために戦場を提供するよりは基地を無くしていくべきではないか。


南西諸島を結ぶ巨大な「不沈空母」化計画

 参議院議員の福島みずほさん、てぃだぬふぁの楚南有香子さん、石嶺香織さん、衆議院議員の赤嶺政賢さん、映画監督の三上智恵さん、奄美のミサイル基地配備を考える会の佐竹京子さんらのあいさつのあと、軍事ジャーナリストの小西誠さんが南西諸島における自衛隊の軍拡計画について解説した。

 奄美諸島周辺では「鎮西29」機動展開演習という訓練をやっている。
 自衛隊の訓練は通常は訓練場で行なうものだが、奄美では市街地や総合運動公園などで行なっている。港では水陸両用車で上陸訓練を行ない、種子島では民間地でパラシュート降下訓練を行なっている。民間地域で堂々と訓練を行なうのは、戦前の光景と同じだ。「島嶼防衛」「中国の脅威」と言えば何でも許される状況になりつつある。
空母に改造された護衛艦「いずも」 また大型巡航ミサイルを開発、ヘリコプター護衛艦「いずも」などを空母に改造。自衛隊の軍事力強化が進められている。

 空母改造だけではない。与那国、宮古、石垣、大東島までも含む南西諸島に20個ほどある民間空港のいくつかを結んで自衛隊の空港としても運用し垂直離着陸戦闘機F35Bを配備する、南西諸島の「不沈空母化」計画が進んでいる。こうして琉球列島弧全体にミサイル部隊を配備し、同地域の「制空権」を確保する。南西諸島全域で巨大な軍拡が始まっている。


「コモンズ」115号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会
    ■あきらめない、声を上げ続けよう ■ 日時:2019年1月18日(金)18時開始 ■ 会…
  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗
    9条改憲・辺野古新基地・関生「共謀罪」弾圧阻止の正念場 安倍政権打倒の年に 敵の弱点に刺さりこむ…
  3. 大阪府警本部前に翻る連帯旗
    年頭に当たって――― 日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時  わたくしたち…
  4. コモンズ最新号目次
    ※次号発売日までに、順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利…
  5. 明けましておめでとうございます
    旧年中はご購読、アクセス、暖かい励ましのお便りやメール、それに数々のご支援、本当にありがとうございま…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会

    2019-1-16

    1・18 第10期沖縄意見広告運動スタート集会へ

  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  3. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  4. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

  5. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

    2018-12-16

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る