4・14 警察の暴力規制突破し国会前を埋め尽くす市民の波

警察の暴力規制を突破し国会前を埋めつくす市民の波!
4・14あたりまえの政治を求める大集会


■次々と明らかとなる安倍政治のウソ

414国会前集会 加計学園への不正な優遇措置に関する「首相案件」を示す証拠、森友学園に関する公文書改ざん、自衛隊のイラク派遣日誌の隠ぺいなど、安倍政権が有権者に隠し続けてきた不正・腐敗が次々と明らかとなっている。

 安倍政治はもはや真っ黒ではないか!それにもかかわらずなおこの期に及んで「膿を出す」などと他人事のようにうそぶく安倍の厚顔無恥はいかばかりか! 我々の知る権利を踏みにじり、私利私欲のために政治を簒奪してきた恥知らずな安倍内閣は一刻も早く打倒しなければならない。

 多くの人々の満腔の怒りを担って4月14日、「安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前第行動」が戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/未来のための公共/Stand For Truth主催、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合/安倍9条改憲NO!全国市民アクションの協賛により行なわれた。

414国会前集会 集会は2時からの総がかり行動主催による第一部と、3時30分からの未来のための公共/スタンド・フォー・トゥルース主催による第二部とに分かれて進められた。
 「こんな安倍政治を許せるか!」平和フォーラムの福山真劫さんが激しい怒りを叩きつける。立憲民主党衆議院議員の長妻あきらさん、日本共産党の志位和夫さん、社民党の又市征治さん等、各政党代表が発言。学者、市民等が発言。参加者はその間も増え続けた。

 国会正門前はもはやいっぱいとなり、桜田門方向、憲政会館、国会図書館、外務省方向などへとアナウンスが誘導する。菱山南帆子さんの音頭によるコールを挟んで、立教大学の金子勝さん、法律家6団体を代表して永山茂樹さん等が安倍政治に対する怒りをぶちまけた。そして中内節子さんによる6時からのキャンドルデモへのアピールを受けて第一部を終了させた。

■フェンスを乗り越え正門前を占拠

414国会前集会 主催者交代で第二部が始まった。参加の市民で、もはやはちきれんばかりとなった国会正門前歩道。それを警察が強制的にフェンスの中に押し込めている。フェンスの列が前後に乱れ、歩道のあちこちで市民と警察官との押しあいが始まる。主催者のコールが4拍子の「安倍は、辞めろ!」からラップ調の3拍子「アベハヤメロ」へと切り替わり、さらに2拍子のリズムで「前へ!」「前へ!」のコール。

414国会前集会 3時30分過ぎ、フェンスが決壊し、ぎゅうぎゅうに閉じ込められていた市民らが車道へと次々に繰り出す。制止を続けていた警官も制止をあきらめ、正門前の警察車両前に集結し、最後の阻止線に並んだ。車道にいっぱいとなった市民たちはその阻止線に殺到し警官隊と対峙している。もはや誰もこの激しい怒りをとめることはできない。安倍政権のあまりにもひどい政治の簒奪に対する民衆の怒りがここに凝縮して表現されている。怒れる市民たちの「解放区」が出現したのだ。

414国会前集会 414国会前集会

 国会前占拠状態は5時の第二部終了まで続いた。占拠のあいだ中、コールが続いた。「アベハヤメロ!」「ウソをつくな!」「総辞職!総辞職!」参加者数はおよそ3万人、一部・ニ部合計でのべ5万人以上とアナウンスされた。この闘いはこれで終わりではない。安倍が辞めるまであきらめることなく、今後も闘いを続けよう!

「コモンズ」118号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 6・23 総決起集会

    2018-7-16

    大阪中央公会堂 6・23 総決起集会 「奴らを通すな!」響き渡る1150名のコール

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る