東京緊急集会での大口昭彦弁護士の発言(要旨)

裏切りと分断を強制する司法に負けず一致団結して闘おう
大口昭彦弁護士 大勢の皆さんが詰めかけてくださって心強く思っている。関東にあっても不当な大弾圧を粉砕してゆく第一歩になったのではないか。

 私は宝島社から出された悪質極まりない誹謗中傷への裁判を起こし、一瀬弁護士、坂田弁護士と3人で最高裁まで闘って勝利した。宝島の記事に対する闘争は関西生コンの闘争がどういうものなのか、それを妨害し破壊する勢力がどういうものかを如実に示すものであった。

 記事は「関西生コンは反社会勢力で山口組5代目と密接な関係があり、6代目勢力と抗争している云々」というもので、建交労はこの記事をコピーし大量にばらまくという悪質な宣伝をしてきた。真実が完全に隠ぺいし「暴力団と共に暴利を貪っている利権団体である」かのような宣伝をしている。

 関西生コンがゼネコンからの攻撃に苦しめられている中小企業を協同組合に組織し、大手資本と対抗している事、またシャブコンや過積載などに対して闘ってきたのに対して、警察、資本が一体となって弾圧してきた。また桜井誠、瀬戸弘幸などの札付きのレイシスト・反動勢力を手先に使いながら組織破壊をくり返している。

 中曽根によって国鉄再編、総評解体が進められた結果、再編された連合は今やあらゆる人民の闘いに敵対しているが、更に右翼的な労働戦線へと再編し完全な翼賛国家を造ろうとしている。今、関西生コンへの弾圧を見過ごし認めてしまったら、労働運動は息の根を止められるだろう。

 沖縄の高江ヘリパット弾圧で山城議長に不当判決が下されたが、あれは事実上の司法取引の結果だ。逮捕された3人のうちの1人が「山城さんがすべて指示した」と供述し、検察側証人として証言したため山城さんが有罪となった。証言した彼は山城さんを権力に売り渡すのとひき換えに刑を減免され、釈放された。

 このような取引はオウム事件の時などにも行われてきた。これが法制化し、弾圧手段として裏切りと分断を強制してゆくことになる。我々はこれに負けず一致団結して闘ってゆこう。関西生コンに連帯し共に闘ってゆく。

「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安保条約に署名する吉田茂

    2017-2-26

    現在に生き続ける植民地主義<連載第5回> 植民地主義的日米妥協へ

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る