12・8大阪集会に600名 関生弾圧はすべての闘う労組への弾圧

600人が結集し権力弾圧を弾劾
労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会
労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会
 一部既報の通り、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会」が大阪市中央区民センターで開催されました。会場内は600人以上の仲間が結集し、関西地区生コン支部(以下、関生支部)にかけられている権力弾圧を糾弾し、資本と権力が一体となった労働組合への弾圧に対して全力で闘うことを確認しました。

関生支部への大弾圧は、
すべての闘う労組への弾圧だ

全港湾大阪支部 樋口万浩執行委員長 集会は、司会者から本集会の目的と意義が述べられたあと、全港湾大阪支部 樋口万浩執行委員長は、「関生支部への大弾圧は、闘う労働組合すべてにかけられている弾圧だ。団結して闘うことによってはね返そう」と力強い発言の開会のことばで始まりました。

 次に、この間の関生支部に対する弾圧のDVD映像を鑑賞したあと、連帯ユニオン関生支部 坂田冬樹副執行委員長より、「関生支部は54年の歴史を積み重ねて、セメント・生コン産業のなかでその地位を築き、大手セメントやゼネコン主導型の業界を生コン中小企業の経営安定を図るため労組が協力・協同の産業政策運動を進め現在の安定を図ってきた時に必ず権力弾圧が起こる」と説明し、「私たちは歴史に学び権力弾圧に屈せず勝利まで闘う」と決意が表明されました。

大阪労働者弁護団からの報告
意気軒昂な武委員長のメッセージ

連帯ユニオン関生支部 坂田冬樹副執行委員長 続いて、大阪労働者弁護団代表幹事の森博行弁護士から、関生支部にかけられた刑事事件の経過説明を行い、「関生事件弁護団の裁判所・検察・警察に対してあらゆる法的な手続き(フルコース)を行い組合員の早期釈放を勝ち取るため奮闘している」と報告がありました。

 また、不当に長期勾留されている武建一執行委員長からの「メッセージ」を小田幸児弁護士が読み上げました(メッセージは、不当逮捕、長期勾留されていても何ら変わらず、意気軒昂な武委員長の姿がうかぶ内容です。詳細は機関紙等で紹介します)。

多くの仲間たちがかけつけ、
関生支部への連帯を表明

川口まゆみさん 川口真由美さんの歌と連帯メッセージでは、川口さんのリードで、会場に結集した仲間全員が歌い、連帯感が強まっていることが示されました。

 カンパ要請のあと、権力から弾圧をかけられ闘っている9団体の仲間から、この間の弾圧の経過報告と連帯して闘うことがアピールされ、会場は大いに盛り上がりました。

 全港湾大阪支部 小林勝彦書記長より、本集会のまとめと今後の行動提起があり、「滋賀県警・大阪府警による連帯労組関生支部弾圧を弾劾する12・8集会決議案」が提案されました。この集会決議案は、会場に参加した仲間全員の拍手によって、採択されました。

 最後に、司会者から閉会の言葉が述べられ、平和と民主主義をともにつくる会大阪 山川よしやす代表の「団結がんばろう!」で閉会となりました。

海外から続々と届く
国際的連帯のメッセージ

労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会 なお、国際連帯では、韓国からは、民主労総全国建設労働組合中央本部・全国民主労働組合総連盟全羅北道地域本部、フィリピンからは、フィリピン新民族主義者同盟・KMU(フィリピン労働運動センター)・ミグランテ日本支部、台湾からは労働人権協会から、資本と権力が一体となった関生支部の弾圧に連帯して闘う決議案やメッセージが届いています。

 全国から駆けつけてくれた闘う仲間のみなさん、ありがとうございます。お疲れさまでした。関西地区生コン支部は、みなさんの支援に元気と勇気をいただきました。国家的権力弾圧に怯まず、勝利するまで闘うことを誓います。引き続き、ご支援をお願いします。

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
(連帯広報委員会ウェブサイトより。中見出しはコモンズ編集部)



「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 第54回関生支部定期大会 武洋一書記長

    2018-11-12

    第54回 連帯労組・関生支部定期大会 大弾圧に揺らぐことない不動の確信、11月反転攻勢へ決意打ち固める

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る