書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン

よむ 『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン
「水」大国・日本に迫る最大の危機

書評『水が世界を支配する』スティーブン・ソロモン 人類文明の歴史は、水をどうやって得るか、どうやって使うかの歴史だった…命の水をキーワードに世界の歴史を眺めなおした一書だ。
 世界各地の社会制度や政治、経済、産業など文明をかたどるモノとは何かをさぐり、それこそ水だとのあっけない結論が示されている。

 中でも11章~12章…米国における水の歴史はこの著の重要部で、この国のステートしての多様性を説明するのに便利でもある。
 新生独立国家米国は、広大な国土のそれぞれの条件に合わせ、ある時は中国の大運河方式、また欧州型資本市場方式で、さらには古代中東の中央集権方式で対応していく。それまで5000年の人類と水の歴史を、まっさらな新天地で「おさらい」してみせるかのように。

フーバーダムの功罪

フーバーダム 1936年に竣工したフーバーダムは、その建設によって上流域の米国では灌漑農業を行うことが可能となったが、下流域のメキシコで塩害を発生させ、メキシコ政府や農民からの怨嗟と抗議の声にさらされた。
 ダムの建設によって、従来肥沃な土壌であった下流域に養分土壌が流れなくなり、農作物が育たなくなる。それは言われてみれば当たり前のことなのだが、ダム建設が下流域などに大きな悪影響になっていることにダム廃止運動の基点が見いだせる。

 雨と山林が豊富な「水大国」日本に住んでいると忘れがちなことだが、人類史における文明と経済システムの基底は、地域固有の「水」の条件によって形づくられ、国家の興亡、戦争の行方も「水」が決め手になっていたというこの驚くべき視点こそ、今、目先の利害だけで山河や農業を破壊し、水道システムが外国資本に売り渡され、「水大国」の地位が揺らごうとしている我が国には必須の書だ。

水が世界を支配する
  • スティーブン・ソロモン
  • 価格   ¥ 2,160
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」125号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017-12-26

    人民新聞社に弾圧 いいがかりの家宅捜索で編集長を逮捕

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会
    新年を迎えて、辺野古新基地建設反対闘争はいよいよ正念場である。昨年の県知事選挙では、故翁長知事の遺志…
  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー
    目次 はじめに – 「革命21」第7回総会を開催 1.私たちは今、どのような世界・歴史を生きてい…
  3. 大口昭彦弁護士
    裏切りと分断を強制する司法に負けず一致団結して闘おう  大勢の皆さんが詰めかけてくださって心強く思…
  4. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
     12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会(「共謀罪」適用の始まりだ)が、12月…
  5. 武洋一さん
    洋一書記長から関生支部への支援・連帯への感謝と 不屈の闘いに向かうメッセージ  連帯労組関西生コ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  2. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  3. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  4. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  5. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る