沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(3)/伊波洋一
米軍統治下での基地建設と返還への想い 幻の屋良建議書

沖縄の「自己決定権」その歴史と現在/伊波洋一

前号からのつづき

米軍統治下、全島基地化の悪夢 銃剣で住む土地奪われ、追われ
返還への想い 幻の屋良建議書

沖縄の米軍統治と基地建設

 しかし、沖縄県民にとって戦争は終わらなかった。沖縄戦のなかで捕虜となった沖縄住民は沖縄各地に設置された収容所に入れられた。収容所から沖縄住民が出るまでに最長で三年近くかかった。

 沖縄を占領したアメリカは沖縄で恒久的な基地建設を計画していた。基地建設のための適地を確保したうえで残った場所を住民に割り当てたからだ。
 県内各地で帰るべき故郷が基地になっていた。一九五〇年代の新たな土地接収を含めて六〇以上の集落が基地のなかに消えていった。

サンフランシスコ講和条約による沖縄の分割

 ポツダム宣言を受諾して敗戦国となった日本は、連合国に占領されると同時に、明治政府の領土拡張から始まった海外領土のすべてを失った。
 ポツダム宣言は「(8)カイロ宣言の条項は履行さるべきものとし、日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする。」と宣言していたからだ。

このポツダム宣言条項によって、日本の拡張された海外領土にとっては、日本の敗戦は主権回復の日となった。正式には、一九五一年九月八日に締結されたサンフランシスコ講和条約で確定し、五二年四月二八日に発効した。

サンフランシスコ講話条約調印

 その第一条で「(b)連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する。」と日本の再独立を承認した。

 一方、第三条は、
「日本国は、北緯二十九度以南の南西諸島(琉球諸島及び大東諸島を含む。)孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。
 このような提案が行われ且つ可決されるまで、合衆国は、領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して、行政、立法及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有するものとする。」として、沖縄および小笠原をアメリカの統治下に置くものだった。

 アメリカは、第三条に記された「信託統治制度の下におく国際連合に対する提案」をせず、軍事占領を継続して沖縄や小笠原を軍政下で統治し続けた。
 奄美諸島は一年後に返還されるが、その背景には米軍占領直後から経済が疲弊しており、本土との分離にともなういっそうの経済悪化から、奄美群島祖国復帰運動が激しさを増していたことがあげられる。

「銃剣とブルドーザー」による基地建設

「銃剣とブルドーザー」による沖縄基地建設

 戦場となった沖縄本島や周辺離島では、沖縄住民が収容所に入れられている間に多くの地域で米軍基地建設が進み住民が戻るべき故郷が失われるなかで、五二年以降、本土の海兵隊を移駐させるために「銃剣とブルドーザー」による新たな強制接収が始まった。

 新たな強制接収と五六年六月のブライス勧告による「軍用地料の一括払い」で土地を安く買い上げる米国の基地政策に反対する「土地を守る四原則貫徹」の運動が五六年六月以降、沖縄中で市村民大会が開かれ、住民の激しい抗議行動が行なわれる島ぐるみの闘争になっていった。
 米軍は、米軍相手に商売を営む地域をオフリミッツ(立ち入り禁止令)にして住民側を経済的窮地に追い込もうしたが、住民の抵抗運動は続き、米国は軍用地料一括払いの方針を撤回した。

 一方、土地強制接収と基地建設は続き、アメリカが狙いとした沖縄基地を (1)制約なき核基地、(2)アジア各地の地域的紛争に対処する米極東戦略の拠点、(3)日本やフィリピンの親米政権が倒れた場合のより所とする目論みは継続した。
 五二年から六〇年までに日本本土の米軍基地は四分の一に減少し、海兵隊が移駐した沖縄では米軍基地は二倍に倍増した。

 米軍基地が建設されていくなかでも、「島ぐるみの闘争」を経験した沖縄住民は一九六〇年四月に「沖縄県祖国復帰協議会(復帰協)」を結成して本土復帰運動の全県的な取組みを開始した。
 自治権拡大と主席公選を求める運動も取り組まれ一九六八年一一月、公選主席に屋良朝苗氏が当選する。

 さらに、ベトナム戦争の激化にともない、米軍基地を抱える沖縄で反基地運動が取り組まれるようになり、日米政府は沖縄の施政権返還を協議し、一九六九年一一月の日米首脳会談で沖縄返還が合意された。そして、一九七二年五月一五日に沖縄の施政権返還が実現した。

