入管法改正が強行採決 ― 許すな!21世紀の産業奴隷制

外国人労働者への人権侵害…アベノミクスの正規就労破壊の末に
 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案が自民・公明の与党と日本維新の会などの多数の横暴な力で可決された。衆院法務委員会でも与党は、野党の反対を押し切り強行採決をしたが、審議時間は実質たった13時間に過ぎない。

 今回の施策は日本の労働事情でありながら、その影響は日本だけに止まらない。外国から労働者が、さらにはその家族が大量に入ってくると言う事への備えが、我々コミュニティに出来ているとは到底思えない。韓半島の人々を殺害せよと公然と街中で叫ぶ在特会・レイシストどもの跋扈するこの国ではだ!

■ 日本政府自体がもはやブラック!技能実習生の惨状

 体制翼賛マスコミは野党に対案を出せとすごむだけで本質は伝えない。悪名高い技能実習制度は1993年に開始され、名目上は途上国の人々が日本の進んだ技術を学んで自国の産業の発展に役立てることを目的としているのだが…。この国会会期中暴かれた技能実習生の惨状は、まさに痛ましい。技能実習生で来日した外国人は何と年間7千人もが失踪している。生活のままならない彼らが故国に戻った節はない。大半が日本の闇の世界に呑み込まれる。

 これは将来の社会の不安定化につながりかねない危ない状況だ。「地域社会に大きな影響を及ぼす事態を見すえ、受け入れるなら既に入ってきている外国人の技能実習生の賃金や労働条件の実態をきちんと把握し、彼らの人権と処遇を改善した上で、新たな労働者の受け入れと共生・定住のための制度設計を綿密に行うべきだ」とする野党側の主張にこそ理がある。

■ アベノミクスの正規就労破壊の末に

 少子化と若者の非正規化が進む現代。「きつい (Kitsui) 」「汚い (Kitanai) 」「危険 (Kiken) 」のいわゆる3K仕事と呼ばれる過酷な現場で働くことを忌避する青年が日本でも増えた。その結果、いわゆる単純労働といわれる分野の多くで慢性的人手不足が続く。

 アベノミクスによって根こそぎ中産階級が破壊され、ほぼ半数が非正規が占める歪んだ経済構造の結果、時間給のわずかでも良い目先の仕事口を求める…さらにいくつもの職を掛け持ちするあくなき職業流動化により、地味かつ人気薄の産業では深刻な人手不足が常態化する。人を雇いたくても雇えない…背に腹の最終策としていきおい不法就労の外国人に頼らざるを得なくなるという皮肉な結果が引き起こされている。

■ 外国人就労、今や128万人

 帝国データバンクによれば、2017年度の人手不足倒産は初めて100件を越え、2013年度から約3倍もの増だ。これら産業のすそ野である建設・農業・、サービスなど労働集約型の中小では今や慢性的となった人手不足の状態にはもはや歯止めはなく、その欠落部を無理からに補おうとして外国人労働者就労が急増している現状だ。2017年暮れ厚生労働省はその数を128万人と発表、過去最大となった。

 かかる現状に対する自公政権の狙いはずばり、3K仕事に対応する21世紀の産業奴隷をわが国に連れて来ようと言う主張に他ならない。いわば日本政府自体がブラック企業化し、日本に幻想を抱く貧困国の若者の青春や命、その家族の希望まで吸い尽くそうとするおぞましい精神による空っぽな法案でしかない。これを許してはならない。
 すでに実習生や留学生の労働力を当てにしていること自体が、日本特有の異常現象である。全ての日本の市民の覚醒が今こそ求められる。

「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る