青年たちは今(4)わたしはどうやって変わることができたか/原田和泉

わたしはどうやって変わることができたか

「選択する自由に甘んじるな」との恩師の言葉

 自由という言葉には、二つの意味がある。それは選択する自由と作り出す自由だ。与えられている選択肢からどれかを選ぶ自由と、選択肢そのものを一から作り出す自由とも言い換えられるだろう。高校の時の恩師は私に、「選択する自由に甘んずるな」と繰り返し言っていた。

 この社会で多種多様なものを与えられ続けている私たち若者。大量生産・大量消費社会の中で、私たちの手の届く選択肢はあらゆる分野で豊富になった。趣味に注ぎ込む大金がなかったとしても、ネットさえできれば、動画、アニメ、ゲームなどの楽しい娯楽が溢れている。超高級デパートには行けなかったとしても、安くてデザインのいい洋服はたくさんある。外国で豪遊できなかったとしても、有名な観光地の写真を見て楽しむことはできるし、高級グルメじゃなくてもそれなりに美味しいものを食べることはできる。安くて簡単に手に入る選択肢が多すぎて、選択肢を一から作り出そうなんて発想がそもそもない。消費者としての態度に慣れきっている。

 私は大学で、管理強化や競争原理の安易な導入、福利厚生の切り捨てといった大学当局の方針に反対する学生運動をしている。しかし、こういった運動をしていると、「自分のいる大学が気に入らないなら、他の大学に行けばいいじゃん。」と学生から言われる。私たちは学費という代金を払って、授業と単位=大卒?という資格を買う消費者である。気に入らないなら、そんな商品を買わなければいい。根底にあるのは、そんな意識なのだろう。

 大学を作っていくのは私たちだ、未来を作っていくのは私たち若者だ、そんな意識は毛頭ないのだ。だからといって彼、彼女らを責める気にはなれない。だって、そうやって育ってきたのだから。選択肢が多様であるがゆえに、自らの置かれている状況が「作り出す自由を奪われた、不自由な状態」ということに気づかない。それは不思議なことではないだろう。私だってそうだった。冒頭の恩師の言葉も、高校の時の私には半分もわかっていなかった。

 消費者であることに慣れきっていた私は、どうやって変わることができたのだろう。月並みだけど人との関係によるところが大きいと思う。

「女の子」的なものの強要に反発して

 小さい頃から、なんとなく生きにくいなとずっと思ってきた。「女の子は乱暴な言葉遣いするな」とか言われて、反発してむしろ乱暴な言葉を使っていた。この社会では家庭で料理をしているのは女性の方が多いはずなのに、有名なコックさんはたいてい男性だった。まわりの友達を見る限り、ピアノを習っているのは男の子よりも女の子の方が多いはずなのに、音楽室に飾られている音楽家の肖像画には一人も女性はいなかった。

男性目線の「女の子」的なものの強要

ネットに溢れて消費されていく
男性的価値観による「おんなの子」らしさ

 お兄ちゃんは勉強ができることを誉められていて、私も同じくらい学校の成績はよかったのに、「目がぱっちりしていてかわいいね」と誉められていた。そういうものが全部大嫌いで、「女の子」的なものを嫌悪するようになって、おしゃれに興味がある女の子って思われないようにお兄ちゃんのお下がりばかり着ていた。

 テレビで初めて「性同一性障害」という単語を聞いたとき、自分は「性同一性障害」なのではないかと思った。いや、正確に言うと、私は「性同一性障害」になりたかった。「性同一性障害」であるなら、堂々と自分の女性性嫌いを正当化できると感じた。今ではこの時抱いた私の考えは、トランスジェンダーについての知識も理解も完全に欠如しているし、トランスジェンダーであるがゆえに差別に直面している人たちには本当に失礼な考えだと反省しているけど、生きにくさの根幹を理解できていなかった小学生の私には自然な感想だったのかもしれない。

私の生きにくさは女性差別の問題だった

 今ならわかる、私の生きにくさは女性差別の問題なのだということを。女性に対する蔑視を内面化した私は、蔑視されないために「名誉男性」になろうとしたことや社会から押し付けられる「女性」という役割だったのだということを嫌悪した。男の子になりたかったのではなくて、一人の人間として認められたかったのだ

 大学に入って、寮の先輩と話す中で、私は「男性中心主義社会」や「女性差別」について考えるようになった。しかし、女性差別という単語で私の生きにくさを把握できるようになってから、私は以前よりも更に生きにくくなった。

