5・26 辺野古新基地建設阻止へ1万人が国会を包囲!

0526_国会包囲 5月26日、東京霞ヶ関の国会正門前で「美ら海壊すな!土砂で埋めるな!5・26国会包囲行動」が実行委員会主催によりおこなわれ、国会周辺一帯を1万人の市民が取り囲んだ。
 この日は朝早から警察側も準備にかかり、いつもは歩道を2つに分断するところを3つに分断し、しかもそのフェンスも互いにヒモでつなぐなどの補強がなされていた。また警官動員数も異常に多い。この威圧的な警察の警備態勢は、まるで森友学園や加計学園問題において不正が次々に暴かれ追い詰められ、沖縄でもまた住民や支援者たちの頑強な抵抗を受けている安倍政権の市民への弾圧の意気込みを反映しているようだ。

危険な活断層のある軟弱地盤に
新基地を建設しようとしている

0526_国会包囲 集会は、まず前段で宮城義光さん日本音楽協議会の演奏、菱山南帆子さんのリードによるコールなどが行われた。

 最初に「とめよう辺野古埋め立て国会包囲実行委員会」を代表して、ピースボートの共同代表であり沖縄意見広告運動の全国世話人でもある野平晋作さんが登壇した。辺野古新基地建設予定地域の地盤は軟弱で、しかも活断層の疑いがあることが専門家から指摘され、政府も認識していながらその事実を隠ぺいしてきた事が開示された政府情報から明らかとなっている。野平さんはこれを暴露し「埋め立てを阻止しよう」と訴えた。

 次に「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」から福山真劫さんが九条擁護署名が1千350万筆も集まったことを報告。安倍政権の腐敗・堕落を糾弾し、「これ以上安倍政権を続けさせていれば日本の平和と未来、沖縄の平和と未来が壊されてしまう!安倍を打倒し沖縄基地建設を阻止するまでがんばりましょう!」と訴えた。

辺野古新基地建設は
白紙撤回しかない

 「辺野古に新基地をつくらせないオール沖縄会議」事務局長の山本隆司さんが発言。5年前の2013年1月28日、沖縄の41全市町村の首長、議長が署名し安倍首相に「建白書」を提出したが、それ以来事態はますます悪化している、辺野古新基地は白紙撤回しかない!と訴えた。
0526_国会包囲 国会議員挨拶
 カンパアピールのあと、国会から各議員が発言。立憲民主党の近藤昭一衆議院議員、日本共産党の小池晃参議院議員、社民党福島みずほ参議院議員のあと、「沖縄の風」会派の伊波洋一参議院議員は政府が地元との約束を破り、新基地建設のために辺野古の大浦湾に拡がるジュゴンの食べる海草の藻場を埋め立て、世界的にも貴重な自然を破壊しようとしている事実を訴えた。

勝つまであきらめない
21万人を国会包囲に集めよう

0526_国会包囲 第二部に移り、ヘリ基地反対協共同代表の安次冨浩さんが発言。「本日の土曜日も辺野古現地では、車両が300台入り、海でもK9護岸から瓦礫を運び込んでいる。それに対して市民は機動隊の圧力に屈せず座り込みを続けている。
 戦後、米軍による植民地支配に対して日本への復帰を勝ち取ったが、今も植民地支配は変わらない。それどころか日本政府は米軍と一緒になって弾圧してくる。私たちは勝つまであきらめない。
 5月5日、岩国米軍基地において『フレンドシップデイ』が催され、開放された基地に見学者が21万5千人も集まった。私たちは国会包囲に21万人を集めよう!韓国では数百万もの市民が集まってパククネ政権を打倒した。民主主義は自らの手で勝ち取っていくべきものだ。私たちも、民衆の手でこの国を変えていこう!」と訴えた。

 その後、「解釈で憲法9条を壊すな!」実行委員会の発言に続き、ゆんたく井の頭、沖縄の闘いに連帯する東京南部の会、沖縄と東京北部を結ぶ集い実行委員会、島ぐるみと神奈川を結ぶ会、松戸・沖縄とつながろう実行委員会、基地・軍隊はいらない4・29集会実行委員会、ジュゴン保護キャンペーンセンター、葛飾憲法集会実行委員会、辺野古への基地建設を許さない実行委員会からそれぞれアピールが行われた。

警察の弾圧体制はねのけ
つながった1万人の人間の鎖

0526_国会包囲 現在、安倍政権は日米安保・軍事同盟にしがみつき、米軍による沖縄―本土で戦闘機やオスプレイの配備・訓練強行を許している。集会では、「第二次横田基地公害訴訟原告団」副団長で昭島市議会議員の青山ひでおさん、「木更津からオスプレイ来るな いらない住民の会」代表の平ふみおさん、厚木から「基地撤去をめざす県央共闘会議」共同代表の檜鼻達実さんが、それぞれの基地周辺での現状を語り、怒りと抗議の声をあげた。

 最後に、国会正門前、北側から南側まで手をつなぐヒューマンチェーンが行われ、警察の異常な弾圧をはね除けて人間の鎖は成功した。7月にも予想される「土砂投入で命の海を壊すのを許さない!」の想いが一つになった国会包囲行動だった。あきらめず、闘いを続けよう!(東京M)

VR動画 ↓ 画面ドラッグで全天球 360度を見ることができます
(撮影:Makabe Takashiさん)

VLCなどで閲覧すると、LittlePlanetビューなど堪能できます。)
通常撮影はこちら→https://youtu.be/v97CkQlNE6M
VR版前半はこちら→https://youtu.be/lcbSgJdILbE

「コモンズ」119号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. マンション建設ラッシュによる居住空間の破壊と孤立化

    2018-3-30

    連載3】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-企業社会から規制緩和と競争社会へ/斎藤日出治

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 連帯と公正
    生コン産業は弱小の中小企業群から編成されているため、セメント産業と建築産業という、いずれも大手の独占…
  2. てるてる坊主とカエルのイラスト
    政治とは呼べぬ政治のめちゃくちゃさ 美ら海をこわす政治が国こわす オスプレイ墜ちるその日…
  3. 山元一英さん(全港湾)
    さて2018年度から労働講座が新設され、その受講学生としてのメインターゲットは一般労働者や労働組合員…
  4. 同僚の過労自殺に抗議するフレンチテレコムの従業員
    日本との比較で有給休暇が長く労働時間が短いとされる欧州でも、過労死や過労自殺が報告されている。フラン…
  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表
    長時間労働や過労死がなくならない根本原因は低賃金と負担増にある。結婚し子供を育て住宅を維持するために…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  2. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

  3. 2018-6-19

    著名人・言論人・ジャーナリストが大阪広域協に抗議声明

  4. 反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会チラシ

    2018-6-18

    6・23大阪へ!ヘイト集団を使った弾圧に抗議する集会

  5. 4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集い

    2018-5-22

    4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集いが盛況

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る