書評『歌集・内灘』(芦田高子)復刻版 基地撤去「内灘闘争」を詠む

『歌集・内灘』(芦田高子)

『歌集・内灘』北國新聞社; 新装版

 「内灘闘争」は、日本初の米軍基地を民衆の手で撤去させた闘いの先駆である。
 1953年、石川県金沢の内灘砂丘を接収・米軍砲弾試射場にした政府の計画に怒った村人や労組員が抵抗する中、6月に射撃訓練が始まるとこれに抗して村民7百人が着弾地の権現森に昼夜座り込む。4年にわたる熾烈な「基地撤去闘争」の始まりだ。

 座り込みの中心になったのが「おかか様」と呼ばれる漁師の母親たち。間近に着弾する砲声轟く砂丘に夜通し「おかか」たちは、互いを励まし泣きながら歌声を上げた。ただ一つ<安心の暮らし>のみ求め…歌集表紙に、赤子を抱えて乳を与えている若い「おかか」の写真が胸を突く。
 そこに村者ではない歌人芦田高子が、死も覚悟しつ彼女たちと座り込みながら歌を詠み、内灘の闘いを広く世界に知らしめるもう一つの闘いを担った。

・午前九時試射始まれど射程延長させじと主婦ら座してゆるがず
・砲弾に射たれ死なんといへる老婆の言終わらぬにみな声あげて泣く

闘争の真っただ中に身を置き民衆に寄り添い紡がれたこれら言葉こそ、沖縄辺野古の闘いの今につながる。

歌集 内灘
  • 芦田 高子
  • 価格   ¥ 864
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」124号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 辺野古の工事はほとんど進んでいない

    2018-3-21

    名護市長選挙中間総括とこれからの闘い 選挙結果は新基地容認を意味しない 辺野古に基地は造れない!

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る