沖縄返還と沖縄県民の声

 七二年五月一五日の沖縄返還を象徴するものに琉球政府の「復帰措置に関する建議書」がある。沖縄県の声を日本政府と返還協定批准国会に届けるために作成された建議書である。公選主席の屋良朝苗氏が一九七一年一一月一七日、この建議書を持って上京する。

 しかし、同日、屋良主席が羽田に着く頃に沖縄返還協定は衆院返還協定特別委で自民党により強行採決され可決される。一一月二四日衆院本会議で可決、一二月二二日には参議院本会議でも可決された。復帰関連法案は三〇日に自民党の単独採決で可決・成立した。

 結局、沖縄の声は聞かれることなく幻の屋良・建議書と言われている。「復帰措置に関する建議書」には、今日まで続く沖縄県民の思いが綴られている。
 以下に抜粋して紹介する。

「復帰措置に関する建議書」(「はじめに」より抜粋)

 ……アメリカは沖縄に極東の自由諸国の防衛という美名の下に、排他的かつ恣意的に膨大な基地を建設してきました。基地の中に沖縄があるという表現が実感であります。百万県民は小さい島で、基地や核兵器や毒ガス兵器に囲まれて生活してきました。それのみでなく、異民族による軍事優先政策の下で、政治的諸権利がいちじるしく制限され、基本的人権すら侵害されてきたことは枚挙にいとまありません。県民が復帰を願った心情には、結局は国の平和憲法の下で基本的人権の保障を願望していたからに外なりません。
(中略)
 復帰に当っては、やはり従来通りの基地の島としてではなく、基地のない平和の島としての復帰を強く望んでおります。
 また、アメリカが施政権を行使したことによってつくり出した基地は、それを生み出した施政権が返還されるときには、完全でないまでもある程度の整理なり縮小なりの処理をして返すべきではないかと思います。
 そのような観点から復帰を考えたとき、このたびの返還協定は基地を固定化するものであり、県民の意志が十分に取り入れられていないとして、大半の県民は協定に不満を表明しております。まず基地の機能についてみるに、段階的に解消を求める声と全面撤去を主張する声は基地反対の世論と見てよく、これら二つを合わせるとおそらく八〇%以上の高率となります。
(中略)
 次に、核抜き本土並み返還についてであります。この問題にいては度重なる国会の場で非常に頻繁に論議されておりますが、それにもかかわらず、県民の大半が、これを素直には納得せず、疑惑と不安をもっております。
(中略)
 復帰後も現在の想定では沖縄における米軍基地密度は本土の基地密度の一五〇倍以上になります。なるほど、日米安保条約とそれに伴う地位協定が沖縄にも適用されるとは言え、より重要なことは、そうした形式の問題より、実質的な基地の内容であります。そうすると基地の整理縮小かあるいはその今後の態様の展望がはっきり示されない限りは本土並基地と言っても説得力をもち得るものではありません。前述の通り県民の絶対多数は基地に反対していることによってもそのことは明らかであります。
 次に安保と沖縄基地についての世論では安保が沖縄の安全にとって役立つと言うより、危険だとする評価が圧倒的に高いのであります。
(中略)
 県民はもともと基地に反対しております。
(中略)
 沖縄県民は過去の苦難に充ちた歴史と貴重な体験から復帰にあたっては、まず何よりも県民の福祉を最優先に考える基本原則に立って、(1)地方自治権の確立、(2)反戦平和の理念をつらぬく、(3)基本的人権の確立、(4)県民本位の経済開発等を骨組とする新生沖縄の像を描いております。このようなことが結局は健全な国家をつくり出す原動力になると県民は固く信じているからであります。
(中略)
……政府ならびに国会はこの沖縄県民の最終的な建議に謙虚に耳を傾けて、(中略)真に沖縄県民の心に思いをいたし、県民はじめ大方の国民が納得してもらえる結論を導き出して復帰を実現させてもらうよう、ここに強く要請いたします。

昭和四六年一一月一八日
琉球政府 行政主席 屋良朝苗

 「復帰措置に関する建議書」は、「核抜き本土並み」と政府が説明する沖縄返還を「本土の基地密度の一五〇倍以上」とし「返還協定は基地を固定化するもの」と批判した。「復帰に当っては、基地のない平和な島としての復帰を強く望んでおります」と基地全面撤去を求めるものだった。

