書評『歌集・内灘』(芦田高子)復刻版 基地撤去「内灘闘争」を詠む

『歌集・内灘』(芦田高子)

『歌集・内灘』北國新聞社; 新装版

 「内灘闘争」は、日本初の米軍基地を民衆の手で撤去させた闘いの先駆である。
 1953年、石川県金沢の内灘砂丘を接収・米軍砲弾試射場にした政府の計画に怒った村人や労組員が抵抗する中、6月に射撃訓練が始まるとこれに抗して村民7百人が着弾地の権現森に昼夜座り込む。4年にわたる熾烈な「基地撤去闘争」の始まりだ。

 座り込みの中心になったのが「おかか様」と呼ばれる漁師の母親たち。間近に着弾する砲声轟く砂丘に夜通し「おかか」たちは、互いを励まし泣きながら歌声を上げた。ただ一つ<安心の暮らし>のみ求め…歌集表紙に、赤子を抱えて乳を与えている若い「おかか」の写真が胸を突く。
 そこに村者ではない歌人芦田高子が、死も覚悟しつ彼女たちと座り込みながら歌を詠み、内灘の闘いを広く世界に知らしめるもう一つの闘いを担った。

・午前九時試射始まれど射程延長させじと主婦ら座してゆるがず
・砲弾に射たれ死なんといへる老婆の言終わらぬにみな声あげて泣く

闘争の真っただ中に身を置き民衆に寄り添い紡がれたこれら言葉こそ、沖縄辺野古の闘いの今につながる。

歌集 内灘
  • 芦田 高子
  • 価格   ¥ 864
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」124号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会
    新年を迎えて、辺野古新基地建設反対闘争はいよいよ正念場である。昨年の県知事選挙では、故翁長知事の遺志…
  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー
    目次 はじめに – 「革命21」第7回総会を開催 1.私たちは今、どのような世界・歴史を生きてい…
  3. 大口昭彦弁護士
    裏切りと分断を強制する司法に負けず一致団結して闘おう  大勢の皆さんが詰めかけてくださって心強く思…
  4. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
     12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会(「共謀罪」適用の始まりだ)が、12月…
  5. 武洋一さん
    洋一書記長から関生支部への支援・連帯への感謝と 不屈の闘いに向かうメッセージ  連帯労組関西生コ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  3. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  4. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  5. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る