南北・朝米首脳会談の歴史的拡がり(上)/山元一英

kim&trump
 ながらく全港湾大阪支部書記長~委員長として労働運動を、さらに日韓平和運動においても主導的活動を続けてこられた同支部顧問山元一英氏。現況の南北・朝米会談にまで行き着いた経緯を振り返り、同氏目線で捉えたこれら会談の意義と今後への所感を2回に分け掲載します。

緊急所感
 日韓平和連帯共同代表
 全港湾労組大阪支部顧問 山元一英

1.4・27南北/6・12米朝、両首脳会談の意義をどう捉えるか 

山元一英さん 米ソの冷戦体制が崩壊し、最後の冷戦構造にあった朝鮮半島の南北分断、新たな戦争の脅威であった米朝対立が解消し、北東アジアに平和体制が構築される意義は大きいと言えます。
 南北分断から南北の平和統一へ、朝鮮戦争・休戦協定から戦争終結・平和協定へと平和の流れが形成されようとしています。戦後世界史の大転換を期する出来事と言えるでしょう。

 この様な大きな成果をもたらせたのは、日本では朝鮮への制裁・圧力が功を奏したとの評価がなされていますが、決してそうではありません。
 一昨年の韓国におけるキャンドル革命は、朝鮮敵視政策を進める朴槿恵大統領を弾劾し、南北融和・「太陽政策」をとる文在寅大統領を誕生させました。
 そして今年に入り、平昌冬季オリンピックでの南北融和の前進、4・27南北首脳会談の成功を経て6・12米朝首脳会談の開催へとつなげました。

 韓国の文在寅政権が果たした役割こそが、評価されなければなりません。
 4・27「板門店宣言」では、朝鮮半島の非核化、朝鮮戦争の終結、南北相互訪問、共同連絡事務所の開設、離散家族対面の再開、敵対行為の中止等で合意されました。
 同じ民族の分断に終止符を打つべく、南北の平和統一の道が切り開かれました。
 とりわけ東北アジアの平和勢力にとっては、朝鮮戦争の終結と軍事的緊張の根源となる敵対行為(米韓合同軍事演習)の全面中止は、戦争ではなく平和を築く上での大きな合意事項といえます。

 そして、史上初の6・12米朝首脳会談が開催され、「共同声明」が発せられました。 
 「共同声明」では、敵対関係を克服(米韓軍事演習の中止)し、新たな米朝関係の確立、持続的で安定した平和体制(朝鮮戦争の終結と平和協定締結)を築く努力、板門店宣言を再確認し、朝鮮半島における完全非核化の努力、米軍兵士の遺骨の収集の4点で合意されました。

 その後、南北では6月14日「南北将軍級軍事会談」、16日「南北体育会談」、22日「南北赤十字会談」が持たれ、民族の和解と団結、平和と統一に向けた取り組みが進められています。
 また、米国は6月19日「8月米韓合同軍事演習」の中止を決定、トランプ大統領は20日「朝鮮戦争戦死者遺骨200体の返還を受けた」ことを明らかにしました。
 また同日、朝鮮は「西海衛星発射場(ミサイルエンジン試験場)」を廃棄することを表明しました。
 このように、南北、米朝間の対話は着実に進展しており、日本での報道が皆無なのが心配の種です。(次号に続く

「コモンズ」120号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍靖国参拝

    2017-6-22

    連載】現在に生き続ける植民地主義<第8回>最終回・脱植民地化へ

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  2. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  3. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  4. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…
  5. 3・21さようなら原発全国集会に1万人
     3月21日、東京代々木公園において、「さような原発全国集会」が開催され、約1万人が参加した。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る