沖縄短信】シンポジウム「沖縄の闘いにどう応えるか」ほか

■辺野古座り込み闘争10年
 基地建設阻止へ「私たちは負けない」

沖縄辺野古2014年4月19日
 名護市の辺野古テント座り込みが4月19日で10年を迎え、集会と海上パレードが行われた。埋め立てが計画されている沖合までカヌーや漁船で航行し、辺野古の自然を守る意志を示した。ヘリ基地反対協議会の安次富浩さんはこの10年のあいだに他界した仲間をしのび、「彼らの思いを闘いに生かしていく。私たちは負けない」と誓った。

■シンポジウム「沖縄の問いにどう応えるか」
 安保、普天間を議論

 辺野古新基地建設について考えるシンポジウム「沖縄の問いにどう応えるか―東北アジアの平和と普天間・辺野古問題」(普天間・辺野古問題を考える会主催、法政大学沖縄文化研究所共催)が4月26日、東京都の法政大学薩埵ホールで開催された。作家の大江健三郎氏、オーストラリア国立大学名誉教授のガバン・マコーマック氏、琉球大学の我部政明教授が基調講演した。 大江氏は集団的自衛権の行使容認で民主主義を壊すことを今の内閣に許してはならないと語った。
 またガバン・マコーマック史は今年の初め、沖縄の新基地建設に反対の声明を出した。氏は、昨年1月、オール沖縄で建白書を提出しオスプレイ配備反対、基地移設の断念を求めた県民あげての行動は日本の近現代史に起こったことはないと述べた。

■沖縄タイムス、琉球新報両紙が沖縄意見広告運動を紹介

 稲嶺名護市長の訪米に合わせた意見広告掲載を、琉球新報と沖縄タイムスが5月2日朝刊で報じた。(クリックで拡大)

米紙Webへ辺野古反対意見広告2014.05.02沖縄タイムス  沖縄意見広告、米紙ウエブへ2014.05.02琉球新報

米ワシントンポスト紙電子版への意見広告掲載
沖縄意見広告運動サイトへ

コモンズ71号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 追い詰められた大広域協・在トク・ネオナチ集団

    2018-8-19

    大阪広域協の手先・在トク幹部の渡辺容疑者が逮捕さる 仮処分申請裁判も大阪広域協の全面敗訴が確定、社会問題に

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る