沖縄短信】沖縄本島に地隊艦ミサイル/サンゴ採捕許可が失効

琉球新報2月28日
沖縄本島に地対艦ミサイル、陸自新部隊を検討
中国けん制、石垣にも
沖縄本島に地対艦ミサイル
 沖縄本島と宮古島間の海域を中国海軍の艦艇が頻繁に通過しているとして、陸上自衛隊が運用する12式地対艦誘導弾(SSM)の新たな部隊を沖縄本島に配備する方向で検討していることが27日、関係者への取材で分かった。防衛省は射程を伸ばす研究開発を進めている12式改良型を石垣島など沖縄に配備することも検討している。過重な米軍基地負担に加え、自衛隊の基地機能強化が進んでおり「基地負担軽減」に逆行する。

 宮古島には既にSSM部隊の配備が進められ、12式の配備が予定されているが、防衛省は中国をけん制するために沖縄本島にも配備する必要があると判断した。年末までに策定される防衛大綱や中期防衛力整備計画(中期防)への記載を想定している。

 12式は射程約200キロで、沖縄本島と宮古島の間約300キロをカバーできないとして、両島に配備する計画だ。防衛省は宮古島のほか石垣島と鹿児島県の奄美大島にもSSM部隊と地対空誘導弾(SAM)部隊、警備部隊の配備を既に決定している。沖縄本島に管理部隊も設置する方針だ。

(中略)安倍政権は数多くある「最重要課題」の一つとして沖縄の「基地負担軽減」を挙げているが、米軍専用施設の7割が依然として沖縄に集中しており、自衛隊の機能も強化されることになる。

ーーー

このちゅら海を埋め立てるな
(「大浦湾を守ろう」より)

琉球新報3月3日
サンゴ採捕許可が失効
県、国の延長認めず 辺野古

 名護市辺野古の新基地建設で県は2日までに、沖縄防衛局が2月末に申請した絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ1群体の特別採捕許可の期間延長を不許可とすると決めた。1日決定し2日に防衛局へ通知した。対象サンゴの採捕許可の効力は1日で失効し、防衛局のサンゴ移植には改めて県の許可が必要。ただ県庁内では防衛局の再申請には許可せざるを得ないとの見方が大半で、今回の延長不許可が工事に与える影響は限定的なものにとどまる見通し。
(中略)県は不許可理由について、防衛局の2カ月間の延長申請について「期間が妥当か否か、専門家の意見を踏まえないと判断できない」と指摘し、環境監視等委員会を開催した上で申請を提出するよう求めた。
 今回、県が不許可としたサンゴは昨年7月に発見、県が2月16日に採捕申請を許可した。その後2月21日にこのサンゴが食害を受けているのが確認されたとして防衛局は、当初3月1日までの採捕許可を4月30日まで2カ月間延長するよう県に求めていた。

「コモンズ」116号の目次もどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. カタルーニャ独立運動

    2018-3-5

    その後のカタルーニャ独立運動 独立派が州議会選挙にふたたび勝利!

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る