よむ『米従軍記者の見た昭和天皇』ポール・マニング著
天皇の「弱々しい平和主義者」像は本当だったか?

戦中から敗戦直後の時代感情をそのまま記録した貴重な書

米従軍記者の見た昭和天皇
ポール・マニング著 マルジュ社2005年
Amazon書店でみる

 天皇の代替わり儀式がさほどの騒ぎもなく、とはいえ右翼が渇仰したほどの新天皇ブームもついぞ巻き起こらずで、またもや日本国民にとって<天皇とは何か?>という根源的な問いに立ち戻る前に終わってしまった。
 退位した平成天皇は、平和擁護者としてのイメージの装いで位を全うし終えたが、その父である昭和天皇の実像はいまだに不明だ。「戦争の最高責任者は誰であったか?」の問いも含めて。 

 この本の著者、米従軍記者マニングは、第2次大戦下の1940年から1945年にかけて欧州および太平洋戦域を報道記者として従軍した米国のジャーナリストで作家でもある。

 著者は敗戦後の日本にいち早く降り立ち、マッカーサー元帥の信任を得て、昭和天皇裕仁の戦中戦後の言動と秘密を精細に調べ上げた。ついでマニングは占領初期、敗戦直後の日本人の国民感情も取材する。
 彼は日本国中を旅行し、合衆国向けに記事を書いた。原著はその成果をもとに1986年に出版されたものである。

 本著の内容は「戦争の日々」における昭和天皇裕仁の生の姿が描かれており、今日では概ね事実であると考えられているものが大半だが、「裕仁天皇は平和愛好者であり、侵略戦争に反対できたかもしれないが、軍部の横暴により阻止する力もなかった」との、弱々しい平和主義者の姿を頭から刷り込まれている多くの層にとって、その内容は何とも衝撃的だ。

蓄財だけしか頭に無い投資家としての顔
日本人の事など何も考えていなかった?

天皇裕仁
昭和天皇の実像は?

 マニングは本書で「従軍記者の多くは昭和天皇がA・ヒトラーに負けず劣らず重要戦争犯罪人であることを知っていたが、”昭和天皇はパペット=あやつり人形だった”という説を広める時勢の流れはあまりにも強く、逆らうことができなかったのである」と当時の空気を伝えている。

 加えて「昭和天皇の復権を目的とする宣伝活動が加速したのは、戦争中に首相だった東条英機陸軍大将がすべての戦争犯罪に関して、天皇の身代わりになることに同意したからだった」と述懐する。

 さらに、昭和天皇を学問しか興味のない好人物で弱々しい平和愛好家と後世流布された評を「天皇が自分の蓄財だけしか頭に無く、日本人の事など何も考えていない事は明白である」とまで、多くの記録と資料から論述し木っ端みじんに打ち砕いている。

 結論から言えば、天皇裕仁は国際金融資本ともつながりの深い利害関係人であり、裕仁の戦争動機は皇統の維持(軍閥も国会も排除した、身近な側近のみによる天皇親政と独立した資産形成)であり、その行動原理には押し込め君主になりはて死んだ大正天皇嘉仁と、明治より一代前、幕末の孝明天皇のトラウマがあると断言する。

 天皇家の隠し財産(一説「神々の軍隊」によれば660億円、現在の価値に換算すると約300倍で20兆円)は、戦後BIS(Bank for International Settlements 国際決済銀行)に吸収されて世界で運用され、裕仁はその配当を受取り、投資家として動いているようだ(天皇が株式オーナーであった横浜正金銀行が日銀に代わったが)とマニングは予測している。

 さらに、大戦中に中国・東南アジア諸国から略奪した金塊財宝は南米やスイスに輸送され、裕仁はそれを担保に資金を借り、米国中央情報部・CIAが日本に創立した不動産業者=森ビルと共に不動産を次々買収し、ハイテク産業にも投資して莫大な蓄財を築いたとまで、怒りをこめて論考を深める。

 マニングが見た昭和天皇は、神でも「象徴」でもなく、単なる金融ビジネスマン(それも極悪の金儲け主義の)とまで喝破している。
 本著は、マーク・ゲインの「ニッポン日記」(ちくま学芸文庫)と並び、戦後日本の政治史と天皇研究を続ける諸氏にとり、貴重な当時の時代感情をそのまま記した記録としてさらに重要性を増す。

   

「コモンズ」136号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

9月
26
14:00 映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403
9月 26 @ 14:00 – 16:00
映画「棘」北九州上映会 @ リファレンス小倉魚町センタービル403 | 北九州市 | 福岡県 | 日本
 6月に予定しておりました北九州での「棘」上映会は、下記日程にて上映会が行われることになりました。 是非、皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加下さい。 ●日程:2020年9月26日(土) ●時間:14:00−16:00(開場 13:45) ●会場:リファレンス小倉魚町センタービル貸会議室403   小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル4階   http://kita.re-rental.com/access/ ●主催:北九州「棘」上映委員会 ●資料代1000円 ●主催 北九州「棘」上映委員会  お問い合わせ 070-2344-0325
10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る