グローバリゼーション混迷の中ではじまった大逆転/大野和興
ー FTA / EPAの混迷、TPPとトランプ、習近平の一帯一路

習近平とトランプ
新たな段階に入ったグローバリゼーション 
混迷の中で始まった“大逆転”    

 TPP(アジア太平洋経済連携協定)から米国が抜けた後、残り11カ国で進めたきた「TPP11」は3月8日にチリで署名式が行われた。この「TPP11」のほか、日欧EPA(日本とEUの経済連携協定)、ASEAN(東南アジア諸国連合、10か国)と日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランドの交渉ン参加しているRCEP、さらにはTPPを抜けた米国が日本に迫っている日米FTA(日米自由貿易協定)と、日本をめぐる経済連携協定は多国間、二国間入り乱れて混乱状況といった様相を呈している。ここに中国が進める「一帯一路」と名付けられた巨大経済圏づくりが重なる。さらには世界で最初の多国間自由貿易協定であるNAFTA(北米自由貿易協定)の見直しもからまり、この先どのような世界の経済秩序が見通せるのか、予測がつかない状況が生まれている。その背後で何が起こっているかを考えた。(大野和興)

FTA/EPAの混迷

 80年代に始まり、東西冷戦が終了した90年代以降本格的に進んだグローバリゼーションは、いま新たな段階に向け確実に転換点を迎えている。

一帯一路のイメージ図

「一帯一路」のイメージ図
出典:あさ学ナビ

 「一帯一路」は、北京から中央アジア、東南アジア、西アジア、中東、東欧、アフリカ、西欧をつなぐ版図形成をめざしている。
 その手法は中国の習近平主席と相手首脳が会談し、一帯一路に参加する共同声明を出すことで参加交渉は完了する。欧米や日本などが進めるFTA(自由貿易協定)/EPA(経済連携協定)が複雑に入り組んだ協定書締結にエネルギーを費やしているのと比べ、きわめて簡潔だ。
 これはトランプの米国が、米韓FTAや、やがて始まるはずの日米FTAといった二国間交渉で相手を抑え込もうとする姿勢と似かよっている。世界は今、帝国による新たな陣取り合戦の時代に入ったとみることができる。

 サッチャー、レーガンに時代に始まったグローバリゼーションは、世界をすみずみまで市場化し、自由な競争によって豊かさと貧しさに分断、貧困を拡大し、自然をも市場に投げ込むことで環境破壊を進めてきた。いま、人びとの分断と地域に対する支配が一層強まる段階に入り、人びとの生存権はより脅かされる状況が出てきた。

TPPとトランプ

トランプ大統領 トランプ米大統領のTPP離脱を受けて、米国の復帰を横目でにらみながら米国抜きの11カ国(シンガポール、チリ、ニュージーランド、ブルネイ、オーストラリア、ベトナム、ペルー、マレーシア、カナダ、メキシコ、日本)で進められてきた「TPP11」交渉は今年1月28日に決着、前述のように3月8日にチリで署名式が行われた。TPP11の内容は、特許期間の延長など米国の利害にかかわる22項目については凍結し、米国が復帰すれば元に戻すというもの。

 だが、参加国にとっては、巨大な米国市場に参入することがTPPの大きな魅力であったことから、TPP11は魅力のないものとなった。日本政府はいずれ米国も復帰するという期待を込めて、TPP11の売り込みにやっきだが、マレーシアなどアジアの国は、一帯一路やRCEPなど中国が大きな存在感をもっている経済連携にかたむいている。

 TPPとTPP11 にはより本質的な違いがある。TPPはやはり“オバマのTPP”であった。TPPに力を入れたオバマ前大統領のねらいは、アジアに軍事的なプレゼンスと移すと同時に、TPPで経済的にも中国を包囲するという狙いがあった。しかし時代は移り、いまや中国が米国を包囲するといってもよい状況が生まれている。
 
 そうしたこともあって、トランプ大統領は条件付きでTPPへの復帰をしてもよいという発言をしたりもしている。だがそれがどこまで本気かを誰もが測りかねている。その発言の一方で、2月28日に公表した通商政策に関する年次報告書でトランプ政権は「公正な市場競争を妨げる国々を阻止するため、あらゆる措置を講じる」と述べている。
 「国々」とはまず中国であり、次いで日本だ。年次報告書は日本について、「長年の貿易摩擦、不均衡、貿易赤字を解決するため、米国から日本に輸出するための公平で信頼できる手段を求めていく」と述べている。裏返すと、日本は「公平」でも「信頼できる相手」でもないということになる。この文脈からは米国のTPP復帰はありえないということになる。

