私たちは一歩も引かない!/広瀬英司(連帯トラック労組委員長)

9・22集会 目次
主催者挨拶/樋口万浩さん(全港湾大阪執行委員長)
資本主義の根幹に触れる産業民主化闘争/武洋一(関生労組書記長)
・私たちは一歩も引かない!/広瀬英司(連帯トラック労組委員長)
弾圧の質が変わってきている/永嶋靖久(弁護士)
次々と続く連帯発言 弾圧が強まれば団結も強くなる!
考察】組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

私たちは一歩も引かない!
連帯トラック支部委員長 広瀬英司さん

 次に連帯トラック支部の広瀬委員長がMK運輸分会の1年9カ月にわたるストライキの報告を行なった。
 「MK運輸の経営者は組合を認めず、元やくざ、暴力団、さらにザイトク会まで雇い入れ、労働組合を排除しようとしている。ストライキは労働者の権利である。国家権力はさまざまな形で労働組合つぶしをおこなっている。今までは労働組合が職場で争議行為を行っても、警察は民事不介入の原則で手を出さなかったが、今はズケズケと介入し、申し入れや要請行動に対してまでも「強要」「脅迫未遂」とする。
 これは中央=安倍政権の意図であり、安倍が独裁政権に変わりつつあるということだ。関西では最前線で闘う関生支部を抑え込むことで、他の労働組合への見せしめにしようとしている、と述べ、広瀬委員長は最後に「このような攻撃を絶対許すわけにはいかない。何人逮捕されようとも、最後のひとりになっても闘い続ける。一歩も引かない! 私たちのこの闘いは、今ここに来ている全ての労働者、市民にかけられた闘いだと確認しよう」と力強く訴えた。(→事項へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る