4・21辺野古新基地建設NO!市民集会 オバマ大統領に異議申立て

4・21辺野古新基地建設NO!市民集会 4月 21日、東京御茶ノ水の連合会館2階大ホールにて平和フォーラム辺野古への基地建設を許さない実行委員会共催で「オバマ大統領に異議申立、辺野古新基地建設NO!市民集会」が開催された。沖縄からは沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さん、元宜野湾市長の伊波洋一さんのお二方が参加した。(伊波洋一さんのお話は4面に掲載しました。)

 近藤昭一衆議院議員の連帯のあいさつのあと、高野孟さんが安倍晋三首相がいかに防衛問題について無知であるかの説明をスクリーンを使って解説した。

 例えば安倍首相は集団的自衛権の具体的行使の例として、もしも中国から米本土に向けてミサイルが発射されたら、自衛隊がこれを迎撃すべきだという。しかし地球儀で見ればわかるように中国が米本土を狙えばミサイルは北極圏近くを通過するのであり、日本にはかすりもしないからそもそも撃ち落とすことなどできない。またミサイルを撃ち落とすだけの軍事技術を日本が現在持っているかも疑問である。

花輪伸一さん

花輪伸一さん


 最後にあいさつに立ったJUCON(沖縄のための日米市民ネットワーク)の花輪伸一さんは、米国ジュゴン裁判の報告をおこなった。これは以前米国に対して訴訟を起こし勝訴していたものだった。米国は政府や軍といえどもジュゴンのような稀少生物の保護に影響がある場合には環境破壊を行えない。民主党政権時代のあいだ、この訴訟は一時休止状態にあったが、安倍政権に変わり、建設工事が急ピッチで進められようとしている今、再度の訴訟が喫緊の課題となっており、いま差し止め訴訟の準備をしている事が報告された。
 そして最後に、来日するオバマ大統領あてに、辺野古基地建設の撤回を求める申し入れ文を確認した。

コモンズ71号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017-12-21

    ロヒンギャ問題の背景をさぐる -これは国家主導の人種差別政策・アパルトヘイトだ!

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る