トランプは戦争をやめろ!激動する中東情勢/佐藤隆

軍事を弄ぶ米帝・トランプ、混乱拡大する中東

ソレイマニ殺害への報復を叫ぶイランのデモ隊
ソレイマニ殺害への報復を叫ぶイランのデモ

1、米軍によるソレイマニ司令官殺害で、イラン戦争の瀬戸際に

ソレイマニ司令官殺害を発表するトランプ
ソレイマニ司令官殺害を発表するトランプ。選挙のために軍事を弄ぶな!

 2018年5月、米国トランプ大統領はイランとの2015年核合意を破棄しイランに対する制裁措置を強化した。以来、イランよる核合意の履行義務停止と米国の経済制裁のエスカレートが続いてきた。この半年、緊張は次第に激化し、その対立は次第に軍事的なものへと発展し加速している。経過をロイター通信などから追ってみる。

・2019年9月14日、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が攻撃され、サウジの石油生産能力の半分以上が影響を受けた。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、無人機(ドローン)で攻撃したとの声明を出した。

・10月 31日、米国務省はイランの建設部門と軍事・核プログラムで使用されている4素材の取引を経済制裁対象にした。

・11月18日、サウジ主導の連合軍は、紅海の南で韓国の掘削リグを曳航する船がフーシ派に拿捕(だほ)されたと発表した。

・11月 20日イスラエルは、前日イスラエルにロケット弾が打ち込まれたことの報復としてシリア国内にあるイランの軍事拠点とシリア軍の施設を空爆。

・12月5日、イランは弾道ミサイル開発計画を継続すると明言。

・12月29日、米軍がイラク北部の基地への親イラン勢力の攻撃で米国人が死傷したことへの報復措置として、イラクのイスラム教シーア派武装組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」の拠点数カ所を空爆した。イラクのアブドルマハディ首相は30日、深刻な結果を招くとして米国の対応を非難した。

・2020年1月3日未明(現地時間)、米国防総省は、イラクの首都バグダッドの空港でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、同司令官ら幹部を殺害した。

・1月5日、イラン政府は2015年に欧米など6カ国と結んだ核合意の逸脱の第5弾の措置として、無制限にウラン濃縮を進めるとの声明を発表した。

・1月6日、米軍マーク・ミリー統合参謀本部議長は米軍がイラク撤退を準備していることをイラク政府に通達する公式書簡が、誤って送付されたことを明らかにした。米軍の対イラン開戦準備における混乱か?

・1月8日未明、イランは米軍が駐留するイラクのアル・アサド空軍基地等に10数発のロケット弾を発射、「米軍はテロ組織、米兵はテロリスト、80人の米兵テロリストを殺害した」と発表。翌日、トランプは米兵の被害を否定した(24日になって34人が脳震盪と訂正)。親イラン勢力からとみられるバグダットでの米関連施設への攻撃が続いた。

・同8日、ウクライナ旅客機がイラン首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落し乗員乗客176人全員が死亡した。11日イラン軍は「米軍巡行ミサイルと間違い」旅客機を誤射・撃墜したことを認めた。

・1月10日、米国政府は対イラン追加制裁の内容を公表した。

・1月12日、首都バグダッドの北にあるアメリカ軍の部隊が駐留するバラド空軍基地に8発のロケット弾による攻撃があり、イラクの兵士4人がけがをした。

・1月26日、イラク米大使館にロケット弾攻撃があり、5発のうち3発が命中、複数の負傷者が出た。

 「本年最大の政治リスク」といわれる米大統領選を控えて軍事行動を「ディール」の手段として弄ぶトランプと、民衆の反乱を抱えて危機に立つイランの宗教的独裁政権は、それぞれ無謀な言動を繰り返している。

 米国・イランの両政権が現時点で開戦を戦略的に回避しようとしているが、双方の支配の危機は深く、偶発的な事態で戦争が始まる瀬戸際だ。戦争で犠牲になるのは民衆に他ならない。ジルベール・アシュカルがいうように、これは「文明の対立」ではなく「野蛮の対立」だ。戦争を止めよ!