 しかし、事実上、一部の返還された基地を除いて多くの米軍基地が米軍統治下同様のまま継続されて、沖縄の米軍基地は日米安保上の提供施設とされた。その結果、実弾演習で住民地区に弾丸が飛び込む状況が継続され、人口密集地にあり日米の航空法にも違反する普天間飛行場では激しい飛行訓練が継続されてきた。

 日米安保の提供施設とされた沖縄返還後の沖縄の米軍基地は日本政府の予算で施設整備されて基地強化が進むことになった。次号に続く


「コモンズ」141号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 関生労組デモ

    2020-1-11

    2020 新年に当たって「終わり」見えた安倍政権打倒の年に

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

8月
15
13:30 8・15を問い続ける京都集会~日... @ ウィングス京都
8・15を問い続ける京都集会~日... @ ウィングス京都
8月 15 @ 13:30 – 16:30
8・15を問い続ける京都集会~日本の戦争・戦後責任を考える @ ウィングス京都 | 京都市 | 京都府 | 日本
※ご注意「4・29昭和の日を問う集会」延期により会場を変更しました  「天皇制」の問題は、日本の近現代の歴史と現代の日本の民主主義の在り方と深くかかわっています。  日清戦争から50 年にわたる日本の侵略戦争と植民地支配はアジアへの蔑視と排外主義を生み出してきました。ナショナリズムの温床となった「国体」思想は人々を戦争に追い込み、塗炭の苦しみを与えてきました。戦後、日本社会はこれらの問題をどのように受け止め、考えてきたのでしょうか。  「『日本人として責任』を自覚して担おうとする人々と、『他者』を黙殺して自己愛に終始する人々の対立」(徐京植「『日本人としての責任』をめぐって」)をどう克服していくのか、一緒に考えませんか。 ■ 日時:2020年8月15日(土)PM1:30~4:30 ■ 場所:ウイングス京都  京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地  地下鉄「烏丸御池駅」「地下鉄四条駅」阪急「烏丸駅」下車  https://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/ ※コロナウイルス感染予防のためご協力をお願いします。  (マスク等の準備をお願いします) ■ 資料代:800円(学生無料) ■ 講演: 昭和天皇の戦争ー大元帥と陸海軍ー 昭和天皇は戦争にどのようにかかわったのか「昭和天皇実録」から探る… ■ 主催: 4・29「昭和の日」を問う京都集会実行委員会  https://www.facebook.com/4.29kyotomeeting ■ 講 師:原田敬一さん 大阪大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)、佛教大学名誉教授 著書 『日清・日露戦争』(岩波新書)、『兵士はどこへ行った?』(有志舎)、『戦争の終わらせ方』(新日本出版社)、共編著『地域のなかの軍隊』全9巻、など多数あり。    
14:00 天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反... @ エルおおさか
天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反... @ エルおおさか
8月 15 @ 14:00 – 17:00
天皇出席の全国戦没者追悼式8.15反対!大阪集会 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日時:2020年8月15日(土)14:00~17:00 ■ 場所:エルおおさか  大阪市中央区北浜東3-14  「天満橋駅」より徒歩5分「北浜駅」より徒歩8分  http://www.l-osaka.or.jp/access/ ■ 内 容: ・特別アピール「徴用工問題と植民地支配責任」  市場淳子さん(韓国の原爆被害者を救援する市民の会) ・講演「1936年ベルリン五輪マラソン優勝者 孫基禎(ソン・ギジョン)     さんは《日本の》金メダリストか」  佐野通夫さん(日本植民地教育研究会) ■ 参加費:1000円(経済事情のある方は受付まで) ■ 主 催:参戦と天皇制に反対する連続行動  大阪市淀川区十三東3-16-12  TEL・FAX 06(6303)0449 ★お願い コロナウイルスの感染予防のため、下記こ協力をお願いします。 ・マスク等の準備をお願いします。 ・恐れ入りますが、風邪気味の方、熱や咳がある方はご遠慮願います。 孫基禎(ソン・ギジョン)  1912年8月29日~2002年11月15日。日本植民地下にあった朝鮮の新義州出身のマラソン選手。  1936年ベルリンオリンピックでアジア地域出身で初めてマラソンで金メダルを獲得したが、表彰台の国旗は「日の丸」であった。朝鮮の英雄は、その後「要注意人物」となる。そしてIOCは、いまだ彼の国籍を「Japan」と刻み続けている。    
