EU「不寛容」へ転換…2018会議最大のテーマは難民・移民問題

EU旗 今年6月28日に開催されたEU各国首脳サミットの最大テーマが、実に難民・移民問題であった。

 EU委員会や欧州議会におけるこれまで主要な論調とは、特にドイツに代表される難民・移民への寛容政策を押し広げ、「難民割当て」に抵抗する東欧の旧社会主義国への門戸開放を促し、欧州全体で難民・移民の波を吸収しようと言うものだった。
 だが最新のフランス・イタリア・オーストリアなど欧州中核各国の政権交代劇で従来、比較的寛容であった難民・移民政策が大転換された。
 これら周辺中核各国の離反と反発で、難民・移民の受け入れで寛容政策を旗印にしていたドイツの政権内部からも難民・移民政策にブレーキをかけよとの強い声が上がった。「寛容政策」を継続すれば、同国の政権そのものが崩壊するとの危機に見舞われたのだ。
 ドイツの主柱であるメルケルの党首辞任表明にまで移民寛容策は追い詰められ、大量難民への態度は「寛容」から「不寛容」更には「敵視」への道へ、大きく歴史の針は振れた。

国境を越える難民…手配する存在

中東難民 東地中海から船に乗り、またセルビア、ハンガリーを越えて陸路で、大量の難民・移民がEU域内に押し寄せたあの2015年の記憶は新しい。同年だけで、100万人を超える難民・移民がEU域内に流入した。

 これには米国のG・ソロスら国際金融グローバリストの暗躍説もある。難民のためのNGO団体が裏で手引きし、リビア・シリアなど内戦状態の収まる気配を見せない回教国から大量脱出(エクソダス)させるなどの国際的手配師の存在がそれで、ソロスが多額の金銭援助を行っているとされている

 ある日突然、異文化異宗教のコミュニティが、従来の欧州コミュニティの中に割り込み生まれたとすれば、それは偏狭な愛国主義とも断じられない普通の反発だとして、排外的な感情を隠さない市民が出て来るのが自然なのかも知れない。そこにネオナチ・右翼レイシストがつけこみ、差別排外主義へと問題を捻じ曲げることで、事態をよりいっそう困難なものにしてしまった。

 2015年9月にハンガリーはセルビア国境を封鎖し、鉄条網で国境線を囲んだ。これに対しEUは、ハンガリーの国境遮断を暴挙として非難し、難民収容所などの設置を中世への逆行だと同国政府を批判したのだが…それからわずか3年。EU諸国はこのように大きく変容した。
 何とか水際で押し帰したい…こんな本音がEUの至る所、理念と現実のはざまで噴出している。

今号の関連記事
入管法改正が強行採決 ― 許すな!21世紀の産業奴隷制
EU「不寛容」へ転換…2018会議最大のテーマは難民・移民問題
米移民政策の変遷からみるトランプ移民政策の攻撃的性格

「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 韓国キャンドル革命

    2018-4-23

    朝鮮半島と東アジア ― 現在そしてこれからをどうみるか

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る