2、中東における地域大国、地域権力の衝突と混乱

中東地図
中東地図

 21世紀最大の戦争たるイラク戦争(2003年~11年)で米帝はイラク・フセイン政権を崩壊に追い込んだ。だが、数十万人といわれるイラク民衆の死者をだしつつ、結局、それはイラクに親イラン政府を生み出す結果となった。そして、イラク政府は2014年6月のISIL「イスラム国」の誕生と2017~19年の「イスラム国」掃討作戦を経て一層イランへの傾斜を深めていった。

 中東では、スンニ派系のサウジアラビア・トルコ政権に連なる勢力と、イラン・イラク・シリア(アラウィー派のアサド政権)の「シーア派の三日月地帯」の権力との対立が激化した。たとえばイエメンでは2015年以来、サウジアラビアが支援するハディー大統領派とイランが支援するフーシ派の内戦(「史上最大の人道危機」)が発生している。

 さらに、スンニ派系の問題としては、アルカイダや「イスラム国」を生み出したのみならず、エジプトのシーシー大統領と友好的なサウジ・UAE政権などと、ムスリム同胞団に親和的なトルコ・カタール政権の対立が発生、これによりリビアでは、エジプトやサウジが支援する「リビア国民軍」に対抗してシラージュ暫定政権を支援するためにトルコが派兵する事態ともなっている。

 2010年12月のアラブの春以降、米帝など帝国主義が中東地域を一元的に支配する力を喪失する中、様々な地域権力の合従連衡が繰り広げられ、中東地域は激動と混乱に突入している。民衆の苦悩はどれほどのものか。

 1月5日、ケニア東部ラム郡でソマリアを拠点とするイスラム過激派・アルシャバーブが米軍とケニア軍が合同で運用する基地に攻撃を仕掛け、米兵1人と米軍請負業者の米国人2人の計3人が死亡した。支配能力を失って点在する米軍基地は、武装勢力の格好の標的と化していくであろう。

3、民衆の反乱の中に未来がある

トランプはイラクから手を引け!ワシントンでも抗議デモ(2020.01.04)
トランプはイラクから手を引け!ワシントンでもソレイマニ殺害に抗議デモ(2020.01.04)

■ 宗派紛争を超えた「生きるための民衆反乱」が拡大

 アフリカ・アラブでは、2019年4月ブーテフリカを追放したアルジェリアの蜂起、バシル失脚以後も女性組織が中心になって決起が続くスーダンの抗議行動など、生きるための民衆の反乱が拡大している。

 2019年10月半ばから、 レバノンは首都ベイルートその他の都市で反政府デモが広がり、サード・ハリリ首相が辞意を表明する事態となった。この反乱はこれまでの宗派ごとの抗争と違い、生活苦に怒る宗派横断的な民衆の反乱であるという。

■ 翻弄され苦悩するクルド人勢力

 一方、ISIL「イスラム国」掃討作戦を展開した「シリア民主軍(SDF)」の主力であったクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」は米帝の裏切りで苦難の中にある。

 2019年 10月7日、シリアに展開する米軍部隊は同国北東部から撤収を開始し、9日トルコはシリア北東部に侵攻し、自国のPKKにつながるテロ組織と見なすYPGを攻撃、空爆を行った後、夜間地上戦を開始した。

 エスパー米国防長官は13日、シリア北部に残る駐留米軍およそ1000人を撤収させた。クルド人勢力は、トルコへの反撃を支援するためシリアがトルコ国境沿いに軍を展開することに合意。トルコは同地域で攻撃を拡大、シリアのアサド政権軍は14日、クルド人勢力が実効支配するトルコ国境南部に進出した。

