青年たちは今(2)名護市長選・左派こそ自己改革を/中田省二

 春霞のただよう季節となりました。こんにちは、中田省二です。
 沖縄県の名護市で行われた市長選では、自民・公明・維新推薦の渡具知氏が当選しました。

「目先の利権に転ぶ若者」と左派知識人が言い放った

辺野古ゲート前 私は怒っています。選挙結果に怒っているわけではありません。今回の選挙結果では、10代から30代までの半分以上が渡具知氏に投票したことを左派がないがしろにしているから怒っています。某左派系著名人は、大した知識のない若者に選挙権を与えたことが誤りだと言い放ちました。他にも左派系運動家は、若者が目先の利権に転がされたと言いました。

 私は怒っています。二度も書くくらいですから、よっぽど怒っています。自身の支援する候補者に投票しなければ、「知識がない」と若者を中傷し、金権政治を行う自民党に投票した若者を目先の利権に飛びついたとあざ笑う。こういった他者の主体性を不躾に扱う正義漢どもには、もうこりごりです。「目先の利益の何が悪いんや」と喉元までこみ上げてきて、このように書いてしまいました。目先の利益は語れないけど、遠い未来については語れると主張するほうがよっぽど胡散臭くないですか?

 「知識がない若者」や「目先の利権に転ぶ若者」と暴論を唱える左派の一部は、主体性を喪失した無責任な人間と呼べないでしょうか。なぜなら、彼らは若者を獲得できなかった原因を自身の中から見つけ出さないからです。こういった外部に責任を転嫁する論理はよくあります。方針と戦略のミスを棚上げにして、部下の能力不足と詰るパワハラなんて、それで成り立っているようなものです。他にも「すべては安倍政権と国家権力の妨害」論から「不正選挙」論まで「外部に責任転嫁」コーナーの陳列棚はいっぱいです。

敗北は、主体的に担った人々、左派全体で引き受けるべきだ

名護の海底(埋め立て予定地)

名護の海底(埋め立て予定地)

 私は年長者に虐められるタイプの若人なので、こういった理不尽な言いがかり(あえて意味を反復させました。)にはほとほと我慢ができません。先の議論を続けると、「若者に知識がない」と発言した左派著名人は、高校教諭に言われた通りに10代は投票したと例えました。では、この著名人の方にはその高校教諭たちを組織化することが出来なかったことへの反省があるのでしょうか。

 今回は、自民党側が「知識がない」若者の心を掴む術に反対派よりも長けていたに過ぎません。ようするに今回はそういう選挙への真心で負けたのです。選挙結果を眺める限り、凄まじい大差と言うわけではありませんから論理の穴は多少ありましょうが、基本的に私は選挙の技術論の敗北だと考えています。「愛することも天性のものでなく、一定の技術」と偉大な社会心理学者のエーリッヒ・フロム先生も仰いましたように、大概は技術論の話です。

 選挙や運動の敗北は、主体的に担った人々、そして、左派全体で引き受けるべきです。もちろん、責任の比重はありますが、「おっしゃ、やったるぞ!」と思ったのであれば、その人にもその人なりの責任があります。別段、「責任」というのは悪いものではありません、悪しからず。

人々の生活基盤に根差して「日々のお米の話題」が重要だ

稲嶺名護市長 次に「総括」をどうしたらいいのかという議論に移ります。
 ここからは、今回の選挙に関して述べさして頂きます。私は、「反原発」、「沖縄基地移転反対」、「反ヘイトスピーチ」、「憲法九条改憲反対」、「反安倍政権」という訴えのみでは、人々の生活基盤に根差していくには抽象的レベルが高いと考えております。例えば、「俺の飯は豪華になるの?」という無党派層の問いに対し、私は反原発で回答できません。「それは議論の内容が違うから」と回答するのは無意味です。この国の多くは無党派層ですから、全員が関係する「日々のお米の話題」は重要です。従って、これらの話題と選挙戦略を兼ねますと、支持者や参加者が一発で「豪華にできる」と回答できる分かりやすいスローガンが必要なのではないでしょうか。

 そこで公的支出の拡大や労働者集団の復権及び強化といった旧来の左派的スローガンです。某政党が発表し撤回した公務員の給与カットなど論外であり、ポピュリズム・人民主義に対して、俄然やる気にならないといけません。
 ご高齢の方は、何をいまさらと感じるかもしれません。しかし、あくまで私の認識ですが、「左翼は憲法9条と基地問題に関心はあるけれど、経済的な発言をしない」と一般の人々に認識されています。私は左翼の友達は少ないですが、一般の友達は多いほうですので信憑性があると自分では思います。

左派性・革新性の肝は現在とは異なった未来を提案していく姿勢にある

名護署「仲間を返せ」 私はずっと同じことを主張するのが得意です。なので、今回も例外なく毎度お馴染みの主張をします。既存の反対の行動は、革新、言い換えれば社会建設のための一手段として投じているようにはみえません。憲法9条改憲反対行動の一つとってもそうですが、般若心境の四文字と互角に張り合うのではないかと疑うほど、聞き慣れてしまって革新性を感じません。

 そもそも、革新とはなんでしょう。革新とは既存の制度や常識を変えることを、新しくすることを意味します。既に今回の沖縄県の名護市市長選では、60代以上の半分以上が稲嶺氏に投票しているのに対し、10代から30代の「知識がない若者」では逆転現象が起きています。この結果から導き出せるのは、保守派は左派になっているという事実です。失礼な言葉を使わせて頂きますと、死なない高齢者はいないので保守化してしまうと負けてしまいます。今回の選挙結果から、意味不明な自民党の改憲案のほうが革新に映っているのです。革新性の肝とは、意味不明な案であろうと現在とは異なった未来を提案していく姿勢にあります。

 大昔、宇宙飛行士が月面に着陸した時、子供たちは空に夢を抱いた。有色人種がアメリカの大統領になった時、社会の進歩であると大衆は熱狂した。革新の根幹には、これと同様に明日への創造性があるのです。私たちは日進月歩ではあるけれど、人類社会を進展させていることに胸を高鳴らせるのです。

変わらなければならないのは左派自身ではないか

11・27 高江・辺野古の新基地建設断念せよ!新宿デモ 「目先の利益」にも立ち向かえる経済左派としての復活は、「構造改革派や資本主義の庇護者」と揶揄されてしまうかもしれません。しかし、ユートピアへの理想だけではお腹がふくれません。よく議論される市民社会の登場人物は、労働者が大半です。彼らの財布が空っぽだと、論じる市民社会も成り立ちません。

 今後の「知識がない若者」の獲得には、左派全体の責任意識と明日につながる総括、そして経済左派として確立がカギなのではないかと考えています。
 最後に、変わらなければならないのは、安倍政権でなく、まず自分自身です。左派全体での意識的変革を求めます。



「コモンズ」116号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-9-23

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. ウッディ・ガスリー この機械はファシストを殺す
    この機械は、ファシストを殺す ― 1本のギターに魂を込めて 社会の巨悪と闘う抵抗の歌がある …
  2. 私が集団・組織を恐れているわけ
    ■ 組織や集団を恐れる2つの理由  運動界隈にいると、いろいろな集団・組織と関わることにな…
  3. 砂川闘争
    今こそ憲法から生まれた伊達判決を活かそう 伊達判決59周年集会「7・15」で再確認  憲法9…
  4. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された 日本の独立後も米軍が沖縄に長期に駐…
  5. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする #関生労組 弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る