その後のカタルーニャ独立運動 独立派が州議会選挙にふたたび勝利!

カタルーニャ独立運動

警察署前で弾圧に抗議するカタルーニャの市民

カタルーニャ選挙結果

 12月21日、スペイン北東部カタルーニャ自治州で実施された州議会選挙(議席数135)で独立賛成派が過半数の70議席を獲得した。
 反独立派の「シウタダノス」(市民党)が37議席を獲得し第1党となったが、独立派はプチダモン前州首相率いる「共にカタルーニャのために」が34議席、「カタルーニャ共和左派」が32議席、急進派の「カタルーニャ人民連合党」が4議席、合計70議席を獲得して過半数となった。
 また、カタルーニャへ武装警察を導入し流血の弾圧を引き起こしたスペイン中央政府首相ラホイ党首率いる「人民党」は前回の11議席から3議席へと転落した。

●政府はカタルーニャ人民に負けた!

スペイン官憲のカタルーニャ独立派への弾圧 昨年10月1日に行なわれたカタルーニャ独立を巡る住民投票の結果を受けて、州議会がカタルーニャ独立を宣言したが、スペイン中央政府はこれを許さず、投票前から数千人の警察を動員し暴力的弾圧で応えた。投票所を破壊し、1千数百万枚もの投票用紙を強奪、更には州内各所で暴力の限りを尽くしたため、病院で治療を受けた市民の数は1000人以上にのぼった。しかしそのような妨害にも関わらず200数十万人が投票し、圧倒的多数で「カタルーニャ独立」が採択されたのである。

 スペイン政府はこれに対抗して州政府を解散させた。またベルギーに亡命中のプチデモン前州首相を国家反逆罪(重罪)で告訴すると発表した。しかし今回の再選挙で独立派が再び州議会の過半数を占めたことで、独立派が信任を受けたと言える。投票率も過去最高の83%を超えた。プチデモン氏は亡命先のブリュッセルから支持者へ「ラホイ氏はカタルーニャ人民に負けた」とメッセージを送ってきた。

●対立が続く自治州政府と中央政府

プチダモン首相 1月22日、カタルーニャ自治州議会はプチデモン前州首相をふたたび首相候補に指名したが、スペイン中央政府は同氏の再任を認めない方針だ。プチデモン氏が海外に亡命したまま再選された場合、裁判所に無効を申し立て、中央政府による直轄統治を企図している。しかしカタルーニャ議会はスペイン政府を批判し「州首相候補はプチデモン氏のみ」と明言している。

 州首相候補の信任表決は1月31日までに実施することが定められているが、30日、州議会のトレント議長は、信任表決の延期を発表した。柔軟な戦術を駆使しながら一歩も退かず闘い続けるカタルーニャ人民に連帯を!

「コモンズ」115号の目次にもどる


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 中朝韓米首脳写真

    2018-4-22

    南北朝鮮首脳会談開催へ – 動き出した朝鮮半島の平和プロセス

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. キャンプ・ハンセン
     玉城デニー知事は7月16日県庁で記者会見し、沖縄県内で新たに、米海兵隊キャンプ・ハンセン…
  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目
    民主化後には例のない巨大与党となった文政権 (前号からのつづき) 与党・共に…
  3. ①人種差別の完全撤廃を叫ぶ米国民衆①人種差別の完全撤廃を叫ぶ米国民衆
    数百万民衆、人種差別撤廃と人民解放叫ぶ歴史的一日  アメリカでは、6月19日をジュー…
  4. ワーカーズコープ
     会期末も迫った6月12日、社会民主党、立憲民主党、国民民主党、日本共産党に自民党、公明党…
  5. 労働学校アソシエ・ プラットフォーム新時代発表会にて
     大阪労働学校アソシエを中心に集う20代の編集者チームが、フェミニズムの主要なテーマでもあ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  2. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  3. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  4. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

  5. 「銃剣とブルドーザー」による沖縄基地建設

    2020-7-3

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(3)/伊波洋一 米軍統治下での基地建設と返還への想い 幻の屋良建議書

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る