書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン

よむ 『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン
「水」大国・日本に迫る最大の危機

書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン 人類文明の歴史は、水をどうやって得るか、どうやって使うかの歴史だった…命の水をキーワードに世界の歴史を眺めなおした一書だ。
 世界各地の社会制度や政治、経済、産業など文明をかたどるモノとは何かをさぐり、それこそ水だとのあっけない結論が示されている。

 中でも11章~12章…米国における水の歴史はこの著の重要部で、この国のステートしての多様性を説明するのに便利でもある。
 新生独立国家米国は、広大な国土のそれぞれの条件に合わせ、ある時は中国の大運河方式、また欧州型資本市場方式で、さらには古代中東の中央集権方式で対応していく。それまで5000年の人類と水の歴史を、まっさらな新天地で「おさらい」してみせるかのように。

フーバーダムの功罪

フーバーダム 1936年に竣工したフーバーダムは、その建設によって上流域の米国では灌漑農業を行うことが可能となったが、下流域のメキシコで塩害を発生させ、メキシコ政府や農民からの怨嗟と抗議の声にさらされた。
 ダムの建設によって、従来肥沃な土壌であった下流域に養分土壌が流れなくなり、農作物が育たなくなる。それは言われてみれば当たり前のことなのだが、ダム建設が下流域などに大きな悪影響になっていることにダム廃止運動の基点が見いだせる。

 雨と山林が豊富な「水大国」日本に住んでいると忘れがちなことだが、人類史における文明と経済システムの基底は、地域固有の「水」の条件によって形づくられ、国家の興亡、戦争の行方も「水」が決め手になっていたというこの驚くべき視点こそ、今、目先の利害だけで山河や農業を破壊し、水道システムが外国資本に売り渡され、「水大国」の地位が揺らごうとしている我が国には必須の書だ。


「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る