12・15東京緊急集会に200名 これは共謀罪適用のはじまりだ

労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
 12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会(「共謀罪」適用の始まりだ)が、12月15日に日本教育会館(東京都千代田区)で開催されました。

国家的な大弾圧をはね返し
勝利することを確認


 連帯ユニオン関西地区生コン支部に対して空前の権力弾圧がしかけられていることに、関生支部だけの弾圧ではなく、労働者の権利を守るために闘う労働組合や反戦平和を掲げて運動する市民団体など、安倍政権に「NO!」といい行動する全ての仲間にかけられた弾圧という位置づけで本集会は開催されました。
 集会は、立場の違いをこえた総がかりでの団結と連帯をつくって、国家的な大弾圧をはね返し勝利することを確認して大成功を収めました。

武谷新吾書記次長

武谷新吾書記次長

関西地区生コン支部
武谷新吾書記次長


 司会者の挨拶から始まり、最初に関生支部 武谷新吾書記次長から、この間の弾圧の経過報告と、権力側の狙い、今後の運動方針などの発言がされました。また、不当に勾留されている武建一執行委員長はじめとする仲間のその場所での闘いなどの近況報告がありました。

労働組合つぶしの大弾圧許さない実行委員会
仲村実管理職ユニオン関西書記長

仲村実さん

仲村実さん

次に、関西労働組合つぶしの大弾圧許さない実行委員会 仲村実氏(管理職ユニオン関西書記長)から、関生支部の生コン産業における産別運動の成果がくわしく紹介され、関生支部の運動が前進すると権力弾圧がかけられることが述べられました。
 さらに、この弾圧は、関生支部だけにかけられているものではなく、原則で闘う労働組合や市民運動の全ての仲間に対する攻撃だと位置づけ、国内・海外の仲間と連帯して、この弾圧をはね返す運動を展開すると力強く発言されました。

 大口昭彦弁護士(関生支部 宝島裁判担当)からは、現在の司法の歪みを改める取組が重要だ。特に弾圧の刑事事件における、弁護活動のあり方を議論することが重要とのことが述べられました(詳細別項)。

川口まゆみさんの熱唱

川口まゆみさんの熱唱

歌で会場を盛り上げる
川口真由美さん


 この集会に参加するために急遽、川口真由美さんが駆けつけてくれて、「沖縄今こそ立ち上がろう」「人間の歌」「ケサラ」などすばらしい歌を披露してくれました。集会の参加者は、川口さんの歌にあわせて歌い、大いに盛り上がりました。

辺野古現地から
伊波洋一参議院議員

伊波洋一さん

伊波洋一さん

 連帯の挨拶では、この集会に参加するために、沖縄から急遽、飛行機に乗って駆けつけてくれた伊波洋一参議院議員から、「沖縄では、辺野古に土砂が搬入されるという暴挙に対して、法的な手続きで阻止する運動に取り組んでいる。関生支部への弾圧は、10年にわたる関生支部をはじめとした仲間と連携して取り組んでいる沖縄意見広告運動や日米安保条約破棄・全ての米軍基地撤去・反戦平和運動に影響を与えることが狙いのひとつにあるのではないか。長期勾留されている武委員長はじめ関生支部組合員は、勾留先で多くの書籍を読み学習していることを聞き、パワーアップして帰ってくることに期待している」と発言されました。

デマ・ヘイトと闘う仲間

沖縄への偏見をあおる放送を許さない市民有志 沖縄への偏見をあおる放送を許さない市民有志からは、「ニュース女子」の「沖縄基地反対運動特集」の放映に関し、「反省」と「お詫び」の見解を発表させた成果の報告があり、さらに地上波テレビからデマ・ヘイトを締め出す取組を強化して、個人の尊厳が尊重され、健全な議論が成り立つ社会をめざすと表明されました。

 のりこえねっとからは、レイシストと連携しているような政府を許さない闘いに挑むとの発言があり、その後、多くの闘う仲間の連帯の挨拶がありました。
 当日の会場では、多くの立ち見の参加者がおられるなど、大盛況でした。

(連帯広報委員会ウェブサイトより)


12・15東京緊急集会声明
労働組合つぶしの大弾圧を許さない!

 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生/かんなま)は、産業別労働組合として、生コン労働者の権利と生活を守る闘いを続けるとともに、近畿生コン関係の中小企業と協同組合を介して連帯し、生コン業界の民主化、健全化にも取り組み実績を上げています。さらに、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止、反ヘイト・反レイシズムなどの闘争を積極的に行っています。

 これに対して、差別排外主義者集団が暴力的ヘイト攻撃を加え、滋賀県警・大阪府警・京都府警は、関生の委員長、書記長、執行委員等を次々に逮捕・勾留し、家宅捜索をくり返し、大勢の組合員を事情聴取に呼び出して圧力をかけ、組合つぶしの大弾圧を行っています。これらは、正当で合法的な労働運動に対する違法捜査・不当逮捕に他なりません。この弾圧は、政権および警察・検察が初の共謀罪適用を狙っているためと考えられています。

 現在の関生への激しい弾圧をみると、次は別の労働組合や協同組合へ、さらには沖縄の基地反対闘争、平和運動や反原発などの市民、住民団体への弾圧につながるおそれが強いと思われます。そのため、私たちは、弾圧への抗議と反撃のために「12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会」を開催しました。

 この集会では、関生への弾圧に関する報告、大弾圧といかに闘うかについての講演、国会議員や学識者、労働組合、市民団体等からの発言がありました。
 これらの報告、講演、発言を受けて、私たちは、滋賀県警・大阪府警・京都府警による関生支部への弾圧に強く抗議し、執行委員長ら現在勾留されている全ての組合役員・組合員の釈放を強く求めます。また、共謀罪法(組織犯罪処罰法)の廃止も強く求めます。

2018年12月15日

労働組合つぶしの大弾圧を許さない!
12.15東京緊急集会・参加者一同


「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍政権退陣!10・19 国会議員会館前行動

    2018-11-18

    安倍政権退陣!10・19 国会議員会館前行動

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る