映画再見『シッコ(病い)』Mムーア監督
コロナ禍で浮かび上がった米国医療の闇を描く

米国覆う医療の闇とキューバとの対比

『シッコ(病い)』Mムーア監督

 カンヌ映画祭最高賞に輝くMムーア監督が、米国医療の闇をえぐった2007年度作品。現状のコロナ禍でも浮かび上がった、5千万人もの医療保険なしの国民窮状がこれでもかと映し出される。

 大ケガだが針で自分を縫う男、無保険と病院に気付かれ、道に捨てられる老女…。
 たとえ保険に加入していても、あらゆる手段で支払拒否をおこなう民営の保険会社と製薬会社の凄まじい悪行。

 そして英・仏、さらには米大統領が<悪の枢軸>と呼ぶ隣国キューバなどと医療制度を対比させ、アメリカ医療の暗部を見せつける。
 映画終盤、医療難民がキューバを訪れ、米国で毎月数百ドルの薬がわずか数セントと知り泣いて感動する。
 同国責任者として登場したアレイダ・ゲバラ女史は「命はビジネスにしない」とキューバ医療が目指す未来を高らかに語る。

   

「コモンズ」141号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 佐川やめろ!全国一斉アクション

    2018-3-25

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(中) トカゲの尻尾から巨悪の本体へ!

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る