5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会
 今、関西に凄まじい権力犯罪が吹き荒れている。警察権力が企業協同組合の一部幹部と結託し、労働組合の正当な活動を妨害し、大弾圧を加えているのだ。ストライキを「威力業務妨害」と言いくるめ、委員長以下幹部を片っ端から逮捕。勾留期間は9ヶ月にのぼる。
 去る5月10日、これに抗議・反撃するべく立ち上がった関東の市民有志によって、東京水道橋のスペースたんぽぽにおいて、「これからが勝負だ!!労働組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会」が開催され約100人が結集した。
(報告・東京M)

関西生コン支部の青木さんご夫妻 この弾圧は一昨年、労組のストライキへの弾圧から始まっている。狙い撃ちされたのは全日建運輸連帯労働組合関西地区生コン支部。労働者の権利を求め、経営者の不正を許さず闘ってきたことで知られるこの労組に対する弾圧は異常なほどに凄まじい。
 集会は最初に沖縄意見広告運動全国世話人の花輪伸一さんの主催者あいさつの後、関西生コン支部の青木さんご夫妻からの報告が行われた。

組合活動は労働組合の正当な権利

青木健太郎さん(連帯労組関西地区生コン支部)

労組弾圧の実態

青木健太郎さん(連帯労組関西地区生コン支部) 関西生コンは仲間を見捨てない。一人のためにみんなが立ち上がる。企業の枠を超えた連帯をすぐ組織する。私たちは仲間がいじめられたら大きな声も出すし怒った顔もします。ところが相手はそういう部分ばっかり切り取った映像を流し「関西生コン労働者は犯罪者集団だ」というキャンペーンを繰り返しています。
 警察による「恐喝未遂」容疑の逮捕も全くの冤罪です。建設現場で法令違反があり、その善処を求めてビラを撒いて訴えただけで「恐喝未遂」をデッチ上げた逮捕です。
 これまでそれで述べ65人を逮捕、家宅捜索も120箇所以上です。しかも組合員への取り調べの中で、「組合をやめろ」「他の組合に移れ」などと脱退強要。家族のところにも押しかけていき、本人に自供させるように、組合をやめるようにと強要、脅迫を行なっている。長い人は9ヶ月以上も拘留されています。最近カルロス・ゴーンの長期拘留が話題になりましたが、そのはるか上を行く弾圧。口封じのための拘留です。

目的は組合つぶし

 なぜこのような事が起こったのか。その目的は大阪広域生コン協同組合による労組潰しです。
 発端となったのは私たちが生コン業界でゼネラルストライキを打ったからです。ストライキが始まった段階から大阪広域協組は「このストは違法だ」「犯罪集団関西生コンをこの業界から一掃する」と公言し、そのための資金を10億円用意した。足りなければもっと出すと言った。
 その資金で大勢の「やめ検」(元検察)弁護士を大勢雇い、生コン業界に向けて「なんでもいいから関西生コンを潰す材料を探してもってこい」と指示した。レイシスト集団を使って「関西生コン=犯罪集団」のレッテルを貼り、事実無根のデマ宣伝をさせた。
 それに便乗したのが警察です。その背景には大手資本がいる。労働組合の活動は法律でも保障されているにも関わらずそれを「恐喝未遂」や「威力業務妨害」とデッチ上げて逮捕する。

協組は約束を守れ!

 我々はなぜストライキをしたのか。それは下請けの運送会社の運賃引き上げを約束通り行うこと、業界の運営を民主的に行うことの2点を要求して行なったものです。
 生コン業界は中小零細企業の集まりです。各社とも、とりあえず目先の仕事が欲しいので、隣の工場よりも料金を安くして仕事をもらう。この「安売り競争」によってどの業者も全く利益が上がらなくなる。そうなれば企業は労働者の給料を下げようとします。
 労働組合はこれを許さず、バラバラに値下げ競争をしていた企業を一つの企業協同組合にまとめ、大手ゼネコン企業に対して生コン料金の値上げを要求させて行きました。これは労働組合の協力なしには成功しません。
 目先の利益を求めて競争していた時の生コン料金は1リューベ(立方メートル)あたり1万円でした。これでは赤字です。しかし2015年、労組が組織した協同組合の力で生コン料金を1万8千円に引き上げる事が出来ました。業界は、そうなったら労組にも利益を還元すると約束していましたが、今になってその約束を踏みにじっています。これが大阪広域協のやり方です。巨額の利益を上げているのに運賃の値上げに応じなかった。
 そこで労組は止むを得ずストライキ立ち上がったわけです。そうすると我々労組を「犯罪者集団」呼ばわりし、自分たちの利益を守るために警察にも介入させたというのが真相です。

