書評『歌集・内灘』(芦田高子)復刻版 基地撤去「内灘闘争」を詠む

『歌集・内灘』(芦田高子)

『歌集・内灘』北國新聞社; 新装版

 「内灘闘争」は、日本初の米軍基地を民衆の手で撤去させた闘いの先駆である。
 1953年、石川県金沢の内灘砂丘を接収・米軍砲弾試射場にした政府の計画に怒った村人や労組員が抵抗する中、6月に射撃訓練が始まるとこれに抗して村民7百人が着弾地の権現森に昼夜座り込む。4年にわたる熾烈な「基地撤去闘争」の始まりだ。

 座り込みの中心になったのが「おかか様」と呼ばれる漁師の母親たち。間近に着弾する砲声轟く砂丘に夜通し「おかか」たちは、互いを励まし泣きながら歌声を上げた。ただ一つ<安心の暮らし>のみ求め…歌集表紙に、赤子を抱えて乳を与えている若い「おかか」の写真が胸を突く。
 そこに村者ではない歌人芦田高子が、死も覚悟しつ彼女たちと座り込みながら歌を詠み、内灘の闘いを広く世界に知らしめるもう一つの闘いを担った。

・午前九時試射始まれど射程延長させじと主婦ら座してゆるがず
・砲弾に射たれ死なんといへる老婆の言終わらぬにみな声あげて泣く

闘争の真っただ中に身を置き民衆に寄り添い紡がれたこれら言葉こそ、沖縄辺野古の闘いの今につながる。

歌集 内灘
  • 芦田 高子
  • 価格   ¥ 864
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」124号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 密談中の安倍

    2017-6-26

    公安情報を握り、操る、安倍官邸 秘密国家化する日本 ー監視して暴く、逮捕状を握り潰し事件をもみ消す、私的な会話も筒抜け

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019.5.25国会包囲
     5月25日(土)、2月の沖縄県民投票以来最初の全国的集会が全国で開催され、全国32都道府県38…
  2. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …
  3. 2019大阪・中ノ島メーデー
    天皇即位反対大阪集会も同日開催 リレートークで盛り上がり  5月1日大阪13時小雨の中、大阪市…
  4. 2019日比谷メーデー
     安倍政権による差別的政策はあまりにもあからさまで目を覆うばかりである。没落の道をたどる日本資本主義…
  5. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
    「天皇代替わり」攻撃に抗し全国各地で第90回メーデー挙行! 社会の主権者は労働者民衆自身である。[…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る