国会前には連日5千人、1万人が!― 安倍・麻生の国政私物化を許すな!

安倍9条改憲NO! 森友・加計疑惑徹底追及! 戦争煽るな!
安倍内閣退陣!3・19国会議員会館前行動

3・19国会議員会館前行動
暴かれた森友文書改ざん 安倍・麻生による国政の私物化を許すな!
安倍政権退陣!政治を我々の手に!


 学校法人「森友学園」を巡る財務省決済文書の改ざんがついに明らかとなった。国会内では野党による問題追及や佐川前国税長官への証人喚問が行われ、また連日の抗議行動が国会前や首相官邸前で行われているが、とりわけこの問題で二人目の自殺者が出た3月7日以降、内閣を糾弾する市民の声はますます高まっている。

安倍にとどめを■連日のように巻き起こる抗議の渦

 3月12日に呼びかけられた緊急抗議行動では官邸前に5000人の人々が詰めかけた。その後も13日、14日、16日と抗議の波は止むことがない。18日には新宿西口前で4000人、19日には議員会館前が5000人の抗議の声で埋めつくされた。
 3月25日には新宿アルタ前でも集会が行われ、多くの参加者が安倍政府の悪質極まる国政運営の実態を道行く人々に訴えた。また30日には、反原発集会に続いて行われた抗議行動ではついに1万人が結集し、「安倍退陣」を訴えた。権力をほしいままに私物化する安倍に対して沸き起こる怒りを自公政権打倒に向け、叩きつけていこう。

■アジア民衆とともに安倍を打倒しよう

3・19国会議員会館前行動 19日には議員会館前で「安倍9条改憲NO! 森友・加計疑惑徹底追及! 戦争煽るな! 安倍内閣退陣! 3・19国会議員会館前行動」が、安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の主催で開催され、5000人が集まった。

 議員会館前集会で、「九条壊すな実行委員会」の菱山南帆子さんは「モリカケ疑惑」(森友学園・加計学園不正疑惑)における前代未聞の公文書改ざんが明らかとなった現在、昨年の総選挙で安倍政権が手にした議席について「だまし取った議席に他ならない! 恥を知れ! 議席を返せ! 責任をとれ! 選挙をやりなおせ! 韓国ではキャンドル革命がパックネ大統領を退陣に追い込んだ。安倍政権をアジアの人々の思いを背負ってかならず打倒しよう!」と訴えた。立憲民主党衆議院議員の山本和嘉子さん、日本共産党衆議院議員の穀田恵二さん、社民党参議院議員の福島みずほさんらが次々と登壇し安倍退陣を訴えた。

■やりたい放題、許しがたい国家犯罪だ

3・19国会議員会館前行動 「沖縄の風」の参議院議員伊波洋一さんも駆けつけ、「安倍政権は沖縄新基地建設を強権的に進めているように、国会においても強権的な政治がまかり通っている。国民無視、沖縄県民無視の安倍政権を、国民の声をひとつにまとめて退陣させよう」と訴えた。

 森友学園不正疑惑を最初に告発し、問題発覚のきっかけを作った豊中市議の木村真さんが、大阪から駆けつけ発言した。「集団的自衛権閣議決定、秘密保護法、戦争法制、共謀罪の制定、そして公文書を改ざん、国会にニセの資料を提出と、やりたい放題の安倍は許しがたい国家犯罪だ! 安倍晋三にはほとほとうんざりだ! ええかげんにせえ! 主権者はわれわれだ! 安倍はやめろ!」と怒りをぶちまけた。

■沖縄の軍事要塞化を断固拒否する!

3・19国会議員会館前行動 落語家の古今亭菊千代さん、市民連合の諏訪原健さん、安全保障関連法案に反対する学者の会の佐藤学さん、練馬九条の会の大柳武彦さんらが闘いの報告を行なった。

 また国会包囲実行委員会を代表して、沖縄一坪反戦地主会関東ブロックの青木初子さんが発言した。「いま安倍、麻生は民主主義を壊す国会の中枢にいる。沖縄の民意が潰されようとしている。しかし沖縄は揺るがず座り込みを続けている。私たちは先島、石垣、八重山に配置されようとしているミサイル基地を止め、沖縄の軍事要塞化を断固拒否し、平和の島を取り戻します。」と、沖縄への支援を訴えた。

 弁護士の宇都宮健児さんは国政の陰に隠れて小池都政がデモや集会を禁止する条例案制定を画策している事実を報告した。もしこのような条例が制定されると、安倍や麻生を糾弾する声は「名誉棄損」として弾圧される。市民から政治的自由を奪うこのような悪質極まる条例の廃案を訴えた。



3・30国会前1万人行動【写真速報】
3・30国会前行動 3・30国会前行動
3・30国会前行動
「コモンズ」117号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会
    新年を迎えて、辺野古新基地建設反対闘争はいよいよ正念場である。昨年の県知事選挙では、故翁長知事の遺志…
  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー
    目次 はじめに – 「革命21」第7回総会を開催 1.私たちは今、どのような世界・歴史を生きてい…
  3. 大口昭彦弁護士
    裏切りと分断を強制する司法に負けず一致団結して闘おう  大勢の皆さんが詰めかけてくださって心強く思…
  4. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
     12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会(「共謀罪」適用の始まりだ)が、12月…
  5. 武洋一さん
    洋一書記長から関生支部への支援・連帯への感謝と 不屈の闘いに向かうメッセージ  連帯労組関西生コ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  3. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  4. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  5. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る