速報】関生労組が本年の「多田謡子反権力人権賞」を受賞!

関生労組が「多田謡子反権力人権賞」を受賞 今年の「多田謡子反権力人権賞」に、連帯労組関生支部が決定しました!
 同賞は29歳で亡くなられた弁護士多田謡子さんを記念して1989年に創設されたもので、毎年、多田さんのご命日である12月18日前後に、あらゆる権力に対して闘い、自由と人権を擁護するために活動したことが顕著な個人または団体に贈られる賞です。
 これをきっかけに、労組活動への弾圧に抗議する闘いがさらにいっそう評価され、全国へ拡がって行く契機になると思います。
 以下、運営選考委員会のサイトより紹介します。 

第30回「多田謡子反権力人権賞」受賞者の決定
多田謡子反権力人権基金運営委員会(2018/10/27)
http://tadayoko.net/kiroku/2018/2018osasoi.html

 2018年10月下旬の運営委員会において、10団体・個人の推薦候補者の中から下記の方々が第30回受賞者に決定されました。受賞者の方々には12月15日(土)の受賞発表会で講演していただき、多田謡子の著作「私の敵が見えてきた」ならびに賞金20万円が贈呈されます。なお、受賞者選考理由は別紙をご参照ください。

● パレスチナBDS民族評議会
(パレスチナにおける超党派市民運動)
● 優生手術に対する謝罪を求める会
(優生保護法による強制不妊手術に対する謝罪要求)

● 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
(弾圧に抗し生コン労働者の生活と権利を守る闘い)

受賞者選考理由
 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の武建一執行委員長はじめ26名に対する4次にわたる逮捕起訴は、日本の産業別労働運動を牽引してきた関生支部と、中小企業である生コン業者が組織した協同組合の活動をつぶすための悪辣な弾圧です。この数年間、滋賀の湖東生コン協同組合は、共同受任・共同販売事業によって、優位に立つゼネコンに対して対等かつ適正価格での取引を実現し、生コンの品質も確保されてきました。関西地区において、関生支部は組合員の雇用と労働条件確保のため、中小企業者と労働組合の連携によるゼネコン・大手生コンとの闘いを作り上げてきたのです。
 ゼネコンに対する湖東協組からの生コン購入を求める働きかけを恐喝未遂、大手生コン等に対する関生支部のストライキ闘争を強要未遂・威力業務妨害とする今回の弾圧は、1980年代、大槻文平日経連会長の「関生型労働運動は絶対に箱根の山を越させない」との号令で行われた刑事弾圧と比べても、戦争体制構築に向かう国家権力の意思をよりあからさまにしています。大政翼賛の大阪広域協組やレイシスト集団の警察と一体になった行動は、国家に逆らう者は許さないという弾圧の端的な証左です。関生支部を支え、ともに闘う決意を込めて多田謡子反権力人権賞を贈ります。

受賞発表会の開催
 受賞者の皆さんをお迎えして、12月15日(土)、東京・連合会館において受賞発表会を開催します。受賞者の方々には講演をお願いしています。参加費は無料です。本年も多数の皆さんのご参加をお待ちしております。

・2018年12月15日(土)午後2時~5時
・連合会館4階402号室にて →地図
 例年と同会場ですがフロアは4階です。ご注意ください。
 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 (TEL03-3253-1771)
 JR御茶ノ水駅より徒歩7分

受賞者を囲むパーティー
 受賞発表会の終了後、引き続き同じ会場で、午後5時から7時をめどに、受賞者を囲んで懇親会を開催します。参加費は無料です。パーティーのみのご参加も歓迎いたします。

多田謡子反権力人権基金について
http://tadayoko.net/etc/kikin.html
 本基金は、1986年12月18日、29歳の若さで夭折した弁護士・多田謡子さんを記念し、その遺志を将来に生かすために、謡子さんの遺産に有志のカンパを加えて、1989年6月13日設立されたものです。毎年、謡子さんの命日である12月18日前後に、国家権力をはじめとしたあらゆる権力に対して闘い、人権擁護に尽くした団体および個人を顕彰して賞金を贈呈するとともに、受賞者の講演会を開催して、人権擁護に関心ある人々と広く交流していくことを、主たる目的としています。
 …(中略)…
 多田謡子さんの弁護活動は人間味にあふれ、彼女と関わった多くの人々の信頼と共感を得ました。また、彼女の真撃な生き方は彼女の弁護活動をさらに魅力的なものにしていたのです。…彼女の志が私たちにとって普遍的な質を有するがゆえに、不正を憎み権力と闘う心ある人々の中に、必ず本基金は根づいてゆくことと思います。…多くの方々が多田謡子反権力人権賞の候補者を推薦して下さり、また本基金に御参加下さるよう心からお願いするものです。


「コモンズ」123号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. カタルーニャ市民を弾圧するスペイン機動隊

    2017-11-17

    カタルーニャ人民の自決権を踏みにじるスペイン政府

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る