少数民族ロヒンギャへの「強制的飢餓」- 抑圧続けるミャンマー政府


食糧供給の道を断つ「強制的飢餓」とアムネスティが警告

 少数民族ロヒンギャに対するミャンマー政府の抑圧は依然として続いており、国際人権団体アムネスティは自らの実態調査をもとに「これはロヒンギャに対する民族浄化である」と規定している。国連事務局は2018年3月13日、ミャンマーで食糧供給の道を断つ「強制的飢餓」が行われていると発表したが、「これもその一つだ」とアムネスティは述べている。

 アムネスティは、ミャンマー政府の民族浄化作戦は、アムネスティがロヒンギャの人びとへの聞き取りで確認した事実とも一致しており、疑いようもない事実である、と発表している。アムネスティが発行する国際ニュース(3月13日号)によると、ロヒンギャの難民たちは口々に、真綿で首を締めるような兵糧攻めで、住み慣れた土地から追い出されているという(→参照)。

 ミャンマーのロヒンギャの多くは難民となってバングラディシュに逃れている。バングラディシュは順次ロヒンギャ難民の本国送還を進めることになっているが、アムネスティは「時期尚早であり、安全が確保され、安心して自主的に帰国できるようになるまで待つべきだ」としている。

 アムネスティ国際ニュースは2月7の記事で、ロヒンギャの人びとが食糧を断たれ、所持品を盗まれ、子どもを含む女性たちが性的暴力を受けるという民族浄化がいまだ続いている状況を報告、ミャンマー当局は、武力であろうと強制的飢餓であろうと、ロヒンギャの人びとを追い出すいかなる作戦も停止すべきである、と警告した。

 また、アムネスティはミャンマー国内でロヒンギャに関する報道が抑圧されていることも警告している。ロイターの記者ワーロウンさんとチョーソーウーさんが1月10日、国家機密法違反容疑で起訴されるという出来事があった(→参照)。同法は植民地時代に作られた法津で、国家の保全や利益を損ねる目的で文書・情報を入手、記録、交信した者に最高14年の刑を科すという厳しいものだ。

 報道によると、2人は、ラカイン州でロヒンギャに対する軍の弾圧の状況を取材していた。見ず知らずの警官に誘われて食事に出かけた時、拘束された。警官から書類を渡された後、逮捕された。警察によれば、逮捕の理由は、「ラカイン州や治安部隊に関する重要な機密情報を国外メディアに渡すつもりで情報を入手した」というものであった。

 ワーロウンさんとチョーソーウーさんの拘束は、ラカイン州内での取材を認めないという意思の表れだろう。これは表現の自由に対する露骨な攻撃であり、ジャーナリストの取材活動が確実に難しくなっていくだろう。

【緊急】ロヒンギャへの虐殺を止めて!(アムネスティ・ネット署名)
ロヒンギャを標的にした残虐な軍事作戦をやめるよう、今すぐミャンマー国軍司令官に要請してください。
緊急署名】ロヒンギャへの虐殺をやめて

「コモンズ」117号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍米議会で従属宣言

    2017-6-21

    【投稿】韓国・中国民衆と連帯し、侵略の歴史を根本から変えよう/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る