習近平の一帯一路

習近平 中国の「一帯一路」もすべてが順調に進んでいるわけではない。金と力で押し寄せる中国に対し、「新植民地主義」という声も上がっている。

 西の大国インドは、中国が高い金利で貸し付ける投資によって、返済不能に陥る国が出ることを警告している。インドが警戒感をもち始めたのは、スリランカへの港と空港の建設。スリランカは中国から資金を借り入れて、ハンバントタというところに港湾と空港を建設した。スリランカは80億ドルに及ぶ借金を中国に負い、そのため港湾と空港と運営権を99年間中国に渡すことになった。

 最近話題になっているのがインド洋の小さな島国モルディブの問題だ。 「一帯一路」構想の一環として、中国政府はモルディブに借款を供与し、国営企業を派遣して港湾建設やその他の公共工事に従事させてきた。国際通貨基金によると、この結果、モルディブの対外債務は2021年に対国内総生産(GDP)比51.2%に達している。

北から南へ、西から東へ

進藤榮一氏

進藤榮一氏

 以上のような動きの背景には、南北・東西の逆転がある。国際通貨基金(IMF)は2014年の報告で、中国、インド、ブラジル、ロシア、トルコ、メキシコ、インドネシアの新興G7のGDPが先進G7のGDPを追い越した。国際政治経済学の研究者進藤榮一氏(筑波大学名誉教授)はこれを「世界経済における『南北逆転』」と評価した。

 こうした経済発展をてこに、安全保障の面でも中国、ロシアを含むアジアの国々が、軍事ではなくエネルギーの安全保障を組み込む体制の構築が始まっている。そこには北朝鮮も組み込まれる。金融面でも、中国主導のアジアインフラ投資銀行(ISIB)は、すでにアジア開発銀行(AIB)をしのぐ勢いを見せている。進藤氏はこれを「東西逆転」と規定している。

 こうした大逆転を歴史の中に置いてみると、欧米がつくってきた「近代」の終焉という現実がみえてくる。80年代から始まったグローバリゼーションも、そうした歴史的文脈から見直し、現在とこれからを見通してどう対峙するかを考えるときに来ている。


