大阪広域協がヘイト集団と結託していることに対する特別決議(連帯議員ネット)

「大阪広域生コンクリート協同組合」がヘイト勢力と結託して
連帯ユニオンへの攻撃をかけている事を厳しく弾劾する特別決議


右翼暴力団追放(前略…全文はこちら)我々連帯ユニオン議員ネットは、差別扇動暴力を重ねるネオナチや在特会などのヘイト勢力の害悪を2010年の早くから指弾し、3度にわたって定期大会で弾劾決議を挙げ会員の持ち場で反ヘイトの行政対応を推進してきた日本で唯一の議員集団でもある。

 しかるに今般、近年は連帯ユニオンと交渉や確約を重ねながら生コン業界の民主化健全化を一定に進め、連帯ユニオン産業政策運動の後であればこそ「生コン業界で日本最大の事業者協同組合」となった「大阪広域生コンクリート協同組合」が、悪名高いネオナチやヘイトの活動家を大動員して、連帯ユニオンに対して労働運動と組織の壊滅までをも狙った強力な攻撃をかけていることに対して私たちは驚きと怒りを禁じ得ない。

 ネオナチを標榜し在特会の源流ともなった関東在住の「瀬戸弘幸」が新年から関西に転居して連帯関生(かんなま)撃滅の闘いをする同志大募集と呼号し、実際に1月から悪質ヘイト大結集で連帯関生(かんなま)支部に対する誹謗中傷宣伝と組合事務所襲撃や運動現場での妨害行動が展開されるようになった。

 そこでは有田参院議員への殺人脅迫で書類送検された「渡辺昇」や、朝鮮学校襲撃・徳島県教組襲撃・ロート製薬強要等々で刑務所にも入った「札付きのヘイト犯罪者の荒巻靖彦や西村斉」、元在特会大阪支部長で「森友学園ガンバレ絶叫の池本なお」等々の面々が嬉々として連帯労組攻撃をしている。

大阪広域協組の木村理事長 そして大阪広域協組の木村理事長が「連帯労組との戦いのために10億円用意した。20億円30億円かかっても出して行く」と公言し、「広域協組員の瀬戸先生への街宣への協力」と呼びかけ、業者制作の旗や幕、複数の立派な宣伝カーや、月リースで290万円もかかる大画像トラックまでが登場している。
 これらをヘイト勢力が自腹で用意したはずはなく、大阪広域協が行動宣伝費を拠出していると考えざるをえ得ず、協同組合資金の不当不正の流用と言わざるを得ない。

 ヘイトスピーチ解消法が施行されている中で、経産省所管で中小企業等協同組合法で縛られる事業者協同組合である大阪広域協が「ヘイト勢力に膨大な資金機材を提供して労組潰しに走る」などはまさに反社会的行為であり、断じて許す事ができない。
 我々連帯ユニオン議員ネットは連帯ユニオンと力を合わせて、大阪広域生コンクリート協同組合のかかる不当行為をやめさせる運動を起こしていく事を決議する。

2018年2月9日 連帯ユニオン議員ネット第13回大会


「コモンズ」116号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 韓国キャンドル革命

    2018-4-23

    朝鮮半島と東アジア ― 現在そしてこれからをどうみるか

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る