私たちは一歩も引かない!/広瀬英司(連帯トラック労組委員長)

9・22集会 目次
主催者挨拶/樋口万浩さん(全港湾大阪執行委員長)
資本主義の根幹に触れる産業民主化闘争/武洋一(関生労組書記長)
・私たちは一歩も引かない!/広瀬英司(連帯トラック労組委員長)
弾圧の質が変わってきている/永嶋靖久(弁護士)
次々と続く連帯発言 弾圧が強まれば団結も強くなる!
考察】組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

私たちは一歩も引かない!
連帯トラック支部委員長 広瀬英司さん

 次に連帯トラック支部の広瀬委員長がMK運輸分会の1年9カ月にわたるストライキの報告を行なった。
 「MK運輸の経営者は組合を認めず、元やくざ、暴力団、さらにザイトク会まで雇い入れ、労働組合を排除しようとしている。ストライキは労働者の権利である。国家権力はさまざまな形で労働組合つぶしをおこなっている。今までは労働組合が職場で争議行為を行っても、警察は民事不介入の原則で手を出さなかったが、今はズケズケと介入し、申し入れや要請行動に対してまでも「強要」「脅迫未遂」とする。
 これは中央=安倍政権の意図であり、安倍が独裁政権に変わりつつあるということだ。関西では最前線で闘う関生支部を抑え込むことで、他の労働組合への見せしめにしようとしている、と述べ、広瀬委員長は最後に「このような攻撃を絶対許すわけにはいかない。何人逮捕されようとも、最後のひとりになっても闘い続ける。一歩も引かない! 私たちのこの闘いは、今ここに来ている全ての労働者、市民にかけられた闘いだと確認しよう」と力強く訴えた。(→事項へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 天皇・米長

    2018-10-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(2)/菅孝行(評論家) 第二回 「天皇の護憲」をどう考えるか

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 米国覆う医療の闇とキューバとの対比  カンヌ映画祭最高賞に輝くMムーア監督が…
  2. 大都市大阪で保険所をたった一ヶ所に  医療予算を毎年ここ20年にわたり10%削減して…
  3. 新型コロナ 今こそ労働組合が対応すべき  新型コロナに関わる労働相談が増えて…
  4. コメを待つ人にあじいるから配送コメと野菜でつながろう
    コメと野菜でつながろう!―コロナで飯が食えない人が増えている― ぜひ、ご一緒に …
  5. コメと野菜でつながろう
    食と農<キャンペーン新シリーズ> 「コメと野菜でつながろう!」と取り組んで見えてきた…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-6-19

    新型コロナ労働相談レポート/連帯労組関西・ゼネラル支部

  2. コメと野菜でつながろう

    2020-6-17

    コロナ下、社会の底辺から飢えが広がっている/大野和興

  3. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  4. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  5. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る