関生労組をデマ攻撃の「週刊実話」を名誉毀損で告訴

当日は60名の人々が激励と傍聴に訪れた

 7月10日東京地裁において、関西生コン労組と武建一委員長を、荒唐無稽なデマ記事で誹謗中傷した『週刊実話』と記事執筆者が名誉棄損で告訴された事件の第一回公判があった。当日は集まった60名の傍聴人と共に、公判前に警察庁に対する請願行動も行われた。当日の様子を大野和興さんのレポートと、救援連絡センター発行の「救援」誌の記事からお伝えする。(写真提供:ジグザグ会

7月10日第1回公判開かれる

関生を誹謗中傷した『週刊実話』連載記事の執筆者を名誉棄損で訴え
報告:大野和興(農業ジャーナリスト)

 連帯労組関西生コン支部(以下、関生支部)を 誹謗中傷した 記事の執筆者を名誉棄損で訴えた裁判の第1回公判が7月10日、東京地裁で行われました。関生支部はいま関西一円で警察当局による逮捕者が続出する大弾圧のもとにありますが、問題となった記事は、その弾圧を後ろ押しして、関生支部と武建一委員長を誹謗中傷したもので、『週刊実話』に今年2月21日号、同28日号、3月7日号に3回連載されました。

傍聴の人々に挨拶する武洋一さん

 裁判の原告は武委員長で、記事を執筆したライターの一ノ宮美成氏ほか1名を名誉棄損で訴えたものです。7月10日の後半で現在拘留中の武委員長に代わり意見陳述に立った関生支部書記長の武洋一さんは、関生労働運動が底辺労働者の典型だった生コン労働者の社会的経済的地位向上をいかに図ってきたか、阪神淡路大震災で問題となった高速道やビルの崩壊の原因に水で薄めたシャブコンの存在があり、労働組合としてその根絶にいかに努力してきたか、など関生支部の活動の正しさを訴えました。

 そうした労働組合の活動は憲法で保障された労働者の団結権、団体行動権に基づく正当な活動なのですが、大阪、京都、滋賀などの府県県警はその活動に威力業未妨害、強要などといった刑事罰を適用して強引に逮捕を繰り返し、武委員長をはじめ何人もの組合員が1年に及ぶ違法な長期拘留のもとにあります。武洋一書記長はそうした弾圧を後ろで支えているのが『週刊実話』の記事であるとして、次のように述べました。

 「違法な弾圧を肯定し、むしろそれを賞賛するかのようにしてそのお先棒を担ぎ、いい加減な警察情報を垂れ流して私たちを誹謗中傷し、警察に協力したのが、今回の被告らによる悪質な連載記事であったのです」

駆け付けた人々に説明を行う大口弁護士

 実はライターの一ノ宮氏はかつて雑誌『宝島』(現在廃刊)を舞台に関生支部と武委員長に対する誹謗中傷記事を書き散らし、2017年8月23日に東京地裁で損害賠償を命じられています(→参照)。裁判所は同時に宝島社にも倍賞責任を課しました。原告武委員長側の主張が認められたのです。今回はそれに続く裁判といえます。その時の原告側弁護人は大口昭彦弁護士で、今回も引き続いて大口弁護士ら5人の弁護士が弁護団を結成、裁判にあたっています。

 なお、7月10日は東京地裁での公判を前に支援者と弁護人ら約60人が警察庁に出向き、「都道府県警察による違法・不当な捜査・逮捕が繰り返されていることを警察庁は正確に把握し、本弾圧をただちにやめさせること」などの請願行動を行いました。

関西生コン弾圧に反撃開始

「週刊実話」を名棄損で提訴警察庁抗議
(「救援」誌より抜粋)

「週刊実話」裁判開始

 本年2月〜3月「週刊実話」が3回にわたって「連載ブラックマネー」と銘打ち、全日本建設運輸連帯労働組合関西生コン支部(以下関西生コン)武建一委員長に対し、事実無根のデッチ上げ中傷記事を載せた。

 前代未聞のこの刑事弾圧に加担する、このようなデマ記事を書いたのは東大阪在住のフリーライター、一ノ宮美成&グループ・K21。「週刊実話」を発行しているのは、東京都千代田区内神田の日本ジャーナル出版である。記事は武委員長を「ブラックマネー」「反社会集団」と決めつけ、関西生コンの展開する労働組合活動と、中小生コン業者と協同して進める産別政策を貶め、もって現下の拡大する一方の刑事弾圧に「率先助勢」しているのである。
 したがって、被告は一宮と日本ジャーナル出版である。

