コラム】「過激にして愛嬌あり」宮武外骨と滑稽新聞のこと

言論人・宮武外骨言論人 宮武外骨
大阪を拠点に反骨と野次馬精神と


 反骨精神に富み自らの新聞・雑誌で時の政治権力批判を行い発禁処分は数知れず。明治22年大日本帝国憲法と天皇をパロディ化して不敬罪で禁錮の実刑で投獄は4年弱に及ぶ。そんな脅威の新聞人・宮武外骨(がいこつ)の存在をぜひ、知って頂きたい。
 過激言論人にして風雲児の宮武外骨(1867~1955年)。香川県で生まれ農家を嫌い14歳で上京。若くして執筆活動に入り警察の腐敗・悪徳商人らを厳しく断罪。戦後もGHQに睨まれた。

宮武外骨の風刺画

明治天皇らしき骸骨が「頓智研法」を外骨に下げ渡す様子のブラックパロディ

 彼の刊行物で最著名の「滑稽新聞」は明治34(1901)年大阪で創刊した。ゆかりの地は、現在の学働館・関生から近く、西区土佐堀の交差点角に石碑と銘板が残る。(文末写真)
 外骨はここで、記事の大半を自ら記し「過激にして愛嬌あり」を看板に反権力かつ野次馬精神に溢れた紙面を作る。関西を主とする一般大衆からの大人気をさらった。

 「滑稽新聞」は最盛期8万部と言う、当時としては驚異の売れ行きで、1915年には衆議院に立候補し、当時の普通選挙以前での選挙精度を痛烈に批判。
 幸徳秋水ら社会主義者とも親交を結び、当時の特高から「特別要視察人」としてマークされた。

宮武外骨の石碑と銘板 宮武外骨の石碑と銘板

「コモンズ」122号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. ナ・ヤンイルさん

    2018-3-31

    安倍が煽る米朝戦争の危機を止めよう ー 2・24 平和集会での発言から

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る