全港湾一斉スト・関西でも 統一交渉つぶしの船主資本の策動許さず

集団交渉潰し図る船主資本の策動許さず
全港湾一斉スト

 今般の全国港湾一斉スト貫徹について、連帯ユニオン関西生コン支部広報では次の見解を支部組合員に発し、企業の枠を超えた集団交渉体制破壊を狙う船主・資本側思惑を指摘。現況の、生コン支部に加えられる資本独占の卑劣な攻撃と同根であるとして、次の見解で組合員へ自覚を促した。

■4月14〜15日全国港湾、22 年ぶりの全港ストライキ

 「港湾がストで混乱」などと組合側に責任があるかのような報道が流されているが、原因は、港湾における集団交渉つぶしをもくろむ業界とその背景にある船主にこそあることを見抜く必要がある。
 3年前から、日港協(業界団体)は、集団交渉による最低賃金協定は独占禁止法違反のおそれがあるなどと言い出した。
労働側は中央労働委員会に昨年からあっせんを求め、今年2月にはあっせん案が示された。
 その案は、最低賃金協定は独占禁止法の対象とはならないことを懇切丁寧に明確にし、業界側に話し合い解決を説得するものだった。

 4月9日、全国港湾(組合側)はあっせん案受諾を回答したが、日港協側は拒否。本当の目的は集団交渉破壊にあるからだ
 この事態が意味するのは何か。企業の枠をこえた労働運動、企業の枠をこえた労働条件決定は許さないという総資本と国家権力の攻撃が、セメント・生コン業界では関生支部に権力弾圧というかたちであらわれ、港湾においても同じ事態がおきているということだ。

48 時間スト全国港湾の見解(4月10日)

・日港協が産別最低賃金制度に関する、産別統一回答に「独禁法」に抵触する恐れがありと して、拒否し続けている問題に、全国港湾は中央労委員会に判断を求めた。
・その結果、2月15 日にあっせん案が示され、4月9日の第3回の「あっせん」で組合は受理したが、日港協は拒否した。
・中央労働委員会が示したあっせん案は、「独占禁止法上の問題とならない」とし、「労使双方 は、産業別最低賃金について、真摯に協議を行い、その解決に努めること」とした。
・これに対し、日港協は「問題にならない」と判断したことに、中央労働委員会が「独占禁止法上問 題にならない」と言っても、中央労働委員会自体がその言葉に責任はないと一蹴した。(第 5 回中央港湾団交の回答)
・これは、業界団体としての社会的責任を放棄した常軌を逸した暴挙であり、許し難い。組合 は、中央労働委員会が示した「あっせん案」を公表し、社会的に如何に異常な対応かを問う こととした。

「コモンズ」130号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  2. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  3. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  4. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…
  5. コモンズ最新号目次
    記事はWeb上でも順次に公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利用下さい。 …

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  2. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  3. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  4. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  5. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る