新企画・青年たちは今 第一回】『回転』- 青年座談会に続いて/中田省二

新企画・青年たちは今 No1

はじめに-新企画「青年たちは、今」について(編集部)
 京都、大阪、東京で活動する20代の青年活動家たちに紙面を開放し、自由に語っていただいた前号の座談会。その後の反応は、若い世代からは概ね評判は良いそうですが、旧世代からは「(言葉や討議に)ついて行けないが、青年に今後も紙面を開放してはどうか」などと、意見が寄せられました。
 いずれにしても、時代と未来の希望は、次代を担う若者たちの闘いにかかっています。その意味で、「旧世代」の「常識」や「思考方法」にとらわれないその価値観や感性をもって自由に語り、問題提起しあう一つの場として、紙面を開放することにしました。今後は、青年の手による取材やインタビュー、論文の紹介、提言などなど、自由にこの紙面を創ってもらいます。どんな紙面になるか、ご期待下さい。なお、写真や見出し付けなどは、編集部の責任で行っています。

「回転」

中田省二

青年座談会(前号)に続いて

 立春とはいいながら寒さが厳しいこのごろ、いかがお過ごしでしょうか?
 定期的に青年の文章をコモンズに載せて頂けると聞き、編集部および読者の方々にはひとかたならぬご厚意にあつく御礼申し上げます。私はその青年の文章を執筆する者です。こんにちは。

 先日の青年座談会で話し合ったことを改めて文面で眺めていますと、思い上がりや卑屈さが入り混じっていて、アリストテレスの述べた「恥は若者にとって名誉であり、老人には屈辱である」をつい思い出してしまいました。今回は座談会から少し続きつつも、また異なるお話を書かせていただきます。

「多様性」の包む世界で、何が起こっているか

LGBTパレード

LGBTパレード

 現実の世界は、「多様性」の中にあります。この言い回しをすると、「資本主義の犬に成り下がったのか」とまるで親の仇のごとく批判される時がありますが、あくまで個人的な尺度であることをご理解していただきたいです。
 まず、少なくとも後退していることはないと言えるでしょう。身近なところで言えば、多目的トイレの数は10年で倍近くに増えております。大きなトピックとしては、渋谷区で同性パートーナーシップ条例が可決されました。かつて言われた、「資本主義のままではもっと悪くなる」といった論理は誤っていたと言って良いでしょう。(もちろん、このままで完全に差別等が解決するとは考えておりません。)

 西洋をはじめとしたLGBTにおいての議論が進み50種類の性別が生み出されました。日本では抑圧への抵抗手段だった「表現の自由」が差別主義者にも使用されるようになり、街頭でヘイトスピーチを行っています。

 近年、「あいつにやられた」と勇猛果敢に叫んでいる人や集団を左右問わずに目にします。例えば「在特会」のような差別主義者団体は、日本が朝鮮民族に支配されていて、本来の権利を奪われている「被害者」という立場から差別主義を肯定しています。他にも「被害者であることの無実さ」への競争は留まることを知らず、女性差別の話が巷で話題になれば、女性との交際経験のない男性を嘲笑する言動が差別的であるという議論が始まる。誰もが「被害者であることの無実さ」を欲しています。

 どうやら、「多様性」の包む世界では、「被害者」の「無実さ」が最大の発言権を手にしているようです。では、このような「被害者であることの無実さ」は、どうして使われるようになったのでしょうか。

 「在特会」及び関連団体の行うヘイトスピーチに反対の意思を公表する、リベラルな学長をお見掛けしました。たいへん立派な方だとは思います。しかし、学内で学生運動に従事した学生を除籍処分にしたことには驚きました。

 他にも、同じようにリベラルな校風を掲げている大学がダイバーシティー(多様性)推進を発表し、多目的トイレの増設、学生証に性別を記載するのを止めたそうです。先んじて反差別としての大学を作っていくのは、素晴らしいと思います。そして先と同様に、彼らは大学の学生自治会を一部の不正を原因に潰しました。

次ページ:「正義」の対価を自覚する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページ:

1

2

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. March_For_Our_Lives 命のための行進

    2018-4-26

    銃乱射事件から一ヶ月 全米で百万人が「命のための行進」

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る