翁長知事の埋め立て承認撤回に呼応し、首相官邸前でも抗議の座り込み

7月30日、ついに辺野古埋立て承認撤回!
首相官邸前に抗議の座り込み

首相官邸前に抗議の座り込み
 7月27日、ついに翁長知事が辺野古埋立て承認の撤回を表明した。東京ではこれに呼応して、「辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会」(連絡先=沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)主催により、30日午後4時より、首相官邸前で座り込みと抗議行動を行なった。沖縄に心を寄せる大勢の市民が向い側の歩道一帯に座り込み、声をあげた。

埋め立て承認撤回に呼応し、首相官邸前でも抗議 沖縄環境ネットワークの花輪伸一さんは、ジュゴンのエサとなる海草藻場も、サンゴの移植の約束も踏みにじって土砂を埋め立てようとする防衛局のやり方を糾弾した。また滑走路周辺には高さ制限を超える建物がいくつもあって危険であると指摘し、ずさんな建設計画を批判した。
 九条こわすな実行委員会の高田健さんは、米軍基地の存在理由となっている朝鮮半島情勢について、平和のための条件である非核化は「北だけの非核化ではなく朝鮮半島全体の非核化が進められようとしている」と指摘し、実際にアフリカや中南米など世界中に「非核兵器地帯」が存在しており、朝鮮半島の非核地帯化も不可能ではないと語った。

 主催者は途中で、翁長知事の撤回に対する執行停止申し立てをしないよう求める申し入れを内閣府に行なった。
 集まった参加者の「私たちは翁長知事を支持するぞ!」「承認撤回断固支持するぞ」の声が官邸前一帯に鳴り響いた。

「コモンズ」121号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 中国を分け取りにする帝国主義列強

    2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る