15:00 国家による「慰霊・追悼」を許すな... @ 在日本韓国YMCA
国家による「慰霊・追悼」を許すな... @ 在日本韓国YMCA
8月 15 @ 15:00
国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 @ 在日本韓国YMCA | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 日時:2020年8月15日(土)15:00 集合/16:00 デモ出発 ■ 在日本韓国YMCA・9階 国際ホール  東京都千代田区神田猿楽町2丁目5−5  JR 水道橋駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分  http://www.ayc0208.org/access.php *参加される方は、マスクの着用をお願いします。  またソーシャルディスタンスの確保にもご協力をお願いします。 ■ 主催 国家による「慰霊・追悼」を許すな!8.15 反「靖国」行動 【呼びかけ団体】 アジア連帯講座/キリスト教事業所連帯合同労働組合/研究所テオリア/市民の意見 30 の会・東京/スペース 21/戦時下の現在を考える講座/立川自衛隊監視テント村/反安保実行委員会/反天皇制運動連絡会/ピープルズ・プラン研究所/日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動評議会 連絡先 090ー3438ー026 〈呼びかけ〉 ■今年は敗戦 75 年。天皇制国家による侵略戦争・植民地支配に対する反省・被害者への誠実な謝罪 と補償はいまだになされていない。それどころか、「慰安婦」「徴用工」問題に対する安倍政権の居直り・ 逆ギレは、巷に排外主義・レイシズムを溢れさせている。 ■戦死者を「英霊」と顕彰する靖国神社も「今日の繁栄の礎」ともちあげる政府主催の戦没者追悼式も、 歴史の事実に向き合わず、事実を隠蔽・糊塗することによって、次なる戦争に向けて「国民」を動員する役割を果たしているに過ぎない。 ■「災害被害者に心を寄せる」という天皇パフォーマンスも、事実(政策の欠陥や問題点)から眼をそ らさせ、天皇制国家という幻想に「国民」を統合するための演出にすぎない。 ■コロナ危機下でも発揮されるであろう天皇のこの統合機能を視野におき、8.15の国家による慰霊・ 追悼の欺瞞を撃つ。 8.15 反「靖国」行動に是非ご参加を!
8月
16
14:00 斉藤幸平さん講演会~敗戦記念日を... @ 滋賀・解放県民センター
斉藤幸平さん講演会~敗戦記念日を... @ 滋賀・解放県民センター
8月 16 @ 14:00 – 16:00
斉藤幸平さん講演会~敗戦記念日を覚え、平和を求める集い @ 滋賀・解放県民センター | 大津市 | 滋賀県 | 日本
エコロジーやジェンダー、人種差別をめぐる新しい社会運動、オキュパイ運動、ブラックライブスマター、未来のための金曜日…。 分岐点にある世界を牽引するために、ほんとうの左翼が担うべき仕事はなんなのか。日本人として初、最年少でドイッチャー記念賞を受賞された斎藤幸平さんをお招きし、世界の左翼潮流を見ながら考察したいと思います。 ■ 日時2020年8月16日(土)  13:30受付 14:00~16:00 ■ 会場:解放県民センター4階大ホール  滋賀県大津市におの浜4丁目1−14  JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km  近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m  http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html ■ 参加協力費¥1000 ■ 講演:斎藤幸平さん(大阪市大准教授)  「いま。未来への分岐点」 ■ 主催:日本基督教団滋賀地区社会委員会 連絡TEL090-8821-5367(木戸) 斎藤幸平さん 1987年生まれ。大阪市立大学経済学研究科准教授。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程終了。 2018年『大洪水の前に-マルクスと惑星の物質代謝』で日本人として初、最年少でドイッチャー記念賞を受賞。 著書にNatur gegen Kapital: Marx’ Okologie in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus, Campus, 2016 共著に『労働と思想』(堀之内出版、2015年)等。 監訳にマルクス・ガブリエル、スラヴォイ・ジジェク『神話・狂気・哄笑』(堀之内出版、2015年)等。 編著にMarx-Engels-Gesamtausgabe, IV. Abteilung Band 18, De Gruyter, 2019.    
