コラム】「過激にして愛嬌あり」宮武外骨と滑稽新聞のこと

言論人・宮武外骨言論人 宮武外骨
大阪を拠点に反骨と野次馬精神と

 反骨精神に富み自らの新聞・雑誌で時の政治権力批判を行い発禁処分は数知れず。明治22年大日本帝国憲法と天皇をパロディ化して不敬罪で禁錮の実刑で投獄は4年弱に及ぶ。そんな脅威の新聞人・宮武外骨(がいこつ)の存在をぜひ、知って頂きたい。
 過激言論人にして風雲児の宮武外骨(1867~1955年)。香川県で生まれ農家を嫌い14歳で上京。若くして執筆活動に入り警察の腐敗・悪徳商人らを厳しく断罪。戦後もGHQに睨まれた。

宮武外骨の風刺画

明治天皇らしき骸骨が「頓智研法」を外骨に下げ渡す様子のブラックパロディ

 彼の刊行物で最著名の「滑稽新聞」は明治34(1901)年大阪で創刊した。ゆかりの地は、現在の学働館・関生から近く、西区土佐堀の交差点角に石碑と銘板が残る。(文末写真)
 外骨はここで、記事の大半を自ら記し「過激にして愛嬌あり」を看板に反権力かつ野次馬精神に溢れた紙面を作る。関西を主とする一般大衆からの大人気をさらった。

 「滑稽新聞」は最盛期8万部と言う、当時としては驚異の売れ行きで、1915年には衆議院に立候補し、当時の普通選挙以前での選挙制度を痛烈に批判。
 幸徳秋水ら社会主義者とも親交を結び、当時の特高から「特別要視察人」としてマークされた。

宮武外骨の石碑と銘板 宮武外骨の石碑と銘板


「コモンズ」122号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. マルゾッキさん講演風景

    2018-1-28

    東西で連続シンポ イタリア連帯思想とその実践に学ぶ 社会的連帯経済のネットワーク形成にむけて

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る