焦点は洞爺湖ではなく民衆の対抗行動にあった

巨大資本の利益に従属するG8サミットには解決の能力はない。
世界の人々と共に開催された反G8行動は多くの収穫を得て終了した

洞爺湖サミット
7月5日6時
サミットを問う集会

 5千人デモのあと、夕方6時より「G8サミットを問う集会」がG8サミットを問う連絡会・国際民衆連帯ワーキンググループの主催により札幌エルプラザ・ホールに約300人を集めて開催された。
 フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウスのウォールデン・ベローさんは農業破壊や環境破壊、金融危機を引き起こしてきた新自由主義政策に対してG8サミットが何の問題解決にもならず逆に危機を加速している事を指摘し、これを最後のサミットとしようと訴えた。
 第三世界債務帳消し委員会のスジョバン・ダールさんはサブプライム・ローン問題によって、食料・石油に大量の資金が向かっていること、新自由主義政策の推進によってこの10年間、インドで10万人以上の農民が自殺した事実、経済成長によっても雇用が伸びない事実をあげ、これを変えなければならないと訴えた。
 その他、香港、アフリカなどの参加者からも多くの発言があった。

7月6日
自由貿易と食糧危機

 脱WTO/FTA草の根キャンペーン実行委員会主催で12時30分より札幌エルプラザ環境研修室で「自由貿易が食糧・環境危機を招く」をテーマに国際シンポジウムが開かれた。韓国の農民組合19人が入国拒否された影響がここでも表れた。シンポジウムではタイ農民の苦境、中国の食糧事情、またインドでの農民の自殺率の高さなどが紹介され、食糧の自由貿易が引き起こす深刻な問題が話し合われた。
 その他のイベントとしては、朝10時から大通公園において「国際民衆連帯イベント」があり、韓国民主労総の4人は入管で足止めされている4名の仲間の即時入国を要求して座り込みを行った。
 パレスチナ連帯・札幌の主催による「反サミット・反植民地主義フォーラム 世界の民衆が友になるために―ユーラシアの東端アイヌモシリから考える」のテーマで札幌市教育文化会館でイベント。
 アタックジャパンは夜7時と9時とに分けて国際金融取引の問題、及び、公共サービスの問題のふたつのテーマについて追究した。

7月7~8日
平和イベントの終了

 翌7日、みどり関西の主催による神戸市民環境サミットの報告会、農民運動全国連合会主催による「飢餓・食糧危機セミナー」などのあと、3時からは国際民衆連帯ワーキンググループの主催によるアジア社会運動団体のデモが札幌大通公園において催された。そして翌日、クロージングセミナーで終了。
 膨大な浪費を伴い憎悪に囲まれたG8サミットよりも、我々の平和のイベントの方が、はるかに大きな収穫を得た事を確信できるものであった。

「コモンズ」2号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集い

    2018-5-22

    4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集いが盛況

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  2. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  3. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  4. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…
  5. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  2. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  3. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  4. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  5. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る