大阪広域協4人組 組織の異常性と違法性

停滞する大阪・兵庫・和歌山地区の生コン業界と
順調にすすむ滋賀・京都・奈良地区の生コン業界との違い明確に

連帯広報部からの報告より

 「今回(4月18日)の政策懇談会では、近畿各地の生コン業界の再建状況や18春闘の状況などが報告されるなか、利権まみれで強欲な、大阪広域生コンクリート協同組合(大阪広域協組)の地神秀治副理事長、大山正芳副理事長、矢倉完治副理事長、木村貴洋理事長、いわゆる4人組による大阪・兵庫の生コン業界乗っ取りの実態が浮かび上がりました。

 和歌山の生コン業界では、大阪広域協組4人組と和歌山県広域生コンクリート協同組合(和歌山広域協組)の丸山克也代表理事や在特会関連の差別排外主義者集団との圧力で、従来の枠組みが破壊されつつあり、そのため生コンクリートの価格改定=適正化が頓挫しています。

 その一方で、従来どおり関西地区生コン支部(関生支部)など関西生コン関連労組連合会(労組連合会)との円満な労使関係を堅持し、大阪広域協組4人組や和歌山広域協組丸山克也、在特会関連の差別排外主義者集団などの策動と闘っている地区では生コンクリートの価格改定が順調にすすみ、相互扶助精神の力で業界再建に弾みをつけていることなどが明らかにされました。」

在特会の摘発を報じる新聞全国紙にも在特会=異常集団との認識広まる
 四月下旬、朝日・毎日などの各氏が一斉に、在特会京都市部長が20付けで在宅起訴されたと大々的に報じた。これまでの朝鮮初中級学校への恫喝、インターネットでの誹謗中傷を続ける同組織の異常な犯罪集団ぶりが明らかになった。

「コモンズ」118号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019.5.25国会包囲
     5月25日(土)、2月の沖縄県民投票以来最初の全国的集会が全国で開催され、全国32都道府県38…
  2. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …
  3. 2019大阪・中ノ島メーデー
    天皇即位反対大阪集会も同日開催 リレートークで盛り上がり  5月1日大阪13時小雨の中、大阪市…
  4. 2019日比谷メーデー
     安倍政権による差別的政策はあまりにもあからさまで目を覆うばかりである。没落の道をたどる日本資本主義…
  5. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
    「天皇代替わり」攻撃に抗し全国各地で第90回メーデー挙行! 社会の主権者は労働者民衆自身である。[…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る