次は市民活動弾圧へと拡がるだろう

 もう一つはコンプライアンス(法令遵守)の問題です。マンションや学校などの建設コストを下げるために手抜きをすれば危険です。ダイワハウスやレオパレスの手抜き工事が明らかになりましたが、そうしたことを防ぐため、安全安心のために、「法令を守ってくださいね」と訴えている。
 正当な労働組合活動ができなくなれば、憲法で保証されている労働者の権利が守れなくなります。このような弾圧は以前にもありましたが、今回ははるかに厳しい。このような弾圧を許しておけば、次は市民運動にも広がっていくでしょう。様々な団体を破壊して戦争のできる国づくりへ向かうことでしょう。

警察のひどい嫌がらせに怒りがわく

青木邦子さん(連帯労組関西地区生コン支部青年婦人部)

青木邦子さん(連帯労組関西地区生コン支部青年婦人部) 関西生コンには20人くらいは女性がいます。男社会の中で、女性組合員の声を反映して、59社中45社で生理休暇などを勝ち取りました。
 今回の弾圧には驚いた。早朝からガサ入れに来て、自分の部屋も片っ端から捜索し、メモ帳に「ストライキ」と書いてあっただけで持ち去って行った。
 警察の嫌がらせはひどく、街宣するたびに毎日警察署の前で免許証提示を求めてくる。刑事からは給料の内容まで聞かれる。
 委員長を含めいまだに8名が拘留されているが、体の悪い人にも配慮が無い。食事には髪の毛や石が入っている。
 何も悪いことをしていないのだから、絶対に無罪を勝ち取るためにこれからも闘ってゆく決意です。

週刊実話提訴-民事訴訟について

大口昭彦さん(弁護士・救援連絡センター)

大口昭彦さん(弁護士・救援連絡センター) 週刊実話は「ブラックマネー」という記事を3回書いた。そのあまりの酷さに対してこれを裁判に訴えることに決めた。
 この裁判の目的は、第一に、名誉毀損に対する司法の面からの反撃、第二に、関西生コンの運動の意義・必要性を社会に訴えてゆく事である。関西生コンは有名ではあるが、その闘いの内容についてはあまり知らされていない。今こそ関西生コンは何をしようとしているのか、どのような歴史をもっているのか、それを我々が学び、訴えてゆく必要がある。
 この裁判闘争を一つの結集軸として連帯の闘いを広げてゆこう。

続いて連帯発言に移った。

中島由美子さん(全国一般労働組合東京南部執行委員長)

中島由美子さん(全国一般労働組合東京南部執行委員長) 労働現場の実態を報告した。弱い立場にある外国人労働者に対して権力を持った経営者が悪魔に豹変し、時給300円というようなことが起こってくる。労働者は闘ってこそ要求を勝ち取ることができる。

仲村実さん(労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会)

仲村実さん(労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会) 関生弾圧についての学習会をやっている。滋賀の大津警察と大阪府警に毎週土曜日に抗議行動をやっている。3月より毎月大衆的集会を開いている。また公判が頻繁にあり、総力戦で闘っている。
 警察は令状も見せずに家宅捜査をする。滋賀県警は組織犯罪対策課がい動いている。関生を潰すつもりで動いてきている。

佐藤智秋さん(プレカリアートユニオン執行委員)

佐藤智秋さん(プレカリアートユニオン執行委員) 東京、群馬、静岡などで活動している。組合員にはトラックの運転手が多い。最近では「アリさんマークの引越社」との労働争議を闘い和解を勝ち取ることができた。「過激派」とのレッテルが貼られ拡散されたりしている。

(見出しなどは編集部の責任でつけました。)

「コモンズ」131号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る