書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン

よむ 『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン
「水」大国・日本に迫る最大の危機

書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン 人類文明の歴史は、水をどうやって得るか、どうやって使うかの歴史だった…命の水をキーワードに世界の歴史を眺めなおした一書だ。
 世界各地の社会制度や政治、経済、産業など文明をかたどるモノとは何かをさぐり、それこそ水だとのあっけない結論が示されている。

 中でも11章~12章…米国における水の歴史はこの著の重要部で、この国のステートしての多様性を説明するのに便利でもある。
 新生独立国家米国は、広大な国土のそれぞれの条件に合わせ、ある時は中国の大運河方式、また欧州型資本市場方式で、さらには古代中東の中央集権方式で対応していく。それまで5000年の人類と水の歴史を、まっさらな新天地で「おさらい」してみせるかのように。

フーバーダムの功罪

フーバーダム 1936年に竣工したフーバーダムは、その建設によって上流域の米国では灌漑農業を行うことが可能となったが、下流域のメキシコで塩害を発生させ、メキシコ政府や農民からの怨嗟と抗議の声にさらされた。
 ダムの建設によって、従来肥沃な土壌であった下流域に養分土壌が流れなくなり、農作物が育たなくなる。それは言われてみれば当たり前のことなのだが、ダム建設が下流域などに大きな悪影響になっていることにダム廃止運動の基点が見いだせる。

 雨と山林が豊富な「水大国」日本に住んでいると忘れがちなことだが、人類史における文明と経済システムの基底は、地域固有の「水」の条件によって形づくられ、国家の興亡、戦争の行方も「水」が決め手になっていたというこの驚くべき視点こそ、今、目先の利害だけで山河や農業を破壊し、水道システムが外国資本に売り渡され、「水大国」の地位が揺らごうとしている我が国には必須の書だ。

「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 「働き方改革」

    2018-5-14

    安倍政権を追撃し「働き方改革」法案を廃案へ/仲村実

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る