湖東協組事件公判・検察の「事件つくり」を追い詰める弁護団

検察でっち上げストーリー 証言の「嘘」に真っ向反撃
国を追い詰める連帯支援弁護団
湖東協組事件公判・検察の「事件つくり」を追い詰める弁護団
 一連の弾圧の発端となった湖東協組事件は、発注に関して協組の営業担当のささいな言葉尻をとらえ、それが建築主への協同組合からの「強要の未遂」にあたるとの事件にもならない言い掛かりをつけ、滋賀県湖東生コン協同組合幹部をその「共謀」で、さらにはその連座として同協組に「影響力を与えている」として連帯ユニオン関西生コン支部武委員長ほか数名の労組員まで不当に拘引されたものである。

 ほとんど事件性がないにもかかわらず長期勾留を強いられているいわゆる湖東協組事件だが、その第7回公判が1月28日大津市地裁であった。当日は、検察尋問で明かされた証人証言の矛盾点を突き、検察の思い描く事件づくりのストーリーの虚偽を根底からして覆す弁護団の奮闘が冴える法廷内容であった。また武委員長ほか労組員の同志たちは確固とした表情であり、法廷傍聴に訪れた多くの支援者の激励にしっかりと応えていた。

 公判は訴因の証拠調べとなり、検察側の証人が出廷。、検察側と弁護側、さらに裁判官がから尋問を受けた。それに対する弁護団の反対尋問では、検察側証人が証拠として提出したとされるノートの中身が、あとで記載したことはなぜか?との尋問に対して、証人はなんと「警察に言われて、思い出して書いた」と答え、まさに「事件つくり」が後付けでしかないことをさらけ出してしまったのだ。

 不当逮捕された各氏は警察署の取調室のような密室の場では完全黙秘を貫き、公開される裁判所の公判の中で権力側による虚偽を暴露し、堂々と無罪を勝ち取ることを目指すという闘いの方向性を示す公判であった。
 今後、2月7日に第8回、同21日に第9回の公判がいずれも大津地裁で行われる。その他、大阪威力業務妨害事件第1回公判が2月1日13:30~大阪地方裁判所(大法廷201)などが続く。

「コモンズ」127号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る