条例もアセスも約束もすべて無視して藻場を破壊する安倍政権/伊波洋一

伊波洋一さん

関連記事目次
6・8 沖縄意見広告運動 関西報告集会
6・10 沖縄意見広告運動 関東報告集会
新基地建設阻止へ、しなやかにしたたかに闘おう/稲嶺進
11月知事選勝利で新基地建設はストップする/安次富浩
・条例もアセスも約束もすべて無視して藻場を破壊/伊波洋一 ←今ここ

伊波洋一さん(参議院議員、沖縄意見広告全国世話人)

 政府は海草の生育する藻場のエリアに土砂を入れようとしている。今日の新聞によると、防衛省は高さ10メートルほどの護岸を造ろうとしている。その程度の高さでは、高波が来れば埋め立ての土砂が外洋に出ていく可能性があると専門家が指摘している。

 埋立ての審査には「赤土流出防止条例」に基づいて政府は届け出をしなければならない。そのための話し合いが始まっている。防衛省は藻場を可能な限り残すために移設するとのべている。その藻場の生育はジュゴンをはじめ多くの海洋生物にとって重要であり、辺野古沿岸だけでなく北部海域全体の生態系を支えている。

 防衛省は「代替施設への移動はできるだけ藻場の消失を少なくするように計画している」と答え、移設先も指定している。ところがその藻場の移設は護岸工事完成後だと言う。防衛省は藻場の上に土砂を投入し、海草を潰そうとしているのだ。ジュゴンとそのエサ場である海草藻場を保護する気などないのだ。これが今の日本政府の態度である。私たちはこのような政府を絶対に許してはならない。藻場を守り、サンゴを守る運動をつくりあげていこう。

防衛省が約束もアセスも無視しし、何の対策もしないで埋めようとしている辺野古最大の藻場
「コモンズ」120号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る