5・15 大阪地裁を包囲!組合つぶし許さない大阪座り込み集会

警察・検察・裁判所に対し怒りのシュプレヒコール!
大阪地裁を囲み、怒りのアピール続く

5・15 大阪地裁を包囲!組合つぶし許さない大阪座り込み集会
 現況の連帯ユニオン関西地区生コン支部へのなりふり構わない権力犯罪の限りを尽くす警察・司法当局に真っ向から抗議し、その犯罪的ふるまいを糾弾する「労働組合潰しの大弾圧を許さない!座り込み集会」(同実行委員会主催)が、5月15日、公判前の大阪地方裁判所前公園で開催された。近畿各府県始め全国から多くの労働者が結集、互いに怒りを共有し今も収監されている組合仲間8名の早期奪還を口々にアピールした。

 この集会は、関西地区生コン支部の不当な権力弾圧をめぐる刑事事件の第2回公判にあわせて開催したもので、午前8時集会は、司会の全港湾大阪支部・小林書記長が開会宣言と主催者あいさつに続き、全日建連帯ユニオン中央本部・小谷野書記長から「今週から始まった行動では、全国の仲間が駆けつけて権利侵害反対闘争の現場に抗議行動を展開。今後も継続した行動で、関生支部を支える」との表明があった。
 弾圧当事者の関生支部・坂田副委員長は、権力弾圧への支援への感謝の言葉に続け「原理原則の労働運動を展開して、権力弾圧を粉砕し、不当逮捕され長期勾留されている仲間を取り戻す」との力強い発言があった。

 また、宣伝カーを使って裁判所周辺を巡って「労働組合つぶしの不当弾圧糾弾」を大阪市民にアピールした。この宣伝活動に合わせ、関生支部組合員は、今回の不当な権力弾圧の経過や権力が筋書きを描いた本質を記したリーフレットやビラを通行ßする一般市民に配布。当日集会に早朝から駆け付けた支部奈良ブロック・朝日分会の組合員を先頭に積極的に取り組み、用意した配布物はすぐに完配の結果で、大きなアピールとなった。

正当な組合活動を犯罪にデッチあげ
警察・検察・裁判所の姿を暴露

 公判終了後、集会会場で小谷野書記長と弁護団代表の佐伯弁護士から本日の裁判の内容と解説などの報告を受け、関生支部・七牟禮副委員長から「無罪を勝ち取るために闘う」と力強い発言、さらに本日の集会のまとめを小林書記長がおこない、参加者全員のシュプレヒコールで会場周辺は大きな盛り上がりを見せた。

「コモンズ」131号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 最後の資本主義

    2018-8-28

    書評】ロバート・B・ライシュ『最後の資本主義』を読む(上)/佐藤隆 「持てる者」に一方的に有利に変貌する社会のルール

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  2. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  3. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  4. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…
  5. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  2. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  3. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  4. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  5. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る