全仏で「イエローベスト運動」が10万の警察官と対決

フランス・イエローベスト
 フランスのパリで数週間にわたって続いているマクロン大統領に対する抗議デモ「黄色いベスト」の参加者は、警察と激しく衝突している。デモが始まってから3度目の週末にあたる12月1日(現地時間)には、パリの凱旋門付近で激しいデモが起き、警察は暴徒鎮圧用の装備と催涙ガスで対抗した。これを受け、マクロン大統領はフィリップ首相にデモ代表者らと協議を行うよう指示した。
 このデモはフランス各地で11月17日に始まって以来、ベルギーやイタリアにも広まっている。ほとんどの場所では、道をふさいだり、平和的な行進が主だが、パリのデモは先鋭拡大化している。(パリ/ロイター報道より)

●彼らは何者か?
 「黄色いベスト」運動は、ディーゼル燃料に対する課税がその原因となって、ガソリン価格が上昇していることへの抗議。デモ参加者は、緊急用に車両への搭載が義務づけられている「黄色いベスト」を増税の影響を受けるドライバーの象徴として着用。運動はSNSを通じて全国に広がり、週を追うごとに激化。「黄色いベスト」は政党の一部ではないが、その自然発生的な怒りは燃料価格の問題を越え、労働法改悪など富裕層優遇の新自由主義的なフランス政府全体へと広がる。

●フランス政府がついに屈服
 フィリップ首相は12月4日、テレビを通じて演説し、来年1月1日に予定していた燃料税引き上げを6カ月延期すると発表した。また、電気・ガス料金の値上げも「冬の間は凍結する」と表明した。さらにデモ側がこの措置を「不十分」として抗議行動の継続を表明すると、翌5日、フィリップ首相は下院で「(来年の予算案での)燃料税引き上げは断念する」と表明した。だがデモ参加者は増税の最終的な放棄を要求。その不満は今やマクロン政権自体に向いており、デモが沈静化に向かうかは不明だ。

●マクロン大統領支持率が急落
 12月4日に発表された世論調査によると、マクロン大統領とフィリップ首相の支持率が最低を更新した。それによると、マクロン大統領の支持率は23%と、先月の調査から6%ポイント低下。フィリップ首相の支持率は10ポイント低下し26%となった。

「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 第54回関生支部定期大会

    2018-11-13

    大津警察留置所よりの武委員長の定期大会への挨拶

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る