 今までは意識してなかった女性差別が目につくようになったからだ。友達の発言、歌の歌詞、テレビの世界観、ネットに溢れる言説、今までならなんてこともなく、聞き流していたそれらの根底にある女性差別に気がつくようになり、四六時中苦しい思いをするようになった。私には逃げ場がなかった。この社会を気に入らないから、他の選択肢を探そうと考えたところで女性差別的じゃない社会など存在しないから。

この社会を変えてやるという視点を持てたことが
生きにくさからのコペルニクス的転回だった

LGBTパレード 生きることが更に辛くなった私に救いだったのは、自分がこの社会を変えてやるのだという視点を持てたことだった。若い世代の代表を気取るつもりはないけれど、でもやっぱり、真面目で、遠慮がちで、自分がこれからの社会を作っていけるなんておこがましいと思っている若い世代の一人である私には、これはコペルニクス的転回だった。

 まさに天変地異だった。私に社会が変えられるかもしれない、ろくでもない社会は私たちの手で塗り替えていくしかない、そう思えるようになったのは、一緒に考えて議論していける仲間がいたからだ。そんな人たちとの関係で私自身が変われたのだから、一緒になにかを作っていくことだって、できるはずだと思えたことがほんとうに大きかった。

 一人でいろんな社会問題や差別と闘いながら生きている人はすごいと思う。私にはきっと無理だった。でも、私たち若い世代は、分断されきっていてなかなか繋がれない。小さい頃からの受験戦争。大きくなってからは就活。コミュニティの欠如。自己責任論がまかり通り、競争主義が幅を効かせている中で、共同性を育む時間も場所もない。

 そして、やっとたどり着いた運動の現場にすら、共同性を育む場所はあまりない。主体性と共同性を発揮できるはずの運動の場でさえ、若い人は少なく、若い子としてちやほやされる代わりに一人前扱いしてもらえなかったり、先輩の活動家にこき使われてすり減っていったりする。問題意識を持っていても、既存の運動体に違和感を持つ若い人はたくさんいる。

若い世代には言いたい、もっと繋がるべきだよと

-大量生産・大量消費の選ぶ自由じゃなく創り出す自由を一緒に

わたしはどうやって変わることができたか ジェンダー 昔学生運動をしてきた世代の人たちによく、「なんで最近の若者は声をあげないんだ」と言われる。あるいは、「若い世代は僕たち世代の希望だ」とも言われる。

 「正直、うるせえよ」って思う。高度経済成長なんて知らなくて、9.11や3.11が起きた後に社会について考え始めた私たちの世代は、混迷とした社会しか知らない。世の中がよくなるなんて展望を抱けないし、ましてや自分の力で世の中をよくできるなんて思えない。声をあげろというほうが無理のある話だろ、そんな風に言い返したくなる。

 先輩方には言いたい。私たちが希望というのなら、若い世代が共同性を育める場所を作ってくれと。それを社会から奪っていったのは先輩方の世代ではないかと。労働組合だって協同組合だって、そこで若い世代がなにかを創り出してこそ、初めて真の力を発揮できるはずだ。

 若い世代には言いたい、もっと繋がるべきだよと。繋がりを作っていく場は、学生自治会かもしれないし、シェアハウスかもしれないし、みんなでやる勉強会かもしれない。あるいは働き始めてからは労働組合や協同組合かもしれない。そして、大量生産・大量消費の選ぶ自由じゃなくて、創り出す自由を一緒に行使していこう。

(編集部注――タイトル、太字、画像、中見出しは編集部の責任でつけています)

「コモンズ」120号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
  2. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017年衆議院選 新潟野党結集

    2017-12-25

    選挙分析】農村部の動きをどうみるか? 農村部でリベラル・革新が互角でたたかえる条件はそろっている

20181121コモンズ号外発行

最近の記事

  1. 季刊『変革のアソシエ』No.34号 発行
    ネット販売:アマゾン書店/セブンイレブン/ローソン/楽天ブックス/紀伊国屋書店/honto/DMM/…
  2. 映評『1987 ある闘いの真実』
     いま韓国映画が熱い! この紙面でも1980年の光州蜂起を民衆の眼を通して見た作品『タクシー運転手―…
  3. 『歌集・内灘』(芦田高子)
    「内灘闘争」は、日本初の米軍基地を民衆の手で撤去させた闘いの先駆である。1953年、石川県金沢の内灘…
  4. 伊勢暴動
    地租改悪に怒る民衆、明治政府屈服させる 「竹槍デドント突キ出ス二分五厘」 受刑者5万超す大争乱 …
  5. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
    緊急!東京でも抗議集会の開催が決定!賛同人も募集中! 【号外目次】 ・11・21連帯ユニオン関生…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

