武委員長の談話「あきらめないこと」
聞き手:大椿ゆう子さん

武建一さんと大椿ゆう子さん

 5月29日深夜、大阪拘置所から出てきた武委員長は開口一番「応援してくれた皆さんのおかげ。感謝しています。」と元気な声で笑顔を見せながら語った。
 以下、保釈後間もなくの大椿さんの直撃インタビューに応じた一問一答を大椿さんのツイッターより転載・紹介する。(編集部)

大椿さん ―640日も拘留されていて、外に出てきてどんな(ご感想)?

武 気分は最高ですけどね。
 ですが、まったく怒りを覚えるのは外へ…部屋から出るでしょう。壁向けぇー!ということで、壁に向かわせるのですよ、ぺたっとね。
 こう押し付けて…私は応じなかったですが。私は推定無罪なのにそんな、罪人扱いはするなと言うことで、わざと距離をおいて、かつ横になって…それに応じなかったが、それは苦痛ですよ。

―拘留されたこともない…入ったことはないのですが、どれぐらいのスペースのところで過ごされた?

武 大阪新鑑(鑑別)にはいれたの。新鑑は3畳。ただ冷暖房は入れてくれない…廊下だけ。

―冬の寒い時でも?

武 寒い時でも。だから私、一晩だったけど寒くて仕方がないからオーバージャケットを着て、こうして一晩。それからカイロを貰って、それでしのいだのですが…。

―この弾圧の本質は、何だと捉えていますか?

武 一言で言えばまともな労働組合、その広がりを阻止するには(運動で)成果を上げているカンナマ(関西生コン支部)に打撃を与えて、御用組合的な労働組合しか認めないという権力の意図が強く感じられますね。

―最後に、労働運動に携わっておられる皆さんに武さんからメッセージを。

武 〝諦めない”ことですね。

   

編集部注:大椿さんは、社民党・全国連合常任幹事、大阪府連副代表で、大阪教育合同労組の前委員長。有期雇用を理由に勤務先の大学を解雇されたとき、関生支部に支援を受けた。弾圧が始まった直後より支援活動に参加されてきた。

「コモンズ」141号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 米国覆う医療の闇とキューバとの対比  カンヌ映画祭最高賞に輝くMムーア監督が…
  2. 大都市大阪で保険所をたった一ヶ所に  医療予算を毎年ここ20年にわたり10%削減して…
  3. 新型コロナ 今こそ労働組合が対応すべき  新型コロナに関わる労働相談が増えて…
  4. コメを待つ人にあじいるから配送コメと野菜でつながろう
    コメと野菜でつながろう!―コロナで飯が食えない人が増えている― ぜひ、ご一緒に …
  5. コメと野菜でつながろう
    食と農<キャンペーン新シリーズ> 「コメと野菜でつながろう!」と取り組んで見えてきた…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-6-19

    新型コロナ労働相談レポート/連帯労組関西・ゼネラル支部

  2. コメと野菜でつながろう

    2020-6-17

    コロナ下、社会の底辺から飢えが広がっている/大野和興

  3. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  4. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  5. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る