コロナ災害は医療制度改革による「人災」だ/武峪真樹(ジグザク会)
直ちに撤回し、ベッド数・検査体制の拡充を!

庶民医療を切り捨て、病院数は半減以下に
改革と言う名の改悪
―これが新自由主義者の目論む医療の未来だ!

入院のイメージ写真

民営化に並行し断行された医療制度改革

小泉純一郎

  2003年、「聖域なき構造改革」を掲げて総選挙に圧勝した自民党小泉内閣は、それまでにも中曽根政権や橋本政権などによって進められてきた公共サービスの民営化をさらに一層推し進め、郵政、道路公団、各種の金融公庫などを次々に民営化していった。この「構造改革」の一環として、医療制度改革も並行して推し進めていった。

 その具体的内容は、「給付と負担の公平化」「医療費適正化」などの美名の下に、入院の必要な患者に入院日数削減を強制し、在宅医療・介護へと切り替えさせるものであり、また点数制度を導入して医師の診療報酬を削減、病院勤務にも成果給を導入し、医療従事者の負担を増加するものである。またこれまでの保健医療を見直し、保険料を3割負担へと引き上げることとなった。

医療制度改革は高齢者切り捨て政策だ!

安倍

 2006年9月、小泉政権を引き継いだ第一次安倍内閣は、この医療制度改革を推し進め、保険料の見直しを進めてきた。

 2006年と言えば、1947~9年に生まれた団塊の世代が60歳定年に近づき、年金給付と高齢者医療の増加が予測された。この時すでに医療費負担が増加の一途をたどっていた。

 厚労省は前年の年金制度改革、介護制度改革に続いてこの年5月には医療制度改革についての「基本的考え方」を社保審医療保険部会に示していた。それによれば「医療費適正化計画」に基づいて5カ年計画で医療費負担の大幅削減を目指している。

 中・長期の対策によって団塊世代が高齢化のピークを迎える2025年時点で、総額11%、医療給付費の6・5兆円削減、医療費ベースでは7・7兆円の削減が可能と推定されるとしている。

 つまり厚労省は、老齢者が増え老人医療の充実化がますます必要となりつつある時に、それに逆行する「削減計画」をぶち上げたのだ!

 さらに驚くべきことには、2008年から新しく「後期高齢者医療制度」が始まり、75歳以上の高齢者は個人単位で保険料の支払いをしなければならなくなってしまった。また、健康保険料率も、介護保険料率も少しずつ引き上げられている。

ベッド数20万床削減を目指してきた政府

ベッド数20万床削減を目指してきた政府

 公営企業の民営化、年金制度改革、医療制度改革は一体のものである。

 「福祉目的」と称して消費税を引き上げながら、その増収で得た資金の年金・医療事業への投入を削り続け、個人・民間に負担を押し付けているのがこの10年以上にわたって続けられている自民党の政策である。その結果、市民の生活水準はますます切り詰められて行く。

 医療においては、地域医療の縮小、病院経営の 統廃合が全国的に進められている。

地域医療の縮小、病院経営の 統廃合

 2008年と2018年とを比較すると、数の上ではベッド数20床以上が条件となる病院の数が減り、19床以下しかない一般診療所が増えている。その結果、この10年間でベッド数は176万4871床から164万8657床へと11万6214床も減っている(厚労省発表)。

 まだ新型コロナウイルス感染が発生する前の昨年10月28日、政府は経済財政諮問会議を開き、社会保障制度改革について議論した。

全国のベッド数を2025年までに13万床削減全国のベッド数を2025年までに13万床削減

 その中では何と! 全国のベッド数を2025年までに13万床削減することが提言されている。それどころか5年前の2015年には、20万床を削減し30~34万人を自宅や介護施設での治療に切り替えることが、「目標」とされていたのだ。

すでに事実上の「医療崩壊」が始まっている

医療崩壊

  このような時に、新型コロナウイルス感染が始まったのだ。大きな病院を削減し小さな診療所ばかりにしたために検査体制が整わなくなり、検査技師も検査施設も不足してしまった。

 そのために全国でどれだけ感染が広がっているのかを把握することができなくなる事態に陥った。また、病床数がギリギリの数に減らされてしまったために入院治療も制限せざるを得ず、それもあって検査数を制限しなければならなくなった。

 その結果、数字には表れていないが「新型コロナの感染者」と見なされ自宅隔離とされている感染者が、実は東京を中心にたくさん存在していると推定されている。日本の新型コロナ対策は今、このような麻痺状態にあるのだ。事実上の「医療崩壊」である

 4月15日、厚労省クラスター対策班は、適切な対策を取らなければ大規模な感染の広がりが起こるとの予想を発表した。しかし政府は「検査数を増やせば医療崩壊に陥ってしまう」と悲鳴を上げている。

 誰のせいでそうなったのか! 

 新型コロナ感染に対応できない今の日本の医療体制は、小泉改革以来連綿と続けられてきた医療体制の削減に原因がある。これは「人災」である。

市民生活安定と医療体制の回復が必要だ!

医療負担の増加

 安倍政権はこの緊急時に「法制」としての緊急事態宣言を発令するだけで、市民生活に対してはほとんど何の効果的方策も実行していない。

 緊急事態へ向けて外出を制止すれば市民生活が行き詰まるのは当然である。また検査・治療の体制も全く実情に追いついていない。
 今やらなければならないのは、何よりも大型予算の投入で市民の生活の安定に向けて速やかな経済的対処をすると共に、検査・治療体制を拡充することである。

 医療制度改革を直ちに撤回せよ!
 削減されてきた十数万の医療ベッド数を大至急回復させ、検査・入院・治療体制を確立せよ!
【武峪真樹/ジグザク会(4月15日記)】

「コモンズ」140号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2020-1-16

    香港からの報告(1)陳怡(チェン・イー) 協力と緊張~香港デモにおける非暴力派と直接行動派

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る