12月
15
14:00 第30回多田謡子反権力人権賞受賞... @ 連合会館
第30回多田謡子反権力人権賞受賞... @ 連合会館
12月 15 @ 14:00 – 19:00
第30回多田謡子反権力人権賞受賞発表会 @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
32年前に夭折した多田謡子弁護士の友人たちが運営している多田謡子反権力人権基金が、第30回反権力人権賞受賞発表会を開きます。 多田基金の詳細は http://tadayoko.net  受賞者の皆さんをお迎えして、12月15日(土)、東京・連合会館において受賞発表会を開催します。受賞者の方々には講演をお願いしています。参加費は無料です。本年も多数の皆さんのご参加をお待ちしております。 14時 発表会 17時 パーティ どちらも参加費無料。 【受賞発表会】 ■ 日時:2018年12月15日(土)14時~17時 ■ 会場:連合会館4階402号室にて  例年と同会場ですがフロアは4階です。ご注意ください。  東京都千代田区神田駿河台3-2-11 (TEL03-3253-1771)  JR御茶ノ水駅より徒歩7分  http://tadayoko.net/etc/rengokaikan.html 【受賞者を囲むパーティー】  受賞発表会の終了後、引き続き同じ会場で、17時から19時をめどに、受賞者を囲んで懇親会を開催します。参加費は無料です。パーティーのみのご参加も歓迎いたします。 【受賞された方々】 2018年10月下旬の運営委員会において、10団体・個人の推薦候補者の中から下記の方々が第30回受賞者に決定されました。受賞者の方々には12月15日(土)の受賞発表会で講演していただき、多田謡子の著作「私の敵が見えてきた」ならびに賞金20万円が贈呈されます。 ● パレスチナBDS民族評議会 (パレスチナにおける超党派市民運動) ● 優生手術に対する謝罪を求める会 (優生保護法による強制不妊手術に対する謝罪要求) ● 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 (弾圧に抗し生コン労働者の生活と権利を守る闘い) 第30回多田謡子反権力人権賞受賞者選考理由 ● パレスチナBDS民族評議会 (パレスチナにおける超党派市民運動)  パレスチナBDS民族評議会は、2005年、170以上のパレスチナの市民団体が連名で、イスラエルに対するボイコット(Boycott)、資本引き揚げ(Divestment)、制裁(Sanctions)を求める呼びかけを行ったことを契機に生まれました。(1)占領の終結、(2)イスラエルのパレスチナ市民に対する差別政策の中止、(3)パレスチナ難民の帰還権の承認、という国際法上の義務をイスラエルが履行するまで、圧力をかけ続けることを世界に呼びかけています。 現在、パレスチナのNGOや労働組合、農業組合、女性団体など、29の団体がメンバーとなり、イスラエル入植地からの工場撤退、占領加担企業に対する投資や契約の中止など、数々の成果を上げています。また、BDSの呼びかけに応えて、多くのアーティストや研究者が、イスラエルでの公演やイベント出席をキャンセルしています。  日本でも、2017年と18年に銀座三越と大丸東京店で入植地産ワインのイベント販売を中止させるなど、連帯する闘いが始まり、BDS japan 準備会が設立されました。BDS運動への敵対を強めるイスラエル政府、イスラエルと関係を深める安倍政権を許さず、日本の地で連帯して闘う意思を込めて、パレスチナBDS民族評議会に多田謡子反権力人権賞を贈ります。 ● 優生手術に対する謝罪を求める会 (優生保護法による強制不妊手術に対する謝罪要求) 「優生手術に対する謝罪を求める会」は、1997年、優生保護法や母子保健法に取り組んできた女性グループ、障害者団体、研究者などが集まり、発足しました。その前年、優生保護法から「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」という目的と優生的な条項が削除され母体保護法へ改定されました。「不良な子孫」とレッテルを貼られた人たちは、本人が納得してないのに、不妊手術(優生手術)をされました。心身に傷を負わせ、子どものいる人生の選択を奪うという著しい人権侵害に対し、国は何もせず、「当時は合法であり、すでに法改正はなされている」という態度をとり続けてきたのです。 「求める会」はホットラインを開設し被害者の声に耳を傾け、名乗り出た勇気ある当事者女性と共に、国による謝罪を求めて、厚生省交渉、国会議員への働きかけ、国際機関への訴え、集会の開催などを長年、続けてきました。  声を上げてきた唯一の女性のことを、新聞報道で知った別の女性が、2018年1月に国を提訴。問題は大きく広がり、被害回復のための法律が検討されるところまで来ました。  長年にわたる地道な闘いの積み重ねによって、国家犯罪とも言える人権侵害を明るみにし、被害者の人権回復をめざす「優生手術に対する謝罪を求める会」に多田謡子反権力人権賞を贈ります。 ● 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 (弾圧に抗し生コン労働者の生活と権利を守る闘い)  全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の武建一執行委員長はじめ26名に対する4次にわたる逮捕起訴は、日本の産業別労働運動を牽引してきた関生支部と、中小企業である生コン業者が組織した協同組合の活動をつぶすための悪辣な弾圧です。この数年間、滋賀の湖東生コン協同組合は、共同受任・共同販売事業によって、優位に立つゼネコンに対して対等かつ適正価格での取引を実現し、生コンの品質も確保されてきました。関西地区において、関生支部は組合員の雇用と労働条件確保のため、中小企業者と労働組合の連携によるゼネコン・大手生コンとの闘いを作り上げてきたのです。  ゼネコンに対する湖東協組からの生コン購入を求める働きかけを恐喝未遂、大手生コン等に対する関生支部のストライキ闘争を強要未遂・威力業務妨害とする今回の弾圧は、1980年代、大槻文平日経連会長の「関生型労働運動は絶対に箱根の山を越させない」との号令で行われた刑事弾圧と比べても、戦争体制構築に向かう国家権力の意思をよりあからさまにしています。大政翼賛の大阪広域協組やレイシスト集団の警察と一体になった行動は、国家に逆らう者は許さないという弾圧の端的な証左です。関生支部を支え、ともに闘う決意を込めて多田謡子反権力人権賞を贈ります。