8月
17
18:00 安倍政治を許さない!首相官邸前抗... @ 首相官邸前
安倍政治を許さない!首相官邸前抗... @ 首相官邸前
8月 17 @ 18:00 – 19:00
安倍政治を許さない!首相官邸前抗議行動 「桜を見る会」その他もろもろ糾弾しよう!今こそ安倍政権を倒す時! @ 首相官邸前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
安倍政治を許さない!首相官邸前抗議行動 「桜を見る会」その他もろもろ糾弾しよう!今こそ安倍政権を倒す時! photo:ムキンポの忍者ブログより 日時:2020年8月17日(月)18時~19時(第18回)    8月31日(月)18時~19時(第19回) 場所 首相官邸前 「桜を見る会」の国政、税金の私物化、公選法違反を許さない 弁護士・学者662人が安倍の桜を見る会前夜祭を告発しました。 私たちも声を上げましょう! プラカードや鳴り物などの持参を歓迎します。 多くの方々の短いアピールを歓迎します。 呼びかけ 「安倍政治に物申す会」(乾喜美子、片岡洋子、木村雅英) 連絡先 乾  (drykimiko@pslabos.com) 木村(kimura-m@ba2.so-net.ne.jp) (注:大雨の時は中止します)
8月
30
13:30 関西生コン労組つぶしの弾圧を許さ... @ 名古屋・労働会館
関西生コン労組つぶしの弾圧を許さ... @ 名古屋・労働会館
8月 30 @ 13:30 – 16:30
関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会・安田浩一さん講演集会 @ 名古屋・労働会館 | 名古屋市 | 愛知県 | 日本
 私たちは第2回総会で「力を合わせて労働組合と市民社会を支える民主主義を守ろう」と決議しました。640日余りに及ぶ拘束から委員長と副委員長を奪還した今、早くから関西生コン運動に着目してきたジャーナリストの安田浩一さんにメディアの現状や差別主義者たちの実態を語ってもらいます。  人々の無関心が、いかに社会を歪めているかが今回のテーマです。多くの皆さんの参加をお願いします。 ■ 日時:2020年8月30日(日)13:30~16:30 ■ 会場:労働会館・東館ホール  名古屋市熱田区沢下町9-7  http://www.roren.net/roudoukaikan/map.htm  ■ 内容:  第1部 講演  安田浩一さん(ジャーナリスト)  警察・検察とヘイト集団が結託する弾圧の構造  第2部 報告と討論   コーディネーター 柿山 朗(当会共同代表) ■ 参加費:500円 ■ 主催:関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会  https://kannama-tokai.jimdofree.com/
8月
31
18:00 安倍政治を許さない!首相官邸前抗... @ 首相官邸前
安倍政治を許さない!首相官邸前抗... @ 首相官邸前
8月 31 @ 18:00 – 19:00
安倍政治を許さない!首相官邸前抗議行動 「桜を見る会」その他もろもろ糾弾しよう!今こそ安倍政権を倒す時! @ 首相官邸前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
安倍政治を許さない!首相官邸前抗議行動 「桜を見る会」その他もろもろ糾弾しよう!今こそ安倍政権を倒す時! photo:ムキンポの忍者ブログより 日時:2020年8月17日(月)18時~19時(第18回)    8月31日(月)18時~19時(第19回) 場所 首相官邸前 「桜を見る会」の国政、税金の私物化、公選法違反を許さない 弁護士・学者662人が安倍の桜を見る会前夜祭を告発しました。 私たちも声を上げましょう! プラカードや鳴り物などの持参を歓迎します。 多くの方々の短いアピールを歓迎します。 呼びかけ 「安倍政治に物申す会」(乾喜美子、片岡洋子、木村雅英) 連絡先 乾  (drykimiko@pslabos.com) 木村(kimura-m@ba2.so-net.ne.jp) (注:大雨の時は中止します)
9月
12
18:30 映画「棘」兵庫上映会 @ 神戸市勤労会館
映画「棘」兵庫上映会 @ 神戸市勤労会館
9月 12 @ 18:30
映画「棘」兵庫上映会 @ 神戸市勤労会館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
●日程:2020年9月12日(土) ●時間:18:30~【開場18:00】 ●参加協力カンパ 700円 ● 主催:改憲・戦争阻止!大行進・兵庫  電話 078-232-1881(山本) ●会場 神戸市勤労会館 兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目1−2 電話:078-232-1881 ≪交通機関≫ 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る