コラム】「過激にして愛嬌あり」宮武外骨と滑稽新聞のこと

言論人・宮武外骨言論人 宮武外骨
大阪を拠点に反骨と野次馬精神と


 反骨精神に富み自らの新聞・雑誌で時の政治権力批判を行い発禁処分は数知れず。明治22年大日本帝国憲法と天皇をパロディ化して不敬罪で禁錮の実刑で投獄は4年弱に及ぶ。そんな脅威の新聞人・宮武外骨(がいこつ)の存在をぜひ、知って頂きたい。
 過激言論人にして風雲児の宮武外骨(1867~1955年)。香川県で生まれ農家を嫌い14歳で上京。若くして執筆活動に入り警察の腐敗・悪徳商人らを厳しく断罪。戦後もGHQに睨まれた。

宮武外骨の風刺画

明治天皇らしき骸骨が「頓智研法」を外骨に下げ渡す様子のブラックパロディ

 彼の刊行物で最著名の「滑稽新聞」は明治34(1901)年大阪で創刊した。ゆかりの地は、現在の学働館・関生から近く、西区土佐堀の交差点角に石碑と銘板が残る。(文末写真)
 外骨はここで、記事の大半を自ら記し「過激にして愛嬌あり」を看板に反権力かつ野次馬精神に溢れた紙面を作る。関西を主とする一般大衆からの大人気をさらった。

 「滑稽新聞」は最盛期8万部と言う、当時としては驚異の売れ行きで、1915年には衆議院に立候補し、当時の普通選挙以前での選挙制度を痛烈に批判。
 幸徳秋水ら社会主義者とも親交を結び、当時の特高から「特別要視察人」としてマークされた。

宮武外骨の石碑と銘板 宮武外骨の石碑と銘板

宮武外骨伝 (河出文庫)
  • 吉野 孝雄
  • 価格   ¥ 1,026
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」122号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 砂川事件の再審請求後、記者会見する元被告の土屋源太郎さん(右)ら 6/17、東京・霞が関の司法記者クラブで

    2014-8-6

    汚染された砂川最高裁判決の 再審請求に起ち上がりました!/土屋源太郎

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る