 トルコ、シリア、イラク、イランに居住するクルド人たちは大国・地域権力の狭間でそれぞれ未来を切り拓こうと苦悩している。

■ イラクでも反政府デモが拡大

 2019年10月1日に始まったイラクのデモは、汚職や失業問題に怒った市民がSNSで呼びかけた。3日夜に起きたカルバラのイラン総領事館襲撃などイランに近い政党支部組織が標的にされた。

 さらに、親イランの軍事組織がスナイパーを配置してデモ隊を狙ったとの情報が流れ、市民の怒りが増幅した。一部には「イラン、出て行け!」と叫び、イラン国旗を燃やす人たちもいた。治安部隊は実弾を使って応酬し、犠牲者は250人以上に達した。デモ隊は既得権益を守る政治家らの一掃を要求している。

■ 血の弾圧を超えるイランの反政府デモ

 2019年 11月 、燃料価格引き上げに反発して始まったイランの反政府デモは、少なくとも20数都市に拡大して騒乱状態となり、「ハーメネイに死を」のスローガンが登場した。イラン政府はインターネットを切断、スナイパーが屋根や、一例ではヘリからデモ隊に向かって発砲し、1000人を超す犠牲者がでたともいわれている。

 2020年1月12日  ウクライナ旅客機の撃墜を認めたイラン指導部に対し、国内ではテヘランなど複数の都市でイラン指導部への抗議デモが発生。デモは首都テヘランからシラーズ、イスファハーン、ハマダーン、オルーミーイェなどに広がった。10人以上が犠牲になったシャリフ工科大学付近では学生らが周辺道路を埋め尽くし、「革命防衛隊はイランから出ていけ」と叫んだ。

