5・3 憲法記念日、有明防災公園に6万人が結集!

9条改憲NO 平和といのちと人権を!
5月3日 有明防災公園に6万人が結集!
5月3日 有明防災公園に6万人が結集
 安倍政権による憲法9条改憲の策動が進められようとしている。戦後日本の平和と繁栄を築いてきたのは、様々な要因と共に平和憲法があるためでもあった。この憲法を守り抜き、平和社会実現に向けて推進してゆく事は、アジア侵略戦争によって周辺諸国に甚大な被害を与えた日本の責務でもある。安倍政権の「戦争可能国家建設」策動は何としても食い止めねばならない。

 5月3日(木)、心配された雨は早朝に止むも強風が吹く有明防災公園で、実行委員会主催による憲法集会が開催され、6万人の市民が参加した。プレイベントのライブコンサートのあと最初に司会に立った古今亭菊千代さんは開口一番「安倍にも負けず風にも負けず」と、今日の天気をもじって見せた。

■□ 朝鮮半島非核化のためには日本も非核化を!

5月3日 有明防災公園に6万人が結集 実行委員会の高田健さんは開会あいさつで安倍政権の国政私物化を批判。「憲政史上最低最悪」であると糾弾し、改憲策動を「私たちの力で阻止する以外にない」と訴えた。

 落合恵子さんは「公文書の改ざんも隠ぺいも何でもやる、やらないのは福祉と平和といのちのための対策」と安倍内閣を指弾。「抗うことは生きている証しであり誇りである、生きる姿勢であり思想である」と訴えた。

 和光大学教授の竹信三恵子さん、室蘭工業大学の清末愛砂さんに続き、憲法学者で一橋大学名誉教授の山内敏弘さんが登壇した。山内さんは「平和憲法施行から71年間、日本は平和であった。それにもかかわらず安倍首相が改憲を策動している。今現在でも軍事に対する国民の統制は効いていない」と語り改憲阻止を訴えた。また、朝鮮半島の非核化と南北和解に向けた動きについて「積極的に支持し推進すべきである。圧力一辺倒の安倍はカヤの外にいる。朝鮮半島が非核化するためには日本も完全に非核化すべきである。アメリカの核の傘から離脱し核兵器禁止条約に加盟しよう」と訴えた。

 各政党からのあいさつに移り、立憲民主党の枝野幸男さんは「内閣総理大臣は憲法で限定された権力を預かっている。選挙に勝ったから何をやってもいいというのは正当な権力ではない」と安倍政権の不当性を訴えた。民進党代表の大塚耕平さん、日本共産党委員長の志位和夫さん、社民党党首の又市征治さんらがあいさつし、自由党よりのメッセージが読み上げられた。

■□ 権力は沖縄の盛り上がる闘いに恐怖している

5月3日 有明防災公園に6万人が結集 菱山南帆子さんのリードでコール、おしどりマコ・ケンさんのスピーチと歌につづき、沖縄平和センター議長の山城博治さんが、壇上に立ち発言した。「あのように人のいのちもくらしも全く省みない政治家になって私利私欲にまみれるような男に私たちのいのちとくらしを託すわけにはいかない」と語り、4月23日~28日まで1週間、全国から500~700も結集した人々の座り込みの報告を行なった。また報告の中で高里鈴代さんが機動隊によって肋骨を4本と鎖骨を骨折させられた事が紹介された。負傷者は他にもおり、また逮捕者も5名出た。「権力は今、沖縄の盛り上がる闘いに恐怖しております。この兇悪極まるファシスト軍事政権、安倍を倒そう!」と訴え「今こそ起ち上がろう」「座りこめここへ」を絶叫した。

■□ 福島被災者、在日コリアンたちとともに

5月3日 有明防災公園に6万人が結集 続いて福島原発告訴団団長の武藤類子さんが登壇し裁判の進行状況を報告した。この裁判は東電幹部に対する刑事告訴を検察が断念したのに対して市民による検察審査会によって告訴させたもの。しかし現在、裁判では傍聴者に対して異常なほど厳重な身体検査が行われている。武藤さんは公正な裁判を求める署名を呼びかけた。

 高校生平和大使の活動報告、道徳教育への問題提起に続いて朝鮮高校生の合唱団が登壇。差別を排した平等な教育の権利、民族教育の権利を求めて訴えた裁判敗訴の報告を行なった。「なぜこんなにも差別を受け続けなければならないのでしょうか。民族教育が否定され、朝鮮人として堂々と生きる権利をまたも奪われました」と訴える子どもたちの声に、私たちは応えていかなければならない。

 朝鮮の童謡『故郷の春』と沖縄の『花』が女声三部合唱で披露された。武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表杉原浩治さんは安倍政権による武器輸出の実態を告発し、とりわけミサイル開発を行なう三菱に対する「三菱電機不買」、軍用輸送機を戦争当事国に売る「川崎重工への不買」を呼びかけた。ホームレス支援のNPO法人「TENOHASHI」は生活支援の実態、また子ども食堂を運営している中から見えてくるこどもの貧困の実態を訴えた。

 日本労働弁護団事務局長の岡田俊宏弁護士からは安倍政権の「働き方改革」の問題点が指摘され、「これは過労死促進法である」と告発した。「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一3000万署名」の中間報告があり、4月末までに1千350万筆を超えたことが報告された。

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合の諏訪原健さんからの連帯のあいさつのあと、実行委員会の福山真劫さんから、本日の集会参加者数は6万人、また全国250カ所で集会が行われていることが報告された。

「コモンズ」118号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. わたしはどうやって変わることができたか

    2018-7-28

    青年たちは今(4)わたしはどうやって変わることができたか/原田和泉

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  2. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  3. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  4. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…
  5. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  2. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  3. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  4. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  5. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る