近畿生コン関連団体 労使懇談会開催 労使共同で混乱の是正へ

和歌山の異常と連合会化進む滋賀
近畿生コン関連団体労使懇談会
 大阪兵庫生コン経営者会加盟企業~近畿一円の生コン関連団体による経営者側と、関西生コン関連労働組合連合会(労組連)による定例の近畿生コン関連団体労使懇談会が、6月15日大阪市西区川口の学働館・関生で開催された。この会合は関西での労使連携による貴重な産業意見交換の場となっている。

今号の関連記事
大阪広域協の手先・在トク幹部の渡辺容疑者が逮捕
・近畿生コン関連 労使懇談会開催 共同で混乱の是正へ←今ココ
社会資本政策研究会も要請活動を再開 産業意見を国政へ
トラック産業懇話会総会 労使双方で安心の業界環境を

 近畿地域では既報の通り、これまでの労使協調の路線を破壊する企てとして、在トク・ネオナチ集団を手兵に、各地域協組を暴力的に威嚇し解散を迫る大阪広域協の動きに対し、奈良・京都の各生コン協組(経営者側)からはこれに反撃して順調に値戻しが浸透との説明があった。

 次いで労組連の武議長から、他の地域でのその時点での動きでの以下の言及があり、経営側に強い懸念が表明された。

 「和歌山では、大阪広域協組4人組と和歌山広域協丸山が結託して業界に混乱をもたらし、連合会を休眠状態にした。和歌山中央協組は、本年4月から値上げを予定していたが思うように進んでいない。
 丸山は昨年、和歌山工組(生コンクリート工業組合)の理事長を解任されたにもかかわらず、工組加盟社に圧力をかけて強引に理事長職を取り戻し、何事もなかったかのように振る舞う異常事態だ。

 一方滋賀では、生コン値上げに成功。新価格18700円が浸透し、現在は連合会を構想するまでの段階にある。湖東協組においても新価格が定着しているが、共同輸送の実現に向けた取り組みを進めてねばならない

 現在の大阪広域協は、嫌々加入の社、価格が戻ったから良いと思っている社、この機会に関生支部がなくなればと思っている社に分類できる。
 いずれの企業も、4人組が倫理違反を繰り返し、相互扶助の原則を無視していることに目と耳をふさいでおり、許されるものではない」との警告があった。

「コモンズ」121号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  2. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  3. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  4. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…
  5. 3・21さようなら原発全国集会に1万人
     3月21日、東京代々木公園において、「さような原発全国集会」が開催され、約1万人が参加した。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る