 中東の民衆は極限的な困難の最中で起ち上がっている。日本でのささやかな闘いが中東の民衆の闘いにつながっていくものであることを願いたい。

愛知連帯ユニオン 佐藤隆 2020年1月

「コモンズ」138号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. コメと野菜でつながろう

    2020-6-17

    コロナ下、社会の底辺から飢えが広がっている/大野和興

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
31
13:30 “他者への想像力”を~日韓の歴史認... @ オンライン
“他者への想像力”を~日韓の歴史認... @ オンライン
10月 31 @ 13:30 – 16:00
“他者への想像力”を~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて @ オンライン
【同時通訳付き Web開催】 SJFアドボカシーカフェ第67回 “他者への想像力”を ~日韓の歴史認識をめぐる問題にジャーナリストと共に目を向けて~  組織ジャーナリズム・メディアの報道に接する日々において、政権に対する「忖度」やフェイクニュースの横行など目を覆うばかりの状況に不信感や危機感が高まっています。  長年メディアの中で活動をしてきたベテラン(?)のおじさん・おばさんたちも危機感を共有してきました。そこから、ジャーナリストを目指す若い人たちに「権力を監視し、市民の側に立つ」という姿勢を育んでもらおうと、「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」の活動が3年前から始まりました。  なぜ「日韓」なのか。日韓の間には、従軍慰安婦や徴用工の人たちのこと、強制労働など、今も「歴史認識」をめぐる問題が横たわっています。その解決のためには、まずお互いが相手を学び、理解していくことが必要です。その行為は、ジャーナリストにとって大切な“他者への想像力”に思いを寄せることにもつながります。  ジャーナリストが日々伝える「今」の一つひとつは、「過去」つまり歴史を背負っています。そこに目を向けられるようなジャーナリストが日本で、韓国でニュースを発信していければ、今のメディアは少しずつ変わっていけるのではないか。そんな日韓学生フォーラムの試みをもとに、日韓の皆さんと歴史認識を共有する道を探っていければと思います。 ゲスト 〇植村隆さん:  1958年、高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒、82年、朝日新聞社入社。大阪社会部記者などを経て、テヘラン、ソウル特派員。北海道報道部次長や外報部次長などを経て、北京特派員、函館支局長など。2014年、早期退職。17年秋に「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」をジャーナリスト仲間たちと立ち上げる。また現在まで、16年より韓国カトリック大学客員教授、18年より週刊金曜日発行人兼社長、19年6月から「金曜ジャーナリズム塾」塾長も務める。 〇西嶋真司さん:  1957年生まれ、早稲田大学卒。81年に「RKB毎日放送」入社。記者として報道部に配属され、91~94年にJNNソウル特派員。2000年に制作部に異動し、ドキュメンタリー番組を制作。18年に退社し、映像制作会社「ドキュメント・アジア」を設立。ドキュメンタリー映画の代表作に『抗い 記録作家 林えいだい』。現在は元朝日新聞の植村隆記者のバッシング問題をテーマにした映画『標的』を制作中。 〇「ジャーナリストを目指す日韓学生フォーラム」に参加し、現在メディアで働く記者や学生も出演します。 詳細 ●日時: 2020年10月31日(土)  13:30~16:00 ※受付時間13:00~13:25 ●会場: オンライン開催 ★オンライン会議システム・Zoom(言語通訳機能付き)を使用します。スマホやPC等の端末から参加いただけます。参加方法の詳細は、お申込みくださった方に10月26日までにメールいたします。 ★グループ対話セッション(逐語通訳付き)や、ゲストとの対話も行う予定です。聞くだけの参加も可能ですが、この対話の場を一緒につくれるよう、お声を出していただけましたら幸いです。参加者さまのお顔は写らないよう初めはこちらで設定いたしますが、グループ対話中は、自主的にお顔を写していただけます。 ●参加費: 無料  ※通信料は参加者さまのご負担となります。 ●お申込みフォーム: https://socialjustice.jp/20201031.html ★先着50名様。完全事前登録制(上記フォームからのみの受け付けとなります)。 ★締め切りは【10月25日】、または【定員に達した時点】の早い方とさせてください。 ●イベントホームページ: http://socialjustice.jp/p/20201031/ ★同時通訳(日本語・韓国語)をいたします。 ★韓国語でのご案内ページ http://socialjustice.jp/p/ko20201031/ もございます。オンライン開催のため韓国など海外からの参加も容易です。もしお知り合いで韓国語でのご案内の方がよろしい方がいらっしゃいましたら、こちらのリンクを広めていただけましたら幸甚です。 ― 助成: オープン・ソサエティ財団/JANICグローバル共生ファンド ― ■主催・お問い合わせ先: 認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF) メール: info@socialjustice.jp
18:30 止めよう!沖縄・南西諸島への大軍... @ かながわ県民センター
止めよう!沖縄・南西諸島への大軍... @ かながわ県民センター
10月 31 @ 18:30 – 20:30
止めよう!沖縄・南西諸島への大軍拡!~小西誠さん講演 @ かながわ県民センター | 横浜市 | 神奈川県 | 日本
■ 日 時: 2020年10月31日(土)  18:30~20:30 (開場18:15) ■ 場 所: かながわ県民センター2Fホール  横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2(横浜駅きた西口から徒歩5分)  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/cnt/f5681/access.html ■ 資料代: 800円 ■ 定 員:事前申込み優先で130名  申込先: ytkouen@gmail.com  Fax: 045-881-2772 Tel: 070-6481-4362 ■ プログラム ※予告なく変更する場合があります ⭐18:30~19:00 闘うシンガー川口真由美さんの歌 ⭐19:00~20:00 小西誠さんの講演 ・要塞化される琉球弧~対中国の日米共同「島嶼戦争」~ミサイル戦争の実態 ・琉球弧全域のミサイル基地化・要塞化計画ー与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島・馬毛島への新配備 ・エアシーバトルとオフショア・コントロール、オフショア・バランシングと南西シフト ・国民保護法と住民避難~「非武装地域」宣言 再び沖縄を戦場にするな! ⭐20:00~20:30 質疑応答 賛同金募集中!  一口千円 口座名:横浜講演実行委員会2020  〒00290ー1ー98382 店名〇二九 0098382 主催  横浜講演実行委員会2020 ytkouen@gmail.com    

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る