条例もアセスも約束もすべて無視して藻場を破壊する安倍政権/伊波洋一

伊波洋一さん

関連記事目次
6・8 沖縄意見広告運動 関西報告集会
6・10 沖縄意見広告運動 関東報告集会
新基地建設阻止へ、しなやかにしたたかに闘おう/稲嶺進
11月知事選勝利で新基地建設はストップする/安次富浩
・条例もアセスも約束もすべて無視して藻場を破壊/伊波洋一 ←今ここ

伊波洋一さん(参議院議員、沖縄意見広告全国世話人)

 政府は海草の生育する藻場のエリアに土砂を入れようとしている。今日の新聞によると、防衛省は高さ10メートルほどの護岸を造ろうとしている。その程度の高さでは、高波が来れば埋め立ての土砂が外洋に出ていく可能性があると専門家が指摘している。

 埋立ての審査には「赤土流出防止条例」に基づいて政府は届け出をしなければならない。そのための話し合いが始まっている。防衛省は藻場を可能な限り残すために移設するとのべている。その藻場の生育はジュゴンをはじめ多くの海洋生物にとって重要であり、辺野古沿岸だけでなく北部海域全体の生態系を支えている。

 防衛省は「代替施設への移動はできるだけ藻場の消失を少なくするように計画している」と答え、移設先も指定している。ところがその藻場の移設は護岸工事完成後だと言う。防衛省は藻場の上に土砂を投入し、海草を潰そうとしているのだ。ジュゴンとそのエサ場である海草藻場を保護する気などないのだ。これが今の日本政府の態度である。私たちはこのような政府を絶対に許してはならない。藻場を守り、サンゴを守る運動をつくりあげていこう。

防衛省が約束もアセスも無視しし、何の対策もしないで埋めようとしている辺野古最大の藻場
「コモンズ」120号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る