新年の闘いへの決意 絶対に負けられない2つの闘い/コモンズ編集委員会

大阪府警本部前に翻る連帯旗
年頭に当たって―――
日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時

 わたくしたちが戦略的運動環と握りしめ闘ってきた課題が正念場を迎えている。

 一つは、安倍政権が沖縄の圧倒的民意を無視し、辺野古新基地建設強行のため土砂投入を強行していること。この攻撃は、1879年の武力による琉球併合、戦後の沖縄を米軍に売り渡した1952年のサンフランシスコ講和条約発効、日米安保体制下で沖縄に米軍基地を強制する構造的差別の日本復帰に続く、第4の「琉球処分」に他ならない。

 もう一つは、連帯労組関生支部が、資本と権力による「共謀罪」先取り的大弾圧攻撃の真っ只中にあること。この攻撃は、安倍政権と経団連等の資本家階級にとってこの労働運動が「資本主義の根幹にかかわる」との階級的認識による国策弾圧である。

 安倍政権がいう「世界の真ん中で輝く日本」とは、米戦略に追随して戦後日本の「この国のかたち」を戦争のできる「軍事強国」へ―日本帝国主義国家体制の再編・強化を意味する。その実現のためには「沖縄の新時代」鮮明に真っ向勝負を挑む沖縄の民意・その自己決定権行使を植民地主義丸出しで踏みしだき、沖縄連帯を掲げ抵抗し産業と経済の民主化を志向しストライキで闘う労働組合は「共謀罪」を適用してでも叩き潰し、全国の抵抗勢力への見せしめとする。これが沖縄と関生労組に起こっている事態の本質である。

 肝心なことは、米国内・日本各地でうねりとなって起こっている「辺野古の海へ土砂投入をやめろ!」の声と行動、「労組への大弾圧を許さない!」の全国的拡がりを、「9条改憲許すな!」「安倍やめろ!」の大衆闘争の発展と結びつけ闘うことである。

 これら大衆闘争を基盤に大きな共同・協働を実現し、矛盾と孤立深めるトランプ・安倍両政権を追い詰め、改憲発議を、辺野古新基地建設を阻止しよう!朝鮮戦争終結へと向かう南北朝鮮・東アジアの労働者民衆と共に東アジアから米軍を撤退させていく闘いの新しい扉を開くなら、日本の軍事強国化を阻止し、東アジアに戦争でなく平和を創る日米安保破棄―対米隷従の戦後日本の「この国のかたち」を変える大きな展望も拓ける。新たな左派主体の核心はこの闘いの只中で形成されていくと確信する。

 「天皇の代替わり」と統一地方選・参院選の重なる歴史的節目となる2019年を安倍政権打倒の年にしよう!

(コモンズ編集委員会)

 新年の闘いへの連帯と決意とともに、ここに、8月末より獄中にある武建一関生支部委員長の年頭挨拶を掲載する。(次項


「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 卑劣な組合攻撃を許さない報告集会(東京)

    2018-3-18

    差別・排外集団を使った労組攻撃に負けず たたかい抜く連帯労組・関生支部 これは安倍政権の「働き方改革」-過労死・労組解体攻撃の先取りだ

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019.5.25国会包囲
     5月25日(土)、2月の沖縄県民投票以来最初の全国的集会が全国で開催され、全国32都道府県38…
  2. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …
  3. 2019大阪・中ノ島メーデー
    天皇即位反対大阪集会も同日開催 リレートークで盛り上がり  5月1日大阪13時小雨の中、大阪市…
  4. 2019日比谷メーデー
     安倍政権による差別的政策はあまりにもあからさまで目を覆うばかりである。没落の道をたどる日本資本主義…
  5. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
    「天皇代替わり」攻撃に抗し全国各地で第90回メーデー挙行! 社会の主権者は労働者民衆自身である。[…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る