対中「宣戦布告」はすでに8月に – トランプ軍産複合体と癒着

山岳秘密基地で2019国防権限法に署名し自慢げにかざすトランプ大統領

 今回の米国による対中国宣戦布告とも言える一連の政策打ち出しは、昨年2018年8月14日トランプが署名した2019NDAA(国防権限法)に既に詳細に暗示されていた。その中味は一言で集約すれば、軍産体制の再強化につながる処方集だ。国防権限法は今後の国防政策とそれに必要とされる予算の大枠を示したものだ。
 <米軍再建>を謳うトランプの強い意志で、戦費を含む予算総額は2018年度より170億ドルも多い約7170億ドル・79兆円余りとなった。世界覇権を渡さないとする米軍産複合集団。彼らの主敵は、はっきりと中国に定められた。  

米・国防予算白書で、中国との対決姿勢鮮明に
「中国企業の通信機器禁止」の底流

ペンス副大統領

2018年10月にあった米ペンス副大統領演説は、中国との冷戦開始を宣言したと世界から受け止められたいたが…現実に。

 世界のマスコミも、特にわが国のマスコミも専門家も見過ごした?(あるいは意識的に沈黙したか)、トランプ米国の重大な世界戦略の転換が昨年8月にあった事実はほとんど知られない。

 トランプと副大統領ペンスは、ニューヨーク州のフォート・ドラム基地(第10山岳師団)でこの日、侵略戦専門部隊である唯一の山岳軍将兵らの見守る前で2019NDAA(国防権限法)署名式を行った。
 トランプは例の自画自賛の演説で「ひどい予算削減の時代は終わり我われは今、これまでにない形で軍を再建している」と述べ、みずからの成果だと強調。軍産複合体との運命共同化たる身を露わにした。

 その2019国防権限法の中味だが、中国について、軍の近代化や強引な世界投資を通じて国際秩序を覆そうとしていると非難している。その対抗措置として中国への機密の漏えいを防ぐため、政府機関での中国の大手通信機器メーカーである華為(ファーウエイ)や中興通訊(ZTE)2社製品の使用の禁止。ほかに中国を念頭に海外からの投資の審査を強化する条項を盛り込み、かつてない中国への対決姿勢を露わにしたのだ。

 これは経済封鎖から始めようとする米国流の古典的手法だ。だが、企業名を挙げそれも一般の企業の名前を挙げて警戒するのは究めて異質で、トランプの数々の異常な言動に惑わされた感もあるが、12月の華為№2首脳逮捕に至る道筋はやはり既定のモノであったと見られる。

※2019年度NDAAでの中国関連部分について
1257~1258項 台湾の防衛力強化。台湾旅行法で今後高官レベルの交流を促進。軍事訓練も企図する。
1259項 中国のRIMPACへの参加禁止。
1260項 中国の産業スパイなどによる技術移転に注意。
1261項 中国共産党によるサイバー活動やハイブリッド戦術、メディア情報操作、文化的活動への注意と監視。  
1262項 南シナ海における中国の活動に関する報告の必要性。
…そして889項 HuaweiとZTEについて言及。→★HuaweiやZTEの製品を政府機関は使わないこと。
★これら企業の製品を使っている企業は米政府と取引できないことを意味する。まさにこれは世界企業各社への警告と恫喝だった。


「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 木下武男研究会代表と武建一委員長

    2018-9-29

    武建一委員長「関西生コン55年の到達点から見た今」を語る―「業種別職種別ユニオン運動」研究会講座

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る