7月10日、第一回裁判

 7月10日、本裁判が始まった。代理人の大口弁護士による訴状要旨の陳述、続いて原告の武委員長が現在拘留中のため、関西生コン武洋一書記長による意見陳述。

 武さんは、要旨、関生労働運動は低賃金・劣悪な労働条件で働き続けて来た生コン労働者が組合に結集して社会的、経済的地位の向上を獲得してきたこと、大手ゼネコンの下で不当な生コン価格を押し付けられて来た中小の経営者とも協同して、生コンの適正価格の実現に努力し、その成果を現実のものとしてきたこと、阪神淡路大震災で露呈したシャブコン(崩落の原因となった水で薄めた生コン)を是正させることなどを堂々と述べた。

 更に、この悪質な「週刊実話」記事は、現在憲法28条の労働基本権を蹂躙して逮捕を繰り返しており。滋賀、大阪、京都などの府県警察と、あえて起訴し続ける各地検、それと呼応して裁判所拘留を認めていることを鋭く追及したのである。

 42の傍聴席はスキあらば介入しようとしている瀬戸弘幸らの差別・排外主義右翼らを許さず、基本的に代理人すら出頭しなかった法廷を圧したのである。

「反社会的勢力」?

 被告の一ノ宮は、日本共産党系のフリーライターである。代理人となった弁護士は、レッキとした日本共産党の弁護士だ。

 大阪の共産党系弁護士は特に、「反社会的勢力に反対する民主勢力」という基盤に立っている。日本共産党としても、特異な存在である。しかし、関西生コンは日本共産党の資本・権力にすり寄る姿勢と決別して誕生したいきさつがある。

 資本・権力と一体となって「反社会的集団=関西生コン」をくり返す被告らの攻撃をうち破らなければならない。

警察庁抗議の闘い

法を無視して請願を受け付けない警察庁に抗議

 同日、裁判前に本弾圧を指揮・監督していると断じざるをえない警察庁に対し請願という形を取りながら、大衆的行動を60人参加して貫徹した。救援連絡センター3月総会で「関西生コン弾圧に反撃する特別決議」を基に申し入れ行動につづく第二弾の警察庁への闘いである。

 周知のとおり、各自治体警察を指揮・監督するのが警察庁である。昨年8月から集中的に逮捕弾圧をくり返している関西の府県警察(最近では和歌山も加わった)の関生逮捕・捜索に関与していないわけはない。

 しかし、請願行為に警察庁はまともに対応せずこのビルを統括する総務省の下端役人が警察庁の「請願拒否」に忖度し、ビル内に入ることも拒否したのである。まさに「国策弾圧」に他ならない。これに懲りず、警察庁への抗議を今後も継続して行うことを宣言し、ビル前で弾劾行動・シュプレヒコールをくり広げ、関生弾圧粉砕をアピールしたのである。

ネットでデマ宣伝

 一方で、同趣旨の悪質なデマ記事・ネットでの悪宣伝をくり返している須田慎一郎がいる。「WILL」記事では、本年4月「関西の闇-関西生コンってなんだ」を掲載、ネット記事では同趣旨の悪質宣伝を垂れ流している。この須田慎一郎に対する名誉毀損による損害賠償裁判も近々始まろうとしている。

「コモンズ」133号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 砂川事件の再審請求後、記者会見する元被告の土屋源太郎さん(右)ら 6/17、東京・霞が関の司法記者クラブで

    2014-8-6

    汚染された砂川最高裁判決の 再審請求に起ち上がりました!/土屋源太郎

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

9月
26
14:00 映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
9月 26 @ 14:00 – 16:00
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403 | 北九州市 | 福岡県 | 日本
 6月に予定しておりました北九州での「棘」上映会は、下記日程にて上映会が行われることになりました。 是非、皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加下さい。 ●日程:2020年9月26日(土) ●時間:14:00−16:00(開場 13:45) ●会場:リファレンス小倉魚町センタービル貸会議室403   小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル4階   http://kita.re-rental.com/access/ ●主催:北九州「棘」上映委員会 ●資料代1000円 ●主催 北九州「棘」上映委員会  お問い合わせ 070-2344-0325
10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る