「コモンズ116号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

季刊「変革のアソシエ」No.31

最近の記事

  1. 3・30「働き方改革」=残業代ゼロの過労死法案許すな国会前行動
    「働き方改革」=「過労死」法案を許すな! 残業代もゼロに!  安倍晋三内閣は4月初旬にも「働き…
  2. 原発のない福島を!3・17県民大集会
     3月17日、福島県楢葉町天神岬スポーツ公園において「2018原発のない福島を!県民大集会」が同…
  3. 桜イラスト
    官邸の入口にある地獄門 安倍打倒そだねーの声充ちる 美ら海にドシャドシャ入れることならぬ…
  4. 官邸前行動レポート写真1
    官邸前行動レポート/直接行動(DA)高屋直樹 森友学園の全貌解明と関係者の責任追及を行い 民衆の…
  5. 安倍は辞めろコールの広がり
     前号で「佐川辞めろコール」の広がりを伝えたが、一気に佐川前国税庁長官国会喚問にまで事態は進んだ。こ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
21
18:30 ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
4月 21 @ 18:30 – 20:30
ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
 皆さんは ALPHA(第二次世界大戦歴史事実を守る会)をご存知ですか?  この会は1997年から第二次世界大戦のアジアでの戦争の歴史を学生たちやカナダの市民に正しく伝えようとカナダトロントで結成されました。現在 ALPHA の団体は、カナダやアメリカなどの都市で歴史認 識活動を展開しています。  「悲惨な戦争の歴史事実を知ってこそ、平和を大切に思い築いていける」との考え方は、カナダの歴史教師や中国系、韓国系市民に共感を受け多くのメンバーが活動に参加しています。私達「南京の記憶をつなぐ」会の趣旨とも重なります。  アジアの戦争中に起きた南京大虐殺や「慰安婦問題」731、細菌戦など、これまで日本やアメリカによって隠蔽されてきた歴史事実を、市民や若者に伝えようと教育界に働きかけて副読本作成や学生シンポ、サマーキャンプ、スタディーツアーなどの 幅広いグローバルな歴史教育を企画し実践しています。  カナダやアメリカでもここ数年、「慰安婦」少女像の建設、また昨年「南京大虐殺記念日」の制定をめぐって、日本の歴史修正主義者たちが攻撃をしかけました。私達は、今回トロント ALPHA のフローラ氏、 トロントと日本で取材活動をしている田中裕介さんを大阪に招請しました。北米での歴史認識活動の意義やそれを巡る状況、圧力などホットな話題をお話ししていただきます。皆さんぜひご参加ください。 ■日時:2018年4月21日(土)  午後6時10分開場 6時半開演 ■場所:エルおおさか 7階 734 号室  京阪地下鉄天満橋西へ5分 ■講演:フローラ・チョング(トロント MPHIAL副議長)     田中裕介(トロント在住ジャーナリスト) ■協力費:800円 ■主催:「南京の記憶をつなぐ」準備会 フローラ・チョングの略歴と講演: 「なぜアジアでの戦争の歴史を明らかにするのか」 香港出身。1987年にカナダへ移住。英国で修士号(社会正義及び教育学)取得。2005年から正規採用のボランティアとして勤務。以来、アジア太平洋戦争の文脈における人間性の価値と社会正義を批判的に理解する能力を養うための教育と一般社会の啓蒙のため助力してきた。高校、大学、コミュニティを訪問し講演し、国際会議などにアルファ・エデュケーションを代表して出席し発表してきた 現在、アルファ理事会の副議長及び所長として勤務している。 田中裕介の略歴と講演: 「カナダから見える『南京』や『慰安婦』の歴史認識」  北海道出身。早稲田大学卒業。1986年にカナダへ移住。日系コミュニティ新聞の日本語編集者として20年以上勤務し、取材過程で多くの日系人会議、日系史発掘、エスニック問題、人権運動と取り組んできた。1994年以来、民話や創作を英語で語る「語りの会」を主宰し、自らカナダのみならず NY、韓国などでも活動してきた。また、日本の大学などでカナダに関する講演もしている。現在はフリーランスとして、日系メディアや「戦争責任研究」等の学術誌に執筆してきた。訳書に「ほろ苦い勝利」(現代書館)「暗闇に星が輝く時」(朔北社)等。 アルファ教育財団とは  非営利慈善団体。アジア・太平洋戦争史の中でしばしば看過されてきた史実の啓蒙と批的理解を高め、正義と平和、和解の価値を探ることを使命とし4つの方向性を伴う教育と代表発言活動を行っている。 1. 教育者、学生と共に活動する・学校でのワークショップ、会議開催・教材制作、教育者のために研修旅行、会議を開催 2. 青年層の強化・学生主体で大学でのアルファ支部・夏季集中研修、インターンシップ 3. 研究支援 ・記録・資料館のデジタル化事業・大学研究インターンシップ・学生への支援 4. コミュニティの連携 ・映像制作:「アイリス・チャン・レイプ・オブ・南京」、「アポロジー」等・出版:松岡環著「南京引き裂かれた記憶」
4月
23
18:00 第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
4月 23 @ 18:00 – 20:00
第14回怒りのデモ 森友問題の核心は安倍昭恵と晋三だ! @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■日時:2018年4月23日(月)18時集会、19時デモ出発 ■場所:大阪城公園「世界連邦平和像」前  大阪市中央区大阪城1-1 (大阪城公園 大手前広場)  大阪城の西側。大阪府庁のほぼ正面の道路を渡った広場にあります。 ■主催:「森友問題」疑獄を許すな!実行委員会  連絡FAX06-6304-8431
4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  2. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

  3. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

  4. 痛いウヨキャラ

    2018-4-1

    ネットウヨ・ヘイト団体と化したか「公益社団法人」日本青年会議所 ー ヘイトキャラ「宇予くん」が問題化

  5. ナ・ヤンイルさん

    2018-3-31

    安倍が煽る米朝戦争の危機を止めよう ー 2・24 平和集会での発言から

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る