18:30 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許... @ 日本教育会館
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許... @ 日本教育会館
12月 15 @ 18:30 – 20:30
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生/かんなま)は、産業別労働組合として、生コン労働者の権利と生活を守る闘いを続けるとともに、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止などの闘争を積極的に行っています。加えて近畿生コン関係の中小企業と連帯し、生コン業界の民主化、健全化にも取り組み実績を上げています。  これに対して、差別排外主義者集団が暴力的ヘイト攻撃を加え、大阪府警・京都府警・滋賀県警は、関生の委員長、書記長、執行委員等を次々に逮捕・勾留し、家宅捜索をくり返し、大勢の組合員の事情聴取を行い圧力をかけ、組合つぶしの大弾圧を行っています。これらは、正当で合法的な労働運動に対する違法捜査・不当逮捕に他なりません。この弾圧は、政権および警察・検察が初の共謀罪適用を狙っているためと考えられています。  現在の関生への激しい弾圧をみると、次は別の労働組合へ、さらには平和運動や沖縄の基地反対、反原発などの市民・住民団体への弾圧につながるおそれが強いと思われます。これに対して、私たちは、関生支部のメンバーや弁護士を迎え、関係者の皆さんとともに、抗議と反撃のための緊急集会を開催します。大阪から発信されている「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!実行委員会への賛同の呼びかけ」を東京で広め、盛り立てる機運になることを願っています。  ぜひ、多くの皆さまがご参加され、状況をご理解いただき、行動を共にしていただけるよう、お願い致します。  ご参加が無理な方は、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同のご検討をお願いします。 ■ 日 時:2018年12月15日(土) 午後6時30分~8時30分(6時開場) ■ 会 場:日本教育会館・中会議室(7階)  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目6−2  地下鉄「神保町駅」(A1出口)下車徒歩3分  地下鉄「竹橋駅」(6番出口)下車徒歩7分  地下鉄「九段下駅」(6番出口)下車徒歩7分  JR総武線「水道橋駅」(西口出口)下車徒歩15分  地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/ ■ 参加費:500円 ーーー ■ 主な内容: ・講演「大弾圧といかに闘うか」  大口昭彦弁護士(救援連絡センター運営委員) ・連帯労組関西生コン支部からの報告 ・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(大阪)の報告 ・連帯発言(国会議員、市民団体、労働組合ほか) ーーー ■ 主催・問い合わせ先:  12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会  仮事務局:東京都中野区中野2-23-1-3F 協同センター・東京  Tel.03-5342-1395 Fax.03-6382-6538

特集(新着順)

  1. 12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会

    2018-12-6

    12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会

  2. あわじ寺子屋

    2018-12-5

    地域の力で子らに居場所を 新大阪・NPO あわじ寺子屋の奮闘

  3. 安倍総理を厳しい目で見つめる明仁天皇

    2018-12-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(4)/菅孝行(評論家) 第四回 二人の天皇と日本国憲法「緊急避難」か国是の指標か

  4. 米国への積み込みを待つ日本車―この風景がいつまで続くか?

    2018-11-28

    日米FTAの先にある、米国主導のブロック経済圏形成/大野和興

  5. 連帯

    2018-11-25

    「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同人募集!

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る