よむ 書評『ウラミズモ奴隷選挙』『ひょうすべの国』

笙野ワールド・魂の連作
汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…
 
笙野頼子 追い詰められた存在がゆえ、その反撃は毒を持つ。…衰弱一方のこの日本に、女性表現者がますます過激に登場し始めて来た。その一人、笙野頼子の小説・随筆の中で噴出するエネルギーはすさまじい。

 読者からも、ずばり超ド級の傑作っぽいとか、過激な文体がニーチェ「道徳の系譜」を思わすとか、あの<家畜人ヤプー>世界に繋がるだとか、18禁だとか。さらには狂おし過ぎる孤立世界ゆえ一言で興醒めだとか…いわゆる毀誉褒貶が相半ばし、これほどまでに過度に集中する作家は最近稀だ。いわゆる論争の嵐なのだ。村上ワールドなど<僕もちょっぴり世界のコト考えてるし>的アリバイ表現を濫造する男性表現者はさぞすくんでいるだろう。

 2作は一連のもので、作中に出てくるにっぽんは、近未来の日本の姿であり、<ウラミズモ>はそこから独立した女性のみの国との設定だ。ダイバーシティとか両性の合意など、くそくらえのアンチロマンのメタワールドだ。
 書き方自体がワイドショーや週刊誌の文体っぽく(多分下衆受けを狙って?)エログロとフェミニズム臭のナンセンス小説は、実に書き手の勝手放題が極端に保証されたその臭みの空間こそ読者を選別してるのだろう。

 書名の「ひょうすべ」とは、恐るべき未来を支配する妖怪の名。「表現がすべて」の略語だ。
 米軍オスプレイ墜落を「不時着」、南スーダンの戦闘を「衝突」と言い換え本質を隠そうとする言葉のごまかしが横行する現状に対し、言葉によって同時代と向き合う彼女が怒りを込めて創作した妖怪なのだ。新年、怖いモノ見たさの人々に贈る書物ではある。